Enjin 情報(日本語要約)

08/11 水曜日
12:03

OKEx社とのAMAについて

Enjinの共同創業者兼CTOのWitek Radomski氏は、EFIがOKEx社に上場したことを受け、OKExコミュニティに参加し、NFT(ノンファンジブル・トークン)用の次期ブロックチェーンであるEfinityについての対談を行った。当記事では、Witek Radomski氏のコメントを紹介している。
[出典元]
08/10 火曜日
22:00

EfinityがNFTを変える3つの方法を公開

2021年8月10日、EnjinはEfinityによってNFTに変化を与える3つの方法を公開。1つ目にオープンなエコシステム、2つ目にコーティング不要でNFTを作成・変更ができる機能。3つ目に民主的で透明性の高いガバナンスシステムの3つを挙げている。
[出典元]
08/06 金曜日
22:24

Enjin Ecosystem Vlog エピソード1

この記事では、NFTブロックチェーン「Efinity」の技術的な最新情報と、パートナーであるOKEx、Blockchain.com、Crypto.com、CoinListとともに行われたEFIトークンに関する情報を紹介。
[出典元]
08/04 水曜日
15:00

Enjinコミュニティに向けたビデオログを開始へ

Enjinコミュニティに向けた開発状況やニュースをお知らせするビデオログの開始を発表。エピソード1では、大きなニュースとEfinityについて発表する。Efinityは、1ブロックあたり120M Tx、12K Txのトランザクションバッチテストを行っている。
[出典元]
10:32

Efinity Token(EFI)上場に関するお知らせ

2021年8月4日、Efinity Token(EFI)がリリースされ、OKEx、Blockchain.com取引所、Crypto.com、CoinListに上場したことを発表。
[出典元]
08/03 火曜日
14:49

ENJとEFIが協力する6つの重要な要素について

Efinityは、ENJ保有者やNFTコレクターがNFTを使用してユーザーに次世代体験を提供する幅広いゲーム、アプリ、ビジネスまで、Enjinコミュニティに新しい機会を提供する。この記事では、EnjinのNFTエコシステムにおいて、ENJとEFIが協力する6つの重要な要素を紹介。
[出典元]
07/30 金曜日
21:03

Efinity関連の情報に関するお知らせ

2021年7月30日、Enjin公式Twitterは、Efinity関連の情報に関して、Enjin公式Twitter(英語版・日本語版)で展開されていることをアナウンスした。また、Efinityのアカウントなりすまし、詐欺についての注意喚起を行った。
[出典元]
9:33

Enjin開発アップデート(2021年7月)

Efinity parachainの開発やJumpNet、プラットフォームの改善や新しいEnjin Walletなど、Enjinで何が行われているかを紹介。
[出典元]
07/29 木曜日
21:07

ブロックチェーン・メタバース「Dvision Network」が、Enjinエコシステムに参加を発表

2021年7月29日、EnjinはEthereumとバイナンス・スマートチェーンで構築された韓国を拠点とするブロックチェーン・メタバース「Dvision Network」がEnjinのエコシステムに参加したことを発表した。マルチチェーンプラットフォームに拡大するDvision Networkは、PolkadotやEnjinが開発するEfinityと、カーボンネガティブなブロックチェーンであるJumpNetを統合する予定。
[出典元]
07/28 水曜日
12:13

Dvision NetworkがEnjinを採用し、5つのブロックチェーンにまたがるメタバースを開始へ

2021年7月28日、EthereumとBinance Smart Chainで構築された韓国のブロックチェーン・メタバースであるDvision Networkが、Enjinのエコシステムに参加したことを発表。マルチチェーンプラットフォームに拡大するDvisionは、5つのブロックチェーンで動作する最初のメタバースになることを目指しており、Efinity、Polkadot、EnjinのカーボンネガティブなJumpNetネットワークを統合する予定。
[出典元]
07/20 火曜日
23:00

Enjinが国連グローバル・コンパクトに受け入れられた最初のNFT企業となったことを発表

2021年7月20日、ノンファンジブルトークン(NFT)の先駆的ブロックチェーンプラットフォームであるEnjinは、国連グローバル・コンパクトに受け入れられた最初のNFT企業となったことを発表した。メンバーシップの最高ランクである、「パーティシパント」としてグローバル・コンパクトに参加を発表している。国連グローバル・コンパクトへの参加目的として、ブロックチェーン技術を通じて人々の生活を向上させることを再確認し、その過程で一般市民への説明責任を果たすこととしている。
[出典元]
9:48

Enjinが国連グローバル・コンパクト(UNGC)に参加へ

2021年7月20日、NFT(ノンファンジブルトークン)に特化したブロックチェーンプラットフォームを開発するEnjin Pte. Ltd.は、NFT関連企業として初めて、国連グローバル・コンパクト(UNGC)に、上級会員となる「パーティシパント」として参加したことを発表。
[出典元]