アナウンス:グローバル情報

05/08 金曜日

Binance P2Pが広告掲載を開始:独自の暗号資産取引ビジネスを

Binance P2Pの新しい広告投稿機​​能により、ユーザーはBinanceモバイルアプリで24の法定通貨を使用して企業広告や取引手数料なしで暗号資産を売買するためのトレード広告を投稿が可能となる。
[出典元]

CoinDeskが主催するConsesusのスポンサーになることを発表

Crypto.comは、CoinDeskが主催するConsesus Distributedの5ブロックスポンサーになることを発表。参加者は、Crypto.comのアプリケーションにサインアップを行い、MCO Visaカードに50 MCOをステークすることで特典を受け取ることができるとのこと。
[出典元]
05/07 木曜日

暗号資産GEO上場、取引量に応じ暗号資産を付与へ

期間内、ユーザーが5,000GEO以上の取引値を達すると付与対象となり、合計取引量(購入金額+販売金額)に従ってランク付けされるようだ。
[出典元]

LIKRCOIN (LKRC)の取引停止及びトークンスワップのお知らせ

プロジェクトホルダーの要求で韓国特別金融法によりLIKRCOIN (LKRC)スマートコントラクトアップグレードをサポートする。 日時:日本時間 2020年5月9日(土)18:00 アップグレードによる影響:LKRCの入金及びLKRC/ETHの取引が停止
[出典元]

清算エンジン — クローバック発生可能性の大幅減少について

バックストップ流動性供給者プログラムはクローバックの発生を防ぐのに十分なものであると語り、テストでは20分間に40%の市場の動きがあったとしても、クローバックを引き起こす事はなかったようだ。
[出典元]

HBCの買戻しに関するお知らせ(5月6日分)

HBTC取引所の収益の100%とクラウドシステムの収益の80%を利用して、毎日、流通市場からHBCの買戻しを行うことを明らかにしている。5月18日の収益は、32,103USDTで151,951HBCの買い戻しを発表。
[出典元]

トライアルファンドを公式に発表

トライアルファンドにより新しいユーザーは自分の資本を危険にさらすことなく先物取引を体験可能に。トライアルファンドは先物取引の担保として使用できる。先物取引中に発生した損失はトライアルファンドから対応される。
[出典元]

暗号資産 Loki(LOKI)の預金および引き出し、一時的に中断へ

LOKIノードのメンテナンスのため、LOKIの入金と引き出しをただちに一時停止することを決定した。
[出典元]

NDN Link(NDN)に関するお知らせ

NDN Linkは、将来のネットワーク技術であるNamed Data Networking(NDN)の開始を発表。同技術は、次世代のインターネットアプリケーションおよびサービスの開発を促進することを使命として、コンテンツ中心の次世代ネットワークテクノロジーを構築することを目的としているとのこと。
[出典元]

Blockchain for India Fundの下で設計されたイニシアティブ、Polarisについて

PolarisはBlockchain for India Fundの下で設計されたイニシアティブでり、暗号資産およびブロックチェーン関連のプロジェクトに取り組みたいと考えている。初起業家や技術者のニーズに応えルことを目的としているようだ。
[出典元]

Origin Protocol Co-founderとのAMAに関する要約

2020年5月7日、Crypto.comの公式テレグラムにてOrigin ProtocolのMatthew Liu氏とAMAを開催。AMAではプロジェクトの紹介や、プロジェクト内での同氏の役割説明からはじまり、多くのQ&Aが行われたとのこと。
[出典元]

クイズに参加:特定ユーザーに対してBTCを付与へ(5月7日)

2020年5月7日、crypto.comアカウント保有などの一定条件をクリアした特定ユーザーは、同取引所の公式アカウントが開催するTwitterクイズに参加することができ、正解者のうち10人に対して100ドル相当のBTCを付与することを発表。対象者には、2週間以内ににアカウントに付与されるとのこと。
[出典元]