Ripple 情報(日本語要約)

08/31 月曜日
1:43

決済インフラストラクチャを統合することで金融包摂性が高まる理由

ILPは、グローバルビジネス、送金サービス、決済会社が異なる台帳を介して支払いを送信することを可能にする。また、オープンなアーキテクチャにより、あらゆる価値移転システムの相互運用性を実現し、より効率的で手頃な価格の支払いが可能になり、世界中のより多くの人々に金融包摂を提供する。
[出典元]
08/26 水曜日
15:46

UBRIは35以上の大学パートナーとの新しいグローバル市場に拡大へ

2020年08月26日、ETHチューリッヒ、チューリッヒ大学、ライアソン大学、メキシコ工科大学(ITAM)をUBRIのネットワークに迎え入れたことを発表。このグローバルイニシアチブは現在、ブロックチェーン、仮想通貨、フィンテック、デジタルペイメントにおける学術研究、技術開発、イノベーションをさらに加速させるため、37の大学パートナーを支援。
[出典元]
08/19 水曜日
15:35

分散型台帳技術(DLT)は新興経済国での経済成長をもたらす

分散型台帳技術(DLT)は、金融サービスに信じられないほどの影響を与え、より多くの金融包摂を生み出し、その結果、特に新興経済国での経済成長をもたらす。
[出典元]
08/13 木曜日
14:35

デジタルの未来が持続可能なものであることの確認

経済活動の停止は、株式市場だけでなく、いくつかの驚きと歓迎すべき反響をもたらしている。その例として、環境への影響が挙げられる。完全にデジタルな未来とは、デジタル決済資産に本能的に依存することで、ブロックチェーンテクノロジーへの投資が増えると、地球環境に負担がかかる可能性がある。この未来が環境に与える影響についても考慮およびすべての人に役立つデジタルの未来は、持続可能な未来でなければならない。
[出典元]
08/06 木曜日
9:02

デジタル資産規制に向けた米国の課題

米国における規制上の重要な問題は、どのデジタル資産が「証券」なのか?この質問に対する答えは非常に重要である。複雑で負担の大きい証券規制は、誤って適用されると、業界のイノベーションを阻害。リップルでは、責任ある米国企業が不利にならないような規制を支持するよう議員に積極的に働きかけ、金融システムを内部から改善し、規制当局、政府、中央銀行と協力して、世界のお金の動きを改善することを目標としている。
[出典元]
08/03 月曜日
11:03

2020年第2四半期のXRP市場レポート

四半期ごとのプログラムや機関投資家向け販売の最新情報、XpringやRippleNetとの提携などのXRP関連の発表、前四半期の市場動向に関するコメントなど、XRP市場の状況に関する見解を透明性を持って定期的に配信するために、四半期ごとに「XRP市場レポート」を発行。
[出典元]
07/28 火曜日
10:58

COVID後の世界におけるデジタル資産の役割

David Schwartz氏とBarry Eichengreen氏が世界経済の現状と、ポストCOVID気候の中でデジタル資産がどこにフィットするかについて議論を行った。
[出典元]
07/20 月曜日
10:05

UBRIがブロックチェーンの匿名性に関する研究を支援する方法

ブロックチェーンは分散化された性質上、ハッキングすることは非常に困難であるが、この技術で構築されたデジタル資産やウォレットが無敵というわけではない。Stefanie Roos氏は、ブロックチェーンベースの支払い、特に企業間取引のための柔軟な匿名性を作り出す方法に焦点を当てている。
[出典元]
07/14 火曜日
7:59

ブロックスター:仮想通貨に規制が必要である理由

エピソード7では、リップルのCTOであるDavid Schwartz氏がリップルのゼネラルカウンセルであるStu Alderoty氏と共に、世界の仮想通貨規制の現状について議論が行われた。Stu Alderoty氏は、英国、日本、シンガポール、スイス、アラブ首長国連邦を含む他の国々で見られる明確な規制は、ブロックチェーンのイノベーションを促進すると述べている。
[出典元]
07/09 木曜日
14:49

サンタンデールとの提携に伴い、国際決済の確実性と決済速度が向上へ

2020年07月09日、サンタンデールとリップルの提携に伴い、国際決済の確実性と決済速度の向上が実現。また、One Pay FXアプリのリリースによって、安価な取引手数料、決済速度およびすべての支払いの透明性が向上。結果、人々と企業の繁栄を支援するという目標を達成。
[出典元]
9:24

持続可能性を念頭においた効率的なコンセンサス

XRPは持続可能性を念頭において設計されており、トランザクションを管理するコンセンサスアルゴリズムは、エネルギー資源を軸としたマイニングが不要となっている。その結果、PoWを採用しているビットコインと比較して、エネルギー消費が57,000倍効率的である。
[出典元]
06/30 火曜日
9:20

消費者と企業がブロックチェーンに参加する理由

David Schwartz氏とAdam Traidman氏は、消費者と企業の両方にとってのブロックチェーン技術の利点に対する認識が高まっていると考えている。それは、デジタル資産を保持、管理することは簡単で、誰にでも使用出来る利便性があるからであると述べている。また、170カ国で約500万人が、60億ドル相当のデジタル資産を保有しており、仮想通貨の採用が増えている。
[出典元]