夕刊CoinPost|6月14日の重要ニュースと仮想通貨情報

夕刊CoinPost
学校や会社帰りにまとめて読めるイブニングニュース(仮想通貨の投資情報)をコインポストで定期配信。仮想通貨市場に大きく影響するニュース速報など、投資の参考情報として是非どうぞ。エアドロップ情報を下に掲載しています。
目次
  1. Tim Draper:2022年には、1 Bitcoin(BTC)=250,000ドルになる
  2. 仮想通貨マイニング会社Argo:ロンドン証券取引所に上場
  3. THEKEY (TKY):IDVサービスのTaikang Groupと提携
  4. タイ:50個のICO中5つを承認する予定
  5. Bithumb:新通貨上場
  6. Binance:新通貨上場
  7. Huobi Pro:新通貨上場
スマホアプリで移動時も簡単取引
交換業者 通貨 特徴
スマートフォンで急激な価格変動時も即座に取引可能。
全ペア取引手数料0%キャンペーン実施中。
BTC出来高No.1、国内最大手交換業者。
BTCFXに定評、下落相場も利益を狙える。
ETH,XRPの板取引も対応。BTC取引高No.2

CoinPost重要ニュース3選

まずは、CoinPost記事のニュースから。

リップル社CEOが語る|BTCが世界共通の単一通貨とならず、ブロックチェーンが銀行業を崩壊させない理由

リップル社CEOは、ブロックチェーン技術は、金融システムに疎遠な数百万人もの人々を支援する「変革」であり、銀行業をサポートする役割を持つと改めて強調した。

一方で、BTCが世界共通の単一通貨になり得ない理由を述べている。

リップル社CEOが語る|BTCが世界共通の単一通貨とならず、ブロックチェーンが銀行業を崩壊させない理由
リップル社CEOは、ブロックチェーン技術が、金融システムに疎遠な数百万人もの人々を支援する「変革」であり、銀行業をサポートする役割を持つと改めて強調しました。一方で、BTCが世界共通の単一通貨になり得ない理由について指摘しました。

ビットコインは今後もNo.1として君臨し続けるか?|仮想通貨著名人4名にインタビュー

LiteCoin創設者のCharlie Lee氏、Lisk財団のCEO、Max Kordek氏、大手仮想通貨データサイトCryptoCompareのCEO、Charlie Hayter氏、仮想通貨FactomのCEO、Paul Snow氏の大御所4名に対して、コインポストインタビューを実施。それぞれの立場から、見解を伺った。

ビットコインは今後もNo.1として君臨し続けるか?|仮想通貨著名人4名にインタビュー
バブル疑惑がたえないビットコイン。仮想通貨はバブルなのか?また、ビットコインはこれからもドミナンスNo.1を維持し続けるのか?仮想通貨、ブロックチェーンのスペシャリストにインタビューしました。

仮想通貨下落を後押しか|2017年のビットコイン暴騰が価格操作であると研究者が指摘

仮想通貨の下げ相場が続く中、BTC価格操作の疑念に関する研究論文が、米国テキサス大学より発表された。

仮想通貨下落を後押しか|2017年のビットコイン暴騰が価格操作であると研究者が指摘
仮想通貨の下げ相場が続く中で、ビットコインと仮想通貨に、6月13日、更に追い打ちをかけるような研究論文が、米国テキサス大学より発表されました。

Pick Up(全般)

Tim Draper:2022年には、1Bitcoin(BTC)=250,000ドルになる!?

ベンチャーキャピタル投資家で、Draper Associatesの創設者であるTim Draper氏は、ビットコインの価格はまだまだ高騰すると予想、2022年には、250,000ドル付近(約2750万円)をマークすると見ていると強気のコメント。

その根拠として、「デジタル通貨が特別なのは、セキュリティの安全性である」としており、以下のように述べた。

たとえば、ビットコインブロックチェーンプラットフォームはハッキングされておらず、銀行は常にハッキングのリスクを抱えている。仮想通貨のマイナーや保有者のネットワークが大きくなればなるほど、仮想通貨の安全性がより際立ち、その中でもビットコインはとりわけ安全性が高い。

仮想通貨マイニング会社Argo:ロンドン証券取引所に上場

Argo Blockchainは、ロンドン証券取引所に上場する計画を発表、仮想通貨に焦点を当てた初の企業となった。

Argo Blockchainは、ユーザーがPCやスマートフォンで仮装通貨をマイニング出来るmining-as-a-service (MaaS)ソリューションを提供している。

Argoのマイニング施設はカナダのケベック州に設けているが、世界的金融技術のハブとなることを検討しているため、ロンドンに上場することを決めた模様だ。

THEKEY (TKY):IDVサービスのTaikang Groupと提携

THEKEYは5月30日、企業用保険の直接かつ高速決済の分野でIDVサービスを提供するため、Taikang Groupと提携した。

China Re、China Ping An、Reinsurance Group of America(RGA)、China Pacific Insurance(CPIC)など、世界有数の保険会社とすでに協力している中での、最新の重要なコラボレーションだ。

タイ:50個のICO中5つを承認する予定

タイの金融規制当局は今月、新規制基盤が出来た後、5つのICOプロジェクトを承認する見込みだ。

タイの50のICOプロジェクトのうち、今週規制当局が設定した必要条件を満たしているのは、5つだけとのこと。

SECは、どのICOプロジェクトが承認されるかについては明らかにしていないが、欧州委員会の株式部門の企業金融担当責任者であるThawatchai Kiatkwankul氏は以下のように述べている。

タイの資本市場から資金調達を期待している50個のICOプロジェクトのうち、5つは初期の試験運用プロジェクトとして準備している。

Bithumb:新通貨上場

Cardano (ADA)とStatus (SNT)がBithumbに上場

Binance:新通貨上場

Siacoin(SC)がBinanceに上場

Huobi Pro:新通貨上場

Decred (DCR)がHuobi Proに上場

CoinPostの関連記事

最新の仮想通貨エアードロップ(無料配布)情報一覧|毎週更新
仮想通貨の無料配布イベント、エアードロップ(AirDrop)が行われる通貨の最新情報一覧です。無料配布されるイベントであるため、エアードロップ前に投資家達が買い漁り価格が押し上げられ、実施直後、価格減少しやすい傾向にあります。

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

CoinPost編集部coin_postCoinPost -仮想通貨情報サイト-

海外から配信されることの多い仮想通貨情報の中で、重要となる内容を厳選して日本人の投資家の皆様にお届け致します。 Twitterでの最新ニュースや、Facebookでのイベント活動日記の投稿も行なっています。