米TIME誌、ApeCoin支払いに対応

APE支払いを追加

米老舗ニュースマガジンの「TIME」は20日、ユーザーのデジタル版購読で、暗号資産(仮想通貨)ApeCoin(APE)による支払いへの対応を開始することを発表した。

TIME誌は昨年4月から、仮想通貨取引所Crypto.comと提携し、ビットコイン(BTC)イーサリアム(ETH)、及び多くのDeFi銘柄など「Crypto.com Pay」が取り扱っているすべての銘柄での支払いに対応開始。米国のニュースメディアにおける初事例となった。

関連老舗ニュースマガジンTIME、仮想通貨支払いに対応

TIMEは、ApeCoinへの対応について「今後数週間で実施する」としている。

エイプコイン(Apecoin)はApe財団の後援するApeCoin DAOが先週17日に発表した新たな通貨で、ApeCoin DAOのネイティブ・ガバナンストークンとして機能する。人気NFTのBAYCおよびMAYC保有者にエアドロップ(無料配布)が実施された。

関連バイナンス、BAYCの独自通貨Apecoin(APE)の取り扱い開始

関連BAYC、「ApeCoin」を配布へ コインベースやFTXに上場予定

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します