アルトコインプロジェクト情報(日本語要約)

04/13 火曜日
10:48

Stellar DevelopmentFoundation2021年第1四半期のレビュー

SDFは、2021年のロードマップにおいて、今年のビジョンと、それを達成するために必要な具体的かつ測定可能な目標を提示した。
[出典元]
10:37

新韓銀行がデジタルトランスフォーメーション計画を推進:Hedera GoverningCouncilへ参加

2021年4月14日、韓国の大手銀行である新韓銀行は、ヘデラネットワークの分散型ガバナンスを監督する機関であるHedera GoverningCouncilに参加したことを発表。新韓銀行は、分散型台帳技術(DLT)を活用して金融イノベーションを推進するリーダー的存在であり、今年1月、デジタル資産保管サービスを提供する企業の業界コンソーシアムである韓国デジタル資産保管(KDAC)に投資した。また、3月にはLG CNSと共同で、中央銀行デジタル通貨(CBDC)の実証プラットフォームを完成させた。
[出典元]
10:29

最新のアップグレードでTEALスマートコントラクト言語を強化へ

2021年4月13日、技術革新へのコミットメントを継続し、一連の機能強化の第一弾となるLayer-1スマートコントラクト言語(TEAL)の最新アップグレードの提供を発表。アルゴランドのスマートコントラクトは、Layer-1に組み込まれているため、ネットワークのスピード、セキュリティ、スケーラビリティの恩恵を受けることができ、トラストレスな実行による決済リスクの低減、低い取引手数料、複雑なアプリケーションに必要な柔軟な実装が可能。
[出典元]
10:25

アルゴランドのガバナンス分散化に関するFAQ

アルゴランドはガバナンスとは何か、なぜ重要なのか、その役割や参加方法などをまとめたFAQを日本語で公開している。
[出典元]
9:12

ARPA社との技術提携を発表へ

ARPA社との技術提携を発表。今回の提携では、ARPAの最先端のMPC技術を用いて、ユーザーデータを公開することなくターゲットユーザーとのマッチングを図るとともに、プライバシーを保護した上でユーザーのオンチェーンおよびオフチェーンのデータ分析を目指している。
[出典元]
04/12 月曜日
18:05

ウィークリーレポート(2021年4月12日)

2021年4月12日のウィークリーレポートでは、Ardorブロックチェーン上で2,000個のオンラインノードが運営されていることについて、Trifficの新しいウェブサイトについて、中国メディアのBridge Champについて、Mythical Beings NFT /カードコレクションゲームの最終テストについて、Sigbroの新しいバージョンについて、TecnonewsがカバーするTarascaについて発表されている。
[出典元]
11:30

EminGünSirer氏の見解について

EminGünSirer氏は、ピアツーピアおよび分散型のブロックチェーンテクノロジーの専門家として、技術革命が到来すると考えている。また、集権的なシステムは障害を引き起こすと述べており、解決策として単一の機関がサービスを提供するのではなく、同等の権限を持つ参加者がネットワーク上でリソースの共有をするか、分散型のピアツーピアシステムを採用する必要があると述べている。
[出典元]
11:29

カスタム可能な、マージン取引の時代をもたらすDegenプロトコル

[出典元]
11:19

第1回:GBBCの「University Dialogues」のセッション開催に関するお知らせ

2021年4月20日23時、第1回目のGBBC「University Dialogues」のセッションでは、ステラ開発財団のエコシステム担当副社長であるJustin Rice氏が、GBBCのCEOのSandra Ro氏、Accenture、VMware、Nautilus Techのリーダーによる、ブロックチェーン技術分野、特にデジタル資産と企業向けブロックチェーンソリューションに焦点を当てたパネルに参加することを発表。
[出典元]
11:16

第1回:ACoconut Japan AMAまとめ

2021年4月9日に開催されたACoconut Japan AMAのまとめを発表。
[出典元]
11:12

アルゴランドのガバナンス分散化

アルゴランド財団のトークン供給やその他の決定権を分散させることは、アルゴランド・ネットワークにとって重要な進化を意味する。アルゴランドはノード分配と議決権の分散化にコミットしている。
[出典元]
7:37

ウィークリーレポート(4月6日から4月9日)

2021年4月6日から9日のウィークリーレポートでは、テストネット上での追加と修正作業を行なった。また、バイナンスでは取引高に基づいて報酬の獲得が可能となるLitentry Trading Competitionが開催されている。
[出典元]