サンフランシスコ連邦準備銀行総裁「仮想通貨は通貨ではない」「技術としては有望」

サンフランシスコ連邦準備銀行総裁のJohn Williams氏が現状の仮想通貨を批判
「仮想通貨は通貨としての基本的な評価基準を満たしていない」とする一方で、有望な技術としては認めている旨の発言をしました。
スマホアプリで移動時も簡単取引
交換業者 通貨 特徴
スマートフォンで急激な価格変動時も即座に取引可能。
全ペア取引手数料0%キャンペーン実施中。
BTC出来高No.1、国内最大手交換業者。
BTCFXに定評、下落相場も利益を狙える。
ETH,XRPの板取引も対応。BTC取引高No.2

仮想通貨は通貨ではない?

次期ニューヨーク連邦準備銀行総裁として最も有力視されている、 現サンフランシスコ連邦準備銀行総裁のJohn Williams氏(以下ウィリアム氏)は、4月20日の演説の中で、「仮想通貨は通貨としての基本的な評価基準を満たしていない」と発言しました。

その演説の中で、ウィリアム氏は、通貨は「基本的に価値の貯蔵手段」であるべきもので、常に変化し続けている経済及び金融状況に対応するため、「弾力性」を有することが必要であると述べました。

またウィリアム氏は、仮想通貨の極端な価格変動を問題視し、価値の貯蔵手段としては不安定であると同時に、物やサービスに対する信頼性のある決済手段となることが困難であると主張しました。

さらに、ウィリアム氏は、仮想通貨コミュニティでの不法行為問題に強い懸念を示し、次のように述べました。

「ビットコインやその他の仮想通貨を取り巻く仕組み、つまり制度的取り決めには、問題がある。まず、詐欺行為、資金洗浄、テロへの資金提供など、多くの問題を抱えている

技術的には有望と評価

中央銀行でのキャリアが長いウィリアム氏は、仮想通貨に関しては、「大きな偏見を持っている」と 公然と認めながらも、次のように付け加えました。

「本来、通貨の供給という構想や判断は、むしろ政府や中央銀行の領域に属するものだ。 私は、仮想通貨をより有望な技術としては、評価している

一方で、ウィリアム氏が指摘するような問題点は、仮想通貨が作られるずっと前から、法定通貨も直面している問題であるとの意見もあり、中央銀行や政府の政策が万能ではなかったことは、近年の世界的な金融問題を振り返っても、明らかだといえるでしょう。

例えば、強烈なインフレに見舞われ、自国通貨がその役割を果たせなくなっているジンバブエや、政治的腐敗問題に直面し、経済の先行きに大きな不安を抱える南アフリカなど社会経済が不安定な国々では、非中央的金融システムの構築と、個人同士での容易な資金のやり取り方法の確立という、ビットコインなど仮想通貨の持つ顕著な特徴が、いかに魅力的で説得力を持っているかは、想像に難くありません。

インターネット業界では、ウィリアム氏と全く逆の立場を表明している著名人もいます。

ツイッター(Twitter)と電子決済会社スクエア(Square) CEOのJack Dorsey 氏は、去る3月、イギリスのタイムズ紙に、10年以内にビットコインがドルや他の法定通貨にとって代わり、インターネットでの単一通貨として使われるようになるだろうと語っています。

急速に独自の進化を続けている仮想通貨は、そのすべてをひとくくりには、できない時代に突入してきています。

中央集権的に、通貨と経済を管理統制しようとする政府や中央銀行が、これからその難題にどう取り組んでいくのか、注目されます。