初心者でもわかる「エイプコイン(APE)」とは|特徴や将来性を解説

エイプコインとは

2021年は国内外でNFT(非代替性トークン)が広く普及し、その需要の高まりは「NFT元年」と表現されるほどでした。暗号資産(仮想通貨)・ブロックチェーン業界では、21年よりも前からNFTの技術は利用されていましたが、アート作品が高額で売買される事例などが話題になり、従来の仮想通貨・ブロックチェーン業界を越えてNFTは広まっています。

その普及に大きく貢献したNFTの1つが、猿をモチーフにしたシリーズ「Bored Ape Yacht Club(BAYC)」です。ラッパーでプロデューサーのEminem(エミネム)ことMarshall Mathers氏など著名人らの購入もBAYCの人気を後押ししました。

イーサリアム(ETH)ブロックチェーン上の大手NFT電子市場「OpenSea」における取引高ランキングで、BAYCは本記事執筆時点で2位。最低落札価格は106ETH(3,800万円相当)です。

出典:OpenSea

関連:エミネムら、米スーパーボウルでNFTコレクション「BAYC」利用の可能性は?

本記事では、BAYCの保有者にエアドロップ(無料配布)されたり、ローンチ直後から大手仮想通貨取引所に相次いで上場したりして大きな注目を集めたエイプコイン(ApeCoin、ティッカーシンボルはAPE)について解説します。

関連:Twitter投稿が3億円の価値に|大企業も注目する「NFT」の仕組みと可能性

目次
  1. 概要
  2. トークン概要
  3. 運営組織
  4. ガバナンス
  5. 今後の計画

概要

エイプコインが正式に発表されたのは2022年3月。発表では仮想通貨としての特徴について「Web3.0(分散型ウェブ)の中心となる分散型コミュニティをサポートするため、カルチャーやゲーム、商取引で利用されるトークンである」と説明されました。

発表直後からバイナンス、コインベース、FTXなどの大手仮想通貨取引所に上場しており、そこまで注目を集めた理由の1つが、BAYCに関連した仮想通貨だからであるとの指摘が多く上がっています。

また、BAYCを制作したNFTスタジオ「Yuga Labs」が、「各プロジェクトの主要トークンとしてエイプコインを利用していく」と説明していることも、需要を後押ししています。実際にBAYCのメタバースプロジェクト「Otherside」では、仮想土地「Otherdeeds」のランドセールがエイプコインで決済されました。

関連:BAYCのメタバース「Otherside」、NFT売上400億円以上を記録

エイプコインはイーサリアムのブロックチェーン上で発行されており、「ERC-20」の規格を採用。総供給量は10億枚に設定されています。現在、公式ウェブサイトで紹介されている用途は以下の4つです。

  • エコシステム内の支払いに利用
  • 保有者にゲームなどへのアクセス権を付与するために利用
  • 開発者にエコシステムへの参加を促すためのツールとして利用
  • ガバナンストークンとして利用

本記事執筆時点で明らかになっている主な導入事例は以下の通りです。

  • 米老舗ニュースマガジン「TIME(デジタル版)」の購読料の決済
  • バイナンスの決済サービス「Binance Pay」がサポート
  • OpenSeaの決済
  • 米著名ラッパーSnoop Dogg NFTの決済
  • 動物保護団体「International Rhino Foundation」への寄付
  • NFT電子市場「nWayPlay」らが開発するゲームに導入
  • アニモカブランズ提供のP2Eゲーム「BenjiBananas」に導入

関連:米TIME誌、ApeCoin支払いに対応

また、上記のユースケースに加え、米コインベースが、BAYCとエイプコインのコミュニティをテーマにした映画を制作することを発表しています。

関連:米コインベース、BAYCテーマの映画を制作

トークン概要

エイプコインの総供給量10億枚のうち、1.5億枚がNFT保有者にエアドロップされています。

関連:BAYC、「ApeCoin」を配布へ コインベースやFTXに上場予定

NFT所有者が何枚エアドロップを受け取れるかは、以下の画像のように設定。BAYCのNFTには、同じく猿をモチーフにしたMutant Ape Yacht Club(MAYC)と、犬をモチーフにしたBored Ape Kennel Club(BAKC)という関連シリーズがあります。

上記の画像には、NFTを1点、または1ペアの所有につき、エイプコインを何枚受け取れるかを記載。配分量は、NFTの各シリーズにおける最低落札価格の平均を基準にしています。BAYCとBAKCの両方を持っている人が最も多く受け取れるようになっており、BAYCとMAYCの所有者に大きな差があることも分かります。

なお、BAKCのNFTは現在二次販売されていますが、最初はBAYCの所有者に無料で配布されました。そのため、単独では有用性を持たないとされており、BAKCだけしか持っていない人は、エイプコインのエアドロップを受け取ることはできないと説明しています。

関連:「NFTを国の成長戦略に」自民党デジタル社会推進本部・平将明議員インタビュー

トークン配分

全体的なトークン配分は以下。エアドロップ分とプロジェクトの資金を合わせた「エコシステム・ファンド」に62%、Yuga Labsと「Jane Goodall Legacy Foundation(JGLF)」という団体に16%、プロジェクトのローンチをサポートした人や企業へ14%、Yuga Labsの創設者に8%の割合で配分するとしています。

なお、JGLFとは、動物行動学者で環境保護活動家のJane Goodall博士が創設した組織。Goodall博士は1960年にチンパンジーの研究を始め、その研究を長年に渡って継続しています。

運営組織

本節では、エイプコインの運営組織をご紹介します。

ApeCoin DAO

ApeCoin DAOは、エイプコインのガバナンスを担当する組織。グローバルに分散したコミュニティを作るためには非中央集権型のガバナンス体制が必要で、分散型のガバナンス体制がエイプコインの成功につながるという理由で、ApeCoin DAOが創設されました。

エイプコイン保有者であれば、誰でもApeCoin DAOのメンバーになることが可能。ApeCoin DAOはエイプコインの運営において意思決定を担い、プロジェクトの資金をどのように配分するか、どのようなパートナーシップを締結していくかなど、様々な判断を行います。

APE Foundation

APE Foundationは、エイプコインを管理する法人組織。監督者ではなく、ApeCoin DAOの基盤という位置付けです。

時間の経過とともに組織の分散化が進むようになっており、ApeCoin DAOの意思決定を管理したり、日々の運営や経理などの責任を担ったりもしています。APE Foundationの目的は、誰でも参加できる公平なエコシステムを構築し、発展させることです。

Board

エイプコインには「Board」と呼ばれる役員会があります。役割はAPE Foundationの運営者を監督することです。最初のメンバーの任期は6カ月で、その後は1年ごとにApeCoin DAOの投票によって選出されます。

最初の役員会のメンバーは以下の5名。大手掲示板「Reddit」の共同創業者Alexis Ohanian氏、FTXのベンチャー&ゲーム責任者Amy Wu氏、Web3.0の大手企業「アニモカブランズ」の共同創業者Yat Siu氏らが所属しています。

ガバナンス

ApeCoin DAOには、イーサリアムのガバナンスの仕組みを導入しました。

イーサリアムには改善提案を表す「EIP(Ethereum Improvement Proposals)」という用語がありますが、これに対応する用語として、エイプコインでは「AIP(Ape Improvement Proposal)」を使用しています。

関連:イーサリアムの手数料改善案EIP1559、7月頃の「ロンドン」アップグレードで実装へ

上記は、イーサリアムの手数料の仕組みを変更するという提案「EIP-1559」について書いた記事です。イーサリアムでは「EIP」に番号を加え、各種提案等を記述して管理しています。

エイプコインでいうガバナンスも同様で、新しい仕組みや機能の追加を提案したり、資金をどのように利用するかを提案したりすることが可能です。AIPに番号を振り、すでに提案も行われています。

最近では、Otherdeedsのランドセールでイーサリアムネットワークの混雑を招いたため、Yuga Labsが、エイプコインを独自チェーンに移行することをApeCoin DAOに勧める考えを明らかにしました。

アイデアを出したり、コメントをしたり、実際に提案・投票したりできるのは、ApeCoin DAOのメンバーのみ。提案や投票のプロセスが明確に決められており、エイプコイン1枚につき、投票権を1票獲得することが可能です。自分で投票権を行使するだけでなく、信頼できる専門家に投票を委任することもできるようになっています。

今後の計画

大手取引所への上場や決済手段の導入などが急速に進んだエイプコインですが、今後に関する明確な計画表は現時点では公表されておりません。プロジェクトに関することはApeCoin DAOによって決められていくため、これから発表される可能性はあります。

当面は様々な提案・投票が行われ、まだ誕生から間もないエイプコインが形成されていき、それと並行してユースケースが増えていくと見られます。

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します