WaykiChainスーパーノード選挙を1月5日に開始: エコシステムの更なる繁栄に向けたコミュニティ主導型エコシステムの構築

本稿は企業が広報のために発信するプレスリリースです。CoinPostの執筆記事ではありません。
                                                                                                                                                                                                 

2021年1月5日、WaykiChainはコミュニティ主導型の体制を構築し、分散型ガバナンスの推進を目的としたスーパーノード選挙を正式に開始します。

WaykiChainは独自開発注の次世代商業パブリックチェーンです。これまでに3度のアップグレード(Dragon、Fly、Tiger)を行い、高性能トランザクション処理(平均4,500 TPS)、高性能コンセンサスアルゴリズム(DPoS+qBFT)、高性能デュアルスマートコントラクトエンジン(Lua+WASM)を実現しています。

分散化のコンセプトにこだわり、統合されたDeFiエコシステムの構築を目指し、ステーブルコインWUSDと分散型担保融資システムWayki-CDP、Wayki-DEX、分散型シンセ資産プロトコルWayki-Xなどを発表してきました。WUSDの注目すべきユースケースとして、香港の革新的なプレIPOでの投資やW Brokerでの海外決済などがあります。

WaykiChainは分散化のビジョンに従い、パブリックチェーンのセキュリティと安定性をさらに向上させ、より多くの価値を生み出し、そのビジョンを外部と共有するために、インフラストラクチャ(パブリックチェーンとエコシステムアプリケーション)のアップデートを続けてきました。また、2021年1月5日、スーパーノード選挙をグローバルに開催することを発表します。

WaykiChainスーパーノード選挙の詳細についてはWaykiChain公式ウェブサイトをご覧いただくか、MediumにてWaykiChain 公式アカウントもしくはWaykiChain Japan公式Twitterアカウント(@waykichainjp)をご参照ください。

本稿は企業が広報のために発信するプレスリリースです。CoinPostの執筆記事ではありません。
サービスのご利用・お問い合わせに関しては、直接サービス提供会社へご連絡ください。CoinPostは本稿で言及されたあらゆる内容について、またそれを参考・利用したことにより生じたいかなる損害や損失において、直接的・間接的な責任を負わないものとします。ユーザーの皆さまが本稿に関連した行動をとる際には、必ず事前にご自身で調査を行い、ご自身の責任において行動されるようお願いいたします。
▶️本日の速報をチェック!