Takamaka 情報(日本語要約)

04/22 木曜日

Takamaka(TKG)はLatokenへの上場を発表

2021年4月26日23時、仮想通貨取引所のLatokenはTKG(Takamaka Green Token)の上場を発表。上場に伴い、TKG / BTC、TKG / ETH、TKG / USDTペアの取引開始を発表。
[出典元]
04/18 日曜日
15:27

タイムスタンプについて

当社は、あらゆる情報を分散化し、タイムスタンプを押すことで、あらゆる文書にブロックチェーン上の所有権と不変性のシールを貼ることができる。
[出典元]
04/17 土曜日
15:22

インボイスの発行について

当社は、Takamakaの購入を税務上正当化にするためのインボイスを発行することが可能で、各国の税制やAML規制に完全に対応することができる。
[出典元]
15:13

VQFライセンスの申請について

Takamakaはアンチマネーロンダリング規制を遵守するために必要な金融サービス基準協会 (VQF)のライセンスの申請を発表。
[出典元]
04/14 水曜日
12:08

プレスリリース:3月の開発と更新について

2021年3月の開発と更新については、ユーザーが独自のトークン作成し、手数料ゼロで取引を管理できるプロトコルのプログラム可能性の強化が行われた。分散型アプリケーションの作成が可能となり、Takamakaは、Takamakaトークンと同じレベルでNFTを作成する機能を搭載している。また、TKG(Takamaka Green Token)は、LATOKEN取引所に上場し、詳細は近日中にプレスリリースで発表される予定である。
[出典元]
04/09 金曜日
8:55

Takamakaが存在している理由

デジタルリソース(トークン)が少なくともGOLD(金)に匹敵するためには、分散型ネットワークの存続を保証する技術的・非技術的なメカニズムが必要である。これらの要素が尊重されれば、ブロックチェーン技術プラットフォームとしてのTakamakaは、トークンが収益性の高い資源となり、新しい形のデジタルな希少性となって、長期的に新しい経済モデルを維持することができるようになる。
[出典元]
03/30 火曜日
8:45

キャッシュバックキャンペーンに関するお知らせ

2021年3月30日、現実世界とブロックチェーンの相互作用を可能にするオラクルの統合により、視聴者と密接な関係を持つ企業がキャッシュバックキャンペーンを実施することは、非常に簡単に行うことが可能。
[出典元]
8:40

自動化されたロボットについて

自動化されたロボットは、ソーシャルメディアを監視し、企業の登録および言及、ユーザーに報酬を与えるなどの目的で使用することが可能。また、フォロワーが受け取る「トークン」は、「お金」よりも流動的で、従来の「クレジットカード」よりも追跡可能なものである。
[出典元]
8:37

Takamaka Tokensに関するお知らせ

2021年3月30日、AiliA SAでは、ブロックチェーンを利用するためのTakamaka Tokensの購入および税金面を含めた管理費のサポート開始を発表。
[出典元]
8:34

TAKAKAMA SOURCESの開発状況について

TAKAKAMA SOURCESは、透明性の高いプロジェクトです。開発の更新情報はGithubから確認することができます。
[出典元]