BUIDL、トヨタファイナンシャルサービスとVehicle ID/Personal ID基盤の構築 およびID間連携に関する実証実験を完了

Securitize Inc.(本社:⽶国、代表取締役:カルロス・ドミンゴ、以下Securitize)の完全⼦会社である株式会社BUIDL (本社:東京都中央区、代表取締役:ジェームス・エイチ・フィン)とトヨタファイナンシャルサービス株式会社(本社:愛知県名古屋市、代表取締役社⻑:福留 朗裕)は、ブロックチェーン技術が幅広い領域における基盤技術となる可能性を⾒据えて、Vehicle ID/Personal ID基盤の構築およびID間連携に関する実証実験を完了いたしました。本実証実験は、2019年4⽉に設⽴されたトヨタグループ横断のバーチャル組織「トヨタ・ブロックチェーン・ラボ」における取り組みの⼀つです。

本実証実験の概要

Personal IDは、将来的にトヨタグループのみならずあらゆる場所で利⽤できる共通IDとして、消費者⾃⾝で情報を管理できる⾃⼰主権型IDをコンセプトに開発を⾏いました。発⾏、証明書を利⽤した認証や、Personal IDに紐づく契約締結、それに加えてポイント⽀払いなどの処理を実装しています。

また、Vehicle IDでは⾞両情報の登録、整備情報の記録、情報閲覧権限の管理、所有権の移転などが可能な基盤を構築しました。Vehicle IDに紐付く⾞両情報は、Personal IDに紐づいた所有権や閲覧権限を元に制御されるよう、相互の基盤は連携して動作します。スケーラビリティが必要な処理はレイヤー2技術を使⽤、秘匿 化が必要なVehicle IDに関してはコンソーシアムで管理するなど、⽬的に応じてシームレスに動くような設計となっています。

なお、今回の開発はQuantstamp社と両社の知⾒を持ち寄り開発が完了しました。

これらの環境のもと、検証観点に基づいたシナリオを⽤いて実証実験を⾏い、Vehicle ID/Personal ID基盤の連携による権限管理などにおいて、ブロックチェーン技術の有⽤性を確認できました。

Securitizeはデジタル証券発⾏の⽀援に注⼒へ

BUIDLは、2019年12⽉、デジタル証券を作成することでグローバル資本市場の近代化を進めているSecuritizeの⼦会社となりました。BUIDLとしての経験、世界で豊富な実績のあるSecuritizeプラットフォームを活かし、デジタル証券市場の拡⼤に寄与し、⽇本企業のデジタル証券発⾏を総合的にサポートしていきます。

トヨタ・ブロックチェーン・ラボに対しても、当該領域における強みを活かし、引き続き Securitize としてご⽀援を継続できればと考えております。

【会社概要】

■Securitize, Inc.
代表: CEO カルロス・ドミンゴ
設⽴:2017年12⽉
本社: ⽶国サンフランシスコ
事業内容:デジタル証券の発⾏および管理
ウェブサイト: https://www.securitize.io
連絡先: info@securitize.io

Securitizeは、所有・管理が簡単で、⾼速な取引が可能なデジタル証券の開発を通して、資本市場の近代化を⽬指しています。 Securitizeプラットフォームおよびプロトコルは、デジタル証券のライフサイクル全体に対応する実績のあるフルスタックソリューションを提供します。 SecuritizeのDSプロトコルは、業界で最も採⽤率が⾼く、コンプライアンスに準拠したシームレスな取引を複数の市場において同時に可能にします。
Securitizeが⽀援しているデジタル証券は、公開市場で既に国際的にに取引されており、今後さらに増える予定です。

■Securitize Japan (株式会社BUIDL)
代表者:代表取締役 ジェームス・エイチ・フィン
設⽴:2018年9⽉
所在:東京都中央区⽇本橋室町2-1-1 ⽇本橋三井タワー 6F
事業内容:コンサルティング、システム開発、デジタル証券発⾏ソフトウェア提供
ウェブサイト:https://www.buidl.jp/

お問い合わせ 広告掲載はこちら