Symbol 情報(日本語要約)

05/05 水曜日
14:31

SymbolウォレットがVidulumアプリで利用可能へ

2021年5月5日、非管理型マルチコインウェブウォレットであるVidulumと提携し、VidulumアプリでSymbolウォレットが利用可能になったことを発表。ウォレットにXYMをステークすることでVDLのV-Stakingインセンティブを得ることができ、その他の特典も受け取ることができる。
[出典元]
04/19 月曜日
11:40

第1回:Powering Possibilityハッカソンが終了へ

第1回目のPowering Possibilityハッカソンが終了し、受賞者が発表された。また、このハッカソンでは、22,000ドルのXEM賞が提供され、430名以上が参加し、20種類のプロジェクトが提出された。
[出典元]
04/08 木曜日
11:26

Symbolに基づいて構築されたdHealthネットワークについて

DHealth Foundation(旧HIT Foundation)は、医療データの共有を促進し、医療記録の安全性、透明性、不変性を維持しながらアクセス可能にすることを目的としたスイスの非営利財団である。また、DHealthは、NEMが最近ローンチした新たなブロックチェーンであるSymbol上に構築されたパブリックブロックチェーンネットワークの名称でもあり、Symbolの中核をなす内蔵機能から大きな恩恵を受けています。
[出典元]
04/02 金曜日
11:11

一般公開と次のステップに関するお知らせ

先週、NEMは待望のSymbolを発表して話題になり、Symbolのプルーフ・オブ・ステークとパブリック・ブロックチェーンがローンチした。また、この日を記念して、NEMエコシステムの複数のスポークスマンがメディアのメンバーと対談し、Symbolの技術的特徴、ユースケース、そして新たな経済を構築するためのプラットフォームの可能性について語った。
[出典元]
03/29 月曜日
10:00

Symbol上で建設に関わるトレーサビリティの構築を行う

AIを採用して建設計画の最適化を目指すプラットフォーム「Bimtrazer」は、Symbolブロックチェーン上で建設に関わるトレーサビリティの構築を行なっていく方針。
[出典元]
03/18 木曜日
9:05

Symbol入門に関する資料

Symbolを使い始めるにあたって必要な情報が記載された資料が紹介されている。資料の中には、技術関連、エクスプローラー、ノードとトークンエコノミクス、ハーベスティング、ブートストラップ、ウォレットに関する情報が記載されている。
[出典元]
9:00

Symbolがリリースへ

2021年3月17日、Symbolは4年間の開発期間を経てローンチした。SymbolはNEM NIS1と並ぶエコシステムとなり、ビジネスとブロックチェーンをつなぐコネクターとなり、相互運用性をコアとして設計されている。
[出典元]
03/15 月曜日
16:15

Symbolのスナップショットが完了へ

2021年03月12日午前04時26分(UTC)頃、ブロック高3,105,500でスナップショットが取得された。Symbolのメインネットのローンチは、2021年03月15日に予定されている。
[出典元]
03/03 水曜日
12:02

SymbolとNEMに関するクイズを発表へ

2021年3月15日、Symbol(XYM)リリースを記念して、NEMは2週間に渡り、コミュニティに対してSymbolとNEMに関する知識をテストするためのクイズを発表。2021年3月4日から2021年3月18日まで、毎日2問のクイズをTwitter上で出題する。
[出典元]
03/01 月曜日
10:54

2021年3月15日 – Symbolパブリックチェーンがローンチへ

2021年3月15日、Symbolパブリックチェーンがローンチする。Symbolリリースには4年間の開発期間があり、厳格なテストプログラムを経てローンチとなる。
[出典元]
02/23 火曜日
13:33

TrezorまたはLedgerNanoからオプトインする方法

Symbolに関するオプトインをするには、Ledger NanoまたはTrezorにインストールされている必要がある。インストール後、手順に従ってオプトインすることができる。
[出典元]
02/11 木曜日
14:28

SymbolウォレットでLedgerデバイスを使用する方法

Ledger Nano SとXは、Symbol(XYM)を含む複数の仮想通貨に対応したハードウェアウォレットである。デスクトップ版のSymbolウォレットは、Ledgerハードウェアウォレットを使用してXYMの送受信が可能である。また、XYMのサポートに加えて、Symbolブロックチェーン上で作成されたトークンのサポートも行う。
[出典元]