dydx 情報(日本語要約)

02/09 火曜日

大規模な詐欺テレグラムグループに関するお知らせ

2021年2月9日、大規模な詐欺テレグラムグループが、「Antonio」になりすまし、偽の特典付与に関する情報を宣伝しているため注意するよう発表。dYdXは、トークンおよび特典付与、プライベートセール、ICOに関するいかなる計画も発表していない。
[出典元]
02/01 月曜日

詐欺グループに関するお知らせ

dYdXのテレグラムに「dYdX Announcements」という名前の詐欺グループが存在する。そのグループに関する警告を行ったものの、未だに被害を受けるユーザーが存在する。私たちの公式Telegramは、「https://t.me/dydxofficial」であり、アナウンスのみを行なっている。
[出典元]
01/26 火曜日

シリーズBラウンドで1,000万ドルを調達へ

Three Arrows Capitalおよび、DeFiance Capitalが主導するシリーズBラウンドで1,000万ドルを調達したことを発表。
[出典元]

投資ラウンド「シリーズB」にて1,000万ドルの調達を発表

Three Arrows Capital社とDeFiance Capital社が主導する投資ラウンド「シリーズB」にて1,000万ドルの調達が完了したことを発表。
[出典元]
01/22 金曜日

新パーペチュアル・コントラクトのアルファ版リリースに関するお知らせ

2021年2月初旬にアルファ版のリリースを予定。その後まもなく完全版のリリースを目標としている。
[出典元]

レイヤー2を用いたパーペチュアル・コントラクトのリリースに関するお知らせ

dYdXは、StarkWareとのパートナーシップに伴い、レイヤー2スケーリングソリューションを用いたパーペチュアル・コントラクトのリリースを発表。
[出典元]

新たに6名のチームメンバー採用に関するお知らせ

2021年1月22日、デザイン、エンジニアリング分野における、新しいチームメンバーを6名採用したことを発表。
[出典元]

2020年版 レビュー配信に関するお知らせ

2020年はパーペチュアル・コントラクトのリリースに伴い、多くのトレーダーを惹きつけ、取引量を40倍増加させることに成功した。また、2020年の後半にはStarkWareのゼロ知識証明を利用したレイヤー2上のパーペチュアル・コントラクトの開発に焦点を当てた。
[出典元]
01/04 月曜日

dYdXの取引量に関するお知らせ

2021年1月4日、dYdXの取引量は、過去24時間で1日の取引量が8,300万ドルに到達し、ATHに達した。
[出典元]

1日あたり8,300万ドルのATHを達成へ

dYdXの取引量は、過去24時間で1日あたり8,300万ドルのATHに達したことを発表。
[出典元]
08/25 火曜日

LINK-USDパーペチュアル・コントラクトの開始に関するお知らせ

LINK-USDパーペチュアル・コントラクト・マーケットが開始したことを発表。トレーダーは、有効期限なしで最大8倍のレバレッジを利用してLINKを取引することができる。マーケット開始を記念して、7日間、LINK-USDの取引手数料を50%割引する。
[出典元]

オラクルプロバイダーとしてChainlinkを選択したことを発表

dydxはChainlinkのLINK/USD価格参照データフィードを使用したLINK-USDパーペチュアル・コントラクト・マーケットのリリースを発表。Chainlinkはシビル耐性があり、最大かつ分散化されたオラクルであることを理由に選択された。
[出典元]