CoinPostで今最も読まれています

韓国ICO禁止を発表/中国のICO禁止と比較分析、今後の市場の動きまとめ。

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

韓国政府がICO禁止を発表したが、禁止の範囲はニュースサイトによって異なっている状況
韓国がICO禁止を発表しました。禁止に置ける目的は投資家をICOを使った詐欺から守るためまた、テロリストの資金流入を防ぐためとしております。
中国ICO禁止の内容と韓国ICO禁止の内容を比較
中国でのICO禁止後、90%のトークンの返却がありましたが、韓国のICO禁止では過去のトークンの返却はなさそうです。
韓国での取引量が多く、ICOに縁が深いイーサリアム価格への影響も懸念されている
イーサリアムの取引量世界TOPの韓国市場。イーサリアム価格への影響が予想されます。また、近日オープン予定カカオトークとBittrex提携のUpbitへの影響も懸念されます。

韓国がICOを禁止しました。以下は韓国政府が発表した原文の日本語訳です。

News1 KoreaJoongAng(日刊新聞社)によると韓国金融監督院 (SouthKorean Financial Supervisory Services)が韓国においてのICO禁止を29日の会合で決定したことを発表しました。

禁止に置ける目的は投資家をICOを使った詐欺から守るためまた、テロリストの資金流入を防ぐためとしております。

JoongAng社Kim young-bumは以下のようにコメントをしております。

「今後広がるICOの資金調達による詐欺へのリスクを懸念しています。」

上記のニュースサイト、二社は韓国のICO禁止には一致する意見を公表しておりますが、禁止の範囲については異なる意見を公表しております。

News1によると、「韓国金融監督院は韓国内全てのICOを禁止する」と公表し、一方でJoongAngは「韓国のスタートアップや企業からのICOを禁止する」と主張しています。

twitterにて韓国ICO禁止をいち早く英語翻訳にてツイートをしたCrypro Koreaは「韓国コミュニティーの中でもこの二つのICO禁止範囲についての見解は困惑を生んでいる」とコメントを残しています。

South Korea bans all new cryptocurrency sales

Sep 29, 2017

参考記事はこちらから

CoinPost考察

韓国ICO禁止の内容と、中国ICO禁止の内容の比較、また懸念されている今後の市場への影響についての考察一覧です。

中国のICOと比較した韓国ICO禁止の違いとは?

米国や他の各国と同様に、韓国では規制当局の承認のないICOは違法となりました。

中国と同様、一度ICOを禁止し、今後の体制を整えて新たにICOに対してのルールを施工し可決されるまで1年間はかかるとのことです。

最後に中国でのICO禁止後、90%のトークンの返却がありましたが、韓国のICO禁止では過去のトークンの返却はなさそうです。つまり、ICONやBosCOinなどの最近のICOへの影響はありません。

90%以上の中国系ICOは投資家に払い戻し完了
中国でのICO禁止の通達により、90%もの中国系ICOの返金が完了しました。中国国内は厳しい監視下に置かれていることが分かります。

日本のメタップスは韓国でICOを計画しておりましたが、今後のICO禁止や規制、海外からのICOの情報は未だ正確なものが出ていないため、まだ確定情報を公表することはできません。CoinPostでも情報が入り次第ツイートをさせていただきます。

韓国ICO禁止今後の動きや市場への影響とは?

韓国のICOが29日午前10時頃起こったのは中国がICO禁止に踏み切った数週間後のことです。

中国のICO禁止により、世界的にも韓国市場に大きなメリットを及ばしたかのように思えた矢先の韓国ICO禁止。また、韓国大手ソーシャルネットワークカカオとbittrexがパートナーシップ提携し111種類ものアルトコインを取り扱う新たな取引所を10月にオープン予定でしたが、取引所オープン前の思わぬ打撃となったのではないでしょうか。

また、下記円グラフが示すように韓国ICO禁止によるイーサリアムの価格への影響は免れないでしょう。

韓国のイーサリアム取引量は世界TOPです。ICO禁止となればイーサリアムプラットフォームへの投資ができなくなり、ICO投資目的で保有していた人々はイーサリアムを他の法定通貨、別の仮想通貨、ゴールドなどに変える可能性が出てきます。

各主要国政府のICO規制の過去の動きについてコインポストでもまとめていますのでぜひ一読してみてください。

今後の韓国ICO規制最新情報が入り次第、twitterや記事にて拡散させていただきます。

各国の仮想通貨事情まとめ:日本中国韓国アメリカ等のICO規制
仮想通貨に対する各国の対応、ICO規制や税金、法律等のニュースを一覧にしてまとめました。
『早割』終了まで
0
0時間
0
0
さらに!! CoinPost読者限定割引コード提供中!
クリックしてコードをコピー
CoinPost App DL
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
06/15 土曜日
13:00
「CBDCの実証実験を行う先進国が増加」国際決済銀行レポート
国際決済銀行は中央銀行デジタル通貨についての調査結果を発表。特に先進国でCBDCの実証実験を行う国が増加していると指摘した。
11:30
エルサルバドル、ビットコイン投資家のための銀行設立を検討
この銀行は、ビットコイン投資家のためのもので、従来の銀行と比べて制限も少なくなる。承認されればビットコイン投資家が金融サービスを利用できるようになる。
10:10
バイナンス前CEOのCZ氏、BNB流通量の64%を所有=フォーブス
仮想通貨取引所バイナンスのCZ前CEOの資産総額がBNBトークンの価格上昇と共に増加。9.6兆円に達したと見積もられている。
08:50
ビットコインレイヤー2「Stacks」、9時間ほどブロック生成停止
仮想通貨ビットコインに属するレイヤー2ネットワーク「Stacks」は14日、ブロック生成が約9時間停止し、混乱に見舞われた。
08:30
金融庁、海外仮想通貨取引所LBankに警告
金融庁は6月14日、海外仮想通貨取引所「LBank Exchange」に対して、事務ガイドラインに基づき、無登録で仮想通貨取引を提供しているとして警告した。
07:55
BTC価格は25年末までに20万ドルへ=バーンスタイン
仮想通貨ビットコインの価格は25年末までに20万ドルまで上昇する可能性があると、バーンスタインのアナリストが予想を引き上げた。予想の根拠を説明している。
06:50
ビットコイン一時66000ドル割れ、280億円相当のロングがロスカット
仮想通貨ビットコインは15日、前日比1.3%安。14日深夜に66,000ドルを割り込み一時65,000ドルまで急落。その後反発し、66,000ドル台を回復した。
06:00
マイクロストラテジー、ビットコイン買い増しの資金調達額を引き上げ
より多くの仮想通貨ビットコインを購入するために、マイクロストラテジーは14日、転換社債売却の発行額を引き上げた。
05:45
DMMビットコイン、顧客補償用ビットコインを調達完了
暗号資産取引所DMMビットコインは顧客への保証のためのビットコインをすべて調達した。
06/14 金曜日
17:45
オーケーコイン・ジャパン、トンコイン(TON)の新規取扱い開始を発表
国内暗号資産(仮想通貨)取引所OKCoinJapan(オーケーコイン・ジャパン)にトンコイン(TON)が上場することが発表された。TONは大手メッセージアプリTelegramが始めた分散型ブロックチェーンであるThe Open Network(TON)のネイティブトークン。
17:26
チリーズ(CHZ)が17日にハードフォーク Tokenomics 2.0を導入へ
Chiliz ChainがDragon8ハードフォークを計画。EIP-1559の実装とTokenomics 2.0で暗号資産(仮想通貨)CHZのユーティリティを強化する。
15:37
トンコイン(TON)が過去最高値を更新 テレグラム・エコシステムでの成長が後押し
暗号資産(仮想通貨)トンコイン(TON)は14日に史上最高値を更新し、一時8.00ドルに達した。テレグラム・エコシステムにおける統合と新機能の導入がその背景にある。
13:10
韓国最大手アップビット、RWA銘柄ONDOを新規上場
仮想通貨ONDOは、ブラックロックとPIMCOが提供する米国債ETFに投資するRWAオンチェーンファンドOndo Financeのガバナンストークン。発表後一時16%急騰していた。
12:30
リップル社、罰金はテラフォームラボの事例と比べても過大と主張 対SEC裁判で
リップル社は米証券取引委員会との裁判で、再度SECの提案した罰金額は過大と申し立てた。テラフォームラボの件を参照している。
12:19
ビットコイン相場はCPI・FOMC通過で乱高下、売り買いのシグナル交錯へ
暗号資産(仮想通貨)市場では、CPIやFOMC結果を受けビットコイン(BTC)が乱高下するなど一時ボラティリティが急上昇した。大手マイナーの売りシグナルやCMEの先物ショートの行方にも関心が集まる。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア