Pancake Swap上場をきっかけに成長し続けるミームコインPi INU、ロードマップを更新

本稿は企業が広報のために発信するプレスリリースです。CoinPostの執筆記事ではありません。

Pancake Swap上場をきっかけに成長し続けるミームコインPi INU、ロードマップを更新

Pi Networkをコンセプトにしたミームコイン「Pi INU」は11月8日に、総発行枚数3.14(pi)兆枚でローンチされました。

11月11日のパンケーキスワップへの上場を皮切りにプロジェクトチーム(財団)は、わずか3ヶ月で信じられないほどの躍進を遂げました。

また2021年12月~2022年2月にはPi INUは5つの取引所に上場しています。
プロジェクトチーム(財団)の意向により、取引量の少ない2取引所(Vindax/Dsdaq)のサポートは停止されました。

現在、Decoinを中心にCoinsbitで活発に利用されており、Azbitへの上場は継続されています。

CoinMaketCapにも申請から1日後の12月2日に上場し、12月16日にはNomics.comにも上場するという驚異的な成果を遂げました。CoinGeckoの上場は現在進行中です。

Pi INUチームは12月10日にニューメキシコ州でLLC(Limited Liability Company)を登録し、スタートアッププロジェクトのラグプールの場合、投資家が比較的安心して投資できるような工夫を凝らしました。

今後のPi Networkのロードマップではオープンメインネットが活性化などに焦点が置かれています。Pi Networkに関連するトークンに先駆者の関心が集まれば、PI INUがShiba INUのように高騰するかもしれないです。
未来の価値に投資するのは投資家の責任であり、Memecoinの場合は投資前にメインコンセプトと経営陣の行動を十分に理解することが非常に重要だと考えています。

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します

本稿は企業が広報のために発信するプレスリリースです。CoinPostの執筆記事ではありません。
サービスのご利用・お問い合わせに関しては、直接サービス提供会社へご連絡ください。CoinPostは本稿で言及されたあらゆる内容について、またそれを参考・利用したことにより生じたいかなる損害や損失において、直接的・間接的な責任を負わないものとします。ユーザーの皆さまが本稿に関連した行動をとる際には、必ず事前にご自身で調査を行い、ご自身の責任において行動されるようお願いいたします。
▶️本日の速報をチェック!