Ontology 情報(日本語要約)

05/07 木曜日
9:43

ウィークリーレポート(5月1〜6日)を公開へ

数日前に参加を発表したCeloファウンデーションなどにも語られている。
[出典元]
05/06 水曜日
18:47

Celo Foundation Alliance for Prosperityに正式参加を発表へ

これはブロックチェーンテクノロジーの使用を通じて社会的影響と経済的包摂を促進する、組織のミッションに合わせたネットワークだ。
[出典元]
18:21

ONTスコアがONTOでリリースへ

ONTスコアを累積し、ユーザーのID、チェーン上の資産、チェーン外の信頼できる情報に基づいて、OntologyエコシステムでONTスコアと共に信用の記録が表示可能に
[出典元]
18:17

新しい信用スコアリング経験を提供へ

クレジットスコアリングは個人またはユーザーとやり取りするかどうかを決定することが可能。これを踏まえ、ONTスコアはOntologyの包括的なモバイルクライアントONTOの最新バージョン2.9.0でリリースされ、ユーザーに新しいクレジットスコアリング経験を提供するようだ。
[出典元]
04/27 月曜日
11:58

グローバルソーシャルクリエータープラットフォームOGQとのパートナーシップを発表

コンテンツクリエイターは絵文字、画像、動画、音楽、新しいフォント、ステッカー、ミームなどのデジタルアセットコンテンツをアップロードして販売し、ファンに著作権保護を提供することが可能となる。
[出典元]
04/26 日曜日
12:37

エンタープライズレベルのDLTプラットフォーム、ソリューションを提供

今回のAMAではステーキングプログラムにも触れられ、今後数か月でまもなくリリースされ利用可能になるとした。ONTステーキングについては、これを実現するためにONTチームと注力しているようだ。
[出典元]
04/22 水曜日
13:02

オントロジー週報(4月15〜21日)で新しい独自通貨ONT-33Dトークンを紹介

ONT-33Dは、1:1の比率でONTが支援するBinance Chainで起動されるBEP-2トークン。現在Binance DEXに上場されているようだ。
[出典元]
04/21 火曜日
12:55

オントロジー(ONT)トークンに紐付けられた暗号資産ONT-33D、Binance Chain上で発行へ

これはBinanceチェーンの上に開発された分散型交換機能。発表の一部として、Binanceは、Binance DEXにONT-33Dアセットを上場させる計画も発表した。
[出典元]
04/20 月曜日
13:18

世界有数の業界団体、Digital Chamber of Commerceに正式に参加したことを発表

Digital Chamber of Commerceはアクセンチュア、CITI、CISCO、デロイト、IBM、Microsoft、Binance US、Bitpay、Ripple、R3などの世界の主要な金融およびテクノロジー企業、世界中の200人以上の業界リーダーで構成されている。
[出典元]
04/16 木曜日
10:49

最新財務報告(2019年12月-2020年3月)を公開

昨年のオントロジー財団基金の使用に関する前回の11月の更新に加え、最新のオントロジー財団基金の財務報告を発表している。またこのレポートは2019年12月から2020年3月までの期間を対象としている。
[出典元]
04/13 月曜日
10:45

ユーザーにストレージサービスを、Filecoin開発および接続について

通常、サードパーティのソフトウェアを使用してファイルを相互に共有する必要があり、プライバシー漏洩のリスクが存在するが、Filecoinを利用する事によりこれらの問題が解決するという。
[出典元]
04/10 金曜日
13:23

COVID-19対応基金用寄付dAppをWEFおよびWHOへ提案した

世界保健機関のCOVID-19連帯対応基金の貢献手段を拡大することを目的として、寄付を集めるのに役立つオントロジーの公式dAppを利用して安全に取引を記録することを提案した。
[出典元]