Stellar 情報(日本語要約)

12/19 土曜日
15:31

FinCENが提案したデジタル資産取引ルールに関するお知らせ

Financial Crimes Enforcement Network(FinCEN)は、「コンバート可能な仮想通貨またはデジタル資産を含む特定の取引の要件」の提案を発表。
[出典元]
12/16 水曜日
13:26

Stellar Highlights 2020の配信に関するお知らせ

2020年12月17日22時(日本時間)、Blockchain Academy Méxicoが主催するオンラインイベント「Stellar Highlights 2020」の配信を発表。
[出典元]
12/15 火曜日
22:16

開発ダイジェスト No.71

今週は、StellarMonthly Roundupのリリース、TempoとCowrieによるステラネットワークを使用したケーススタディのリリースなどが行われた。
[出典元]
12/08 火曜日
17:11

開発ダイジェスト No.70

今週は、2020年11月29日のフィッシングメールについて調査と対応(ユーザーに対する警告)、ステラ財団のCEOであるDenelle Dixon氏のSTABLE Actへの回答、LOBSTRによる停止不可能なドメインのサポートが行われた。
[出典元]
12/07 月曜日
16:16

新たなパブリック・アナリティクス・データセットのリリースへ

2020年5月、ステラ財団はネットワークの活動をグローバルに可視化し、簡単にクエリーの管理ができるようにするために、パブリック・アナリティクス・データセットをリリースした。そして、2020年12月7日、新たに5分ごとにデータが更新されるパブリック・アナリティクス・データセットを発表。
[出典元]
12/04 金曜日
15:40

パリ・ブロックチェーン・ウィーク・サミット|決済の未来について

2020年12月10日午前11時20分、Stellar財団のCEOであるDenelleDixon氏は、パリ・ブロックチェーン・ウィーク・サミット(PBWS)に参加することを発表。
[出典元]
15:37

BlockShowとシンガポール・フィンテック・フェスティバルへの参加に関するお知らせ

Stellar財団のCEOであるDenelleDixon氏は、BlockShowとシンガポール・フィンテック・フェスティバルへの参加を発表。
[出典元]
12/03 木曜日
17:11

フィッシングメールに対する警告と措置について

2020年11月29日、ユーザーに対してStellar Development Foundation(SDF)を装ったフィッシングメールが送信された。Stellarチームは、フィッシング攻撃に対応するために、リンクをクリックしたユーザーに対して警告を表示する措置を実施。
[出典元]
12/01 火曜日
17:53

開発ダイジェスト No.69

グーグルクローム拡張機能として、ブラウザを介してStellarトランザクションに署名可能な非管理ウォレットであるFreighterがリリースされた。また、大手ソフトウェアエンジニアリング会社であるUltra Stellarは、StellarXの買収を発表した。
[出典元]
11/23 月曜日
11:43

Protocol 15のアップグレード完了に関するお知らせ

2020年11月24日1時、StellarパブリックネットワークはProtocol 15のアップグレード完了を発表。Protocol 15には、Stellar上でユーザーフレンドリーなアプリを簡単に構築できるようにする2つの新機能が含まれている。
[出典元]
11/14 土曜日
14:18

Meridian2020ハッカソンのファイナリストに関するお知らせ

2020年にStellarプロトコル上に追加された4つの新機能のうち、少なくとも1つを組み込んだプロジェクトの構築を行い、Meridian2020ハッカソンが開催された。同ハッカソンではファイナリストとして、InTrip、Pagas、Waris、BlockBill、Mezaが選ばれた。
[出典元]
10/20 火曜日
14:37

Stellarプロトコル15を発表

Stellarプロトコル15に関する計画の重要な変更を発表。2020年10月28日、パブリックネットワークはプロトコル14にアップグレードされず、代わりに、2020年11月23日にプロトコル15にアップグレードされる。
[出典元]