新着ニュース一覧

09/24 木曜日
16:34
ビットコインアドレスの大半が含み益、実現時価総額では仮想通貨バブルを上回る
仮想通貨ビットコインのアドレスデータにおいて、含み益は全体の約76%(計2400万アドレス)を占めることがわかった。時価総額2位のイーサリアムのデータも明らかに。
15:07
コロンビア政府、仮想通貨取引にサンドボックス制度を導入──規制整備と技術革新の両立へ
南米のコロンビアで、企業が仮想通貨の取引を試験的に行えるプログラムが政府に認可された。サンドボックス制度を利用して、規制整備と技術革新の両立を目指す。
14:50
「BTC、XRP、XTZなど5銘柄」米著名投資家Tim Draperが保有する仮想通貨を明かす
ビットコイン強気派として知られるベンチャーキャピタリストTim Draperが、自身の保有する仮想通貨銘柄について初めて言及。BTC、XRP(リップル)、XTZなど5銘柄に投資していることを明かした。
14:25
XRPの積立投資サービス、Crypto.comアプリで開始
仮想通貨の決済サービスを提供するCrypto.comがXRPの積立投資を開始した。最大10,000ドルまでの購入が可能だ。
14:13
新経済連盟、内閣官房IT総合戦略室とブロックチェーン官民推進会合を発足
一般社団法人の新経済連盟が17日に、内閣官房IT総合戦略室とともに初となるブロックチェーン官民推進会合を開催した。ポストコロナにおけるブロックチェーン活用や行政分野における実装を推進することが会合の目的だ。
14:00
機関投資家が足踏みするDeFiの参入障壁、英カストディ関連企業がリスク対策機能追加
仮想通貨のカストディソリューションを提供するTrustologyが、機関投資家向けのツールに、安全にDeFiを利用できるようにするための保護機能を追加。その詳細が明らかになった。
12:50
イランの国有火力発電所、ビットコイン採掘業者に電力供給へ
イランの火力発電所がビットコイン採掘業者に向けて電力を提供開始、そのための入札を行うと発表した。イランでは既に1000以上のマイニングファームがライセンス登録されており、仮想通貨採掘を積極的に進めようとする国の一つである。
12:18
ビットコイン下落、米株や金市場に同調
24日の仮想通貨(暗号資産)市場は、全面安となった。ビットコインは軟調な相場を脱することができずに反落、日本時間6時に米ドル建1万ドル目前まで下落した。今後の下落の警戒ポイントも探る。
12:15
助成金にブロックチェーン技術応用 米財政課が実証研究
米国の財務省に属する財政課がブロックチェーンの継続的研究として、助成金にブロックチェーンの利用を検討する新たな研究プログラム「Blockchain for Grant Payments」を開始した。
10:48
フィスコ、独自暗号資産FSCCの利用範囲拡大へ
仮想通貨取引所Zaif Exchangeを運営するフィスコ株式会社が、バーチャル株主総会や独自コインのステーキングアプリなど新サービス開発に乗り出している。今年11月からの順次リリースを目指す。
09:39
クレカ最大手VISA、仮想通貨(デジタル決済)分野の事業拡大へ
クレジットカード最大手VISAが、暗号資産(仮想通貨)分野への参入を加速させている。仮想通貨残高を使えるデビットカードや中銀発行デジタル通貨(CBDC)までその活動は多岐にわたる。
08:21
「ビットコインに投資以上の価値を」 ツイッターCEO、Square Cryptoのホームページを自作
米決済企業Square傘下の仮想通貨部門「Square Crypto」がホームページを公開した。ウェブサイトを、Jack Dorsey CEO自身で制作し、ビットコインへの想いを改めて表した。