アルトコインプロジェクト情報(日本語要約)

06/22 月曜日
8:34

リアルタイム決済が重要である理由

世界中の人々は即時かつ信頼できる決済手段へのアクセスを必要としており、デジタル決済サービスへの関心と需要が高まっている。RippleNetは、高速なグローバル決済を可能にするインフラストラクチャレイヤーとして、わずか数秒で費用対効果の高い国境を越えた決済を可能にする。
[出典元]
06/21 日曜日
10:37

祝!メインネット1周年!

2020年06月19日にメインネット立上げ1周年を迎えた。グローバルに拡大するエコシステムをさらにパワーアップさせるため、チーム一丸となって邁進していくと発表。また、日本でもアンバサダー・ネットワークの拡大とともに、パートナー企業、助成金活用企業など、続々と参画中。
[出典元]
10:02

日本ブロックチェーン検定運営分科会:日本版CBDCを考える

2020年06月11日に開催された「日本版CBDCを考える」に関する講座動画を更新。オンライン講座に関する資料やFAQなどが公開されている。
[出典元]
06/19 金曜日
16:00

SwissBorg(CHSB)時価総額は6,000万を超え、トップ100に到達

SwissBorgのマルチユーティリティトークンであるCHSBは、時価総額は6,000万を超え、トップ100に到達。取引所で1日あたり2,000,000ドルを超える出来高を記録し、1,700万を超えるCHSBトークンがすでにステーキングされている。
[出典元]
06/18 木曜日
13:58

オープンソースプロジェクトであるロゼッタとの統合を発表

ロゼッタとは、様々なブロックチェーンソリューションの採用、コラボレーション、および使用の促進を目的とした、オープンソーステクノロジーフレームワークである。ロゼッタとの統合によって、知識、エンジニアリング経験、技術的な専門知識を提供し、プロトコルの統合プロセスをより簡単にすることができる。
[出典元]
13:40

ParaFi CapitalがKNCに投資し、Defiの分散型流動性の成長を加速

Kyber Networkは、ParaFi Capitalが今年初めにKyberチームからの直接購入を通じてKyber Network Crystalに投資したことを発表。また、ParaFiはKNC保有者がトークンを賭けて投票し、主要なプロトコルパラメータやアップグレードを決定できるコミュニティプラットフォームであるKyberDAOを通じて、Kyber Networkの分散型ガバナンスに積極的に参加可能。
[出典元]
11:38

PayIDをサポートする理由

リップルは新たに形成されたOpen Payments Coalitionのメンバーとして、40以上のグローバル企業と非営利団体と共同で、ユニバーサルペイメントIDであるPayIDを開始。PayIDは無料のオープンソース規格として、決済ネットワーク間の相互運用を可能にする。また、あらゆる決済ネットワークや通貨に対応している。
[出典元]
10:35

セキュリタイズとのウェビナーに関するお知らせ

2020年06月25日00時、セキュリタイズとアルゴランドの「企業向けの摩擦のない金融」ウェビナー開催を発表。どのようにして経済交流から摩擦を取り除き、金融機関が公的および私的なブロックチェーンを通じて新しい効率性を発見するのを助けているかについて話し合うとのこと。
[出典元]
10:15

デジタルゲーム開始に関するお知らせ

2020年06月18日、FIDEオンライン・アリーナによるデジタル・チェス・ゲームの開始を発表。世界中のプレーヤーからのチェス・レーティングが初めてアルゴランド・ブロックチェーンに記録され、チェス・プラットフォームとメディアサイトに普遍的にアクセスできるようになるため、デジタル・チェスとブロックチェーン・コミュニティの両方にとって歴史的なイベントとなる。
[出典元]
06/17 水曜日
21:33

A global stance on Asia by LongHash Ventures

[出典元]
13:41

ビットコインスイスとの提携を発表

ONTOウォレットによるCryptoFranc(XCHF)ステーブルコインのサポートによって、ビットコインスイスのオンラインプラットフォームを通じて、ONTトークンを利用できるようになった。また、ビットコインスイスのユーザーは、様々な仮想通貨取引所で24時間年中無休の取引を行うことができる。
[出典元]
11:12

ウィークリーレポート(2020年06月09日 – 19日)

今週ONTは、BitpandaおよびeToroXの2つの仮想通貨取引所に上場。また、トークンモデル、ONTO、Binanceとの連携をトピックとして、新たなお知らせが報告されている。
[出典元]