TrustToken 情報(日本語要約)

05/11 水曜日
18:24

TrueFiは、Cauris Financeが管理する債券発行ポートフォリオをローンチへ

2022年5月9日、TrustTokenは債券発行(デットファイナンス)ポートフォリオのローンチを発表した。このポートフォリオは、TrustTokenのTrueFiを介して、Cauris Finance社によって管理される。Cauris Finance社は、このポートフォリオを利用して、新興企業が急成長するアフリカを含む地域に対して資金調達の提供を検討していく。
[出典元]
04/27 水曜日
11:59

TrueFiはBlockchain.comの新ポートフォリオをローンチ、またSingle Borrower Poolを介して最大1億ドルの流動性を調達へ

2022年4月26日、TrustTokenはBlockchain.com向けに特別に設計されたSingle Borrower Pool(SBP)を発表した。Blockchain.comは、SBPによって調達した1億ドルを独自の流動性プール、レバレッジ取引サポート、レンディングサービスなどに充てる予定。 SBP提供者は、TrueFiプラットフォーム上でKYC認証完了後に米国外のすべての貸し手が利用でき、APYは8.50%が予想される。
[出典元]
03/11 金曜日
11:28

「TrueFi」のスケールアップを目的に2名の役員を新たに歓迎したことを発表

DeFiレンディングプロトコル「TrueFi」のスケールアップを目的に、TrustTokenは数十年にわたって技術、金融、マーケットプレイス技術の経験を有するRyan Christensen氏とBill Wolf氏を役員として歓迎した。TrustTokenのCEO兼共同創設者であるRafael Cosman氏は「素晴らしい会社には素晴らしいリーダーが必要」と述べている。
[出典元]
09/17 金曜日
17:40

Web3開発会社のEthWorksを買収へ

DeFiプロトコルのTrueFi、ステーブルコインのTUSDを運営するTrustTokenは、Web3開発会社のEthWorksを買収したことを発表した。なお、購入価格は非公開であり、買収資金はa16zなどから調達した1250万米ドルが用いられた。買収後、EthWorksチームはTrustTokenに参加し、Ethereum開発ツールのWaffleとuseDAppの開発を続ける。
[出典元]
08/05 木曜日
23:20

A16z、BlockTower、Alamedaから1,250万ドルを調達へ

Andreessen Horowitz(a16z)、BlockTower、AlamedaはTrustTokenのネイティブトークンである「TRU」の購入によって1,250万ドルの調達を支援したことを発表。TrustTokenは、分散型のレンディングプロトコル「TrueFi」とステーブルコイン「TUSD」の運営を主導しており、今回調達した資金は事業拡大に充てる予定。また、TrustTokenの共同設立者兼CEOであるRafael Cosman氏は、「今回の資金調達は、プロトコルや既存市場の規模を拡大するためだけでなく、新しい市場に進出するためにも利用したいと考えている」と述べている。
[出典元]