仮想通貨管理の新時代/韓国の大手銀行が仮想通貨ウォレットサービスを発表

韓国大手銀行、新韓銀行が仮想通貨ウォレットサービスを進めていることを報告
サイバーアタックなどによる仮想通貨被害が起こったことを受け、銀行側が安全に保存できるウォレットの作成を進めています。

韓国で仮想通貨業界にとって重要な発表がありました。

韓国で2番目に大きな銀行である新韓銀行(Shinhan Bank)が現在デジタル・アセットを安全に保管できる仮想通貨ウォレットサービスを進めていることを報告しました。

韓国最大手仮想通貨取引所Bithumbでは、7月に3万人のユーザープライベートデータが漏れをおこし、11月にサーバークラッシュ事件が起きており、この様な事件で韓国の仮想通貨業界が揺れていましたが、この様な事件があった後に発表されたことになります。

銀行の代表者によるとこの新たなウォレットサービスは外部のサービスよりも安全であると話しています。新韓銀行は預金を手数料無料、引き出しは手数料付きのサービスを考えています。

銀行は、 「これはブロックチェーンキーを銀行が提供するバーチャル金庫を通して保管するサービスです。お預けは手数料無料で引き出しの際に手数料がかかるサービスを検討しています。」と言及しています。

今回報告によって仮想通貨業界採用においてさらなる成長が指摘されています。ビットコインの未来についてシカゴ・マーカンタイル取引所からの報告及び多数の新たなビットコインヘッジファンドによって主流の仮想通貨業界採用が続くでしょう。

Korea’s Second Largest Bank Building Secure Crypto Wallet Services

Nov. 27, 2017 by Jon Buck

参考記事はこちらから
スマホアプリで移動時も簡単取引
交換業者 通貨 特徴
スマートフォンで急激な価格変動時も即座に取引可能。
全ペア取引手数料0%キャンペーン実施中。
BTC出来高No.1、国内最大手交換業者。
BTCFXに定評、下落相場も利益を狙える。
ETH,XRPの板取引も対応。BTC取引高No.2

CoinPostの考察

この様な信頼が置ける銀行による仮想通貨ウォレットサービスの提供は、仮想通貨を電子資産だと考えるユーザーにとってかなり喜ばしい発表でしょう。

今回は韓国の取引所の話ですが、仮想通貨ユーザーの拡大に伴い、他の銀行サービスも追随することが考えられ、将来的に仮想通貨をよりクリーンな環境にするためにもとても良いサービスだと思います。

この様なサービスの利点として、政府側も追いにくい国民の仮想通貨資産の移動状況や、資産額の把握。 また最近の高騰による仮想通貨保有者を狙う事件など、自分の資産を現金の様に安全な場所に移すことで、自分の身を守ることにもつながるでしょう。

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

CoinPost編集部coin_postCoinPost -仮想通貨情報サイト-

海外から配信されることの多い仮想通貨情報の中で、重要となる内容を厳選して日本人の投資家の皆様にお届け致します。 Twitterでの最新ニュースや、Facebookでのイベント活動日記の投稿も行なっています。