CoinPostで今最も読まれています

リップル社が550億XRPのロックアップ完了を公式発表/価格も大幅に上昇を記録

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

リップル(XRP)が550億XRPのロックアップを完了
リップルがロックアップを完了したことにより、今後市場に出るXRPが判断しやすくなる。
リップル社からの公式発表、今後の展望
変わらず、リップルのVisionはValue of Internetの世界を実現させることを目指しています。

市場に出回るXRPは全体の発行枚数の一部でしかありません。現在リップル社発行枚数が630億XRPを保有し、そのうちの90%にあたる550億XRPが本日ロックアップされました。今後価格の上昇も予想されます。

ロックアップとは?

XRPは元から総発行枚数(上限1,000億XRP)が多く、その多くを未だリップル社が保有することから、多くのXRPが市場に出ることにより、枚数(市場供給量)が増える分価格が下がるということがXRP保有者に付きまとう懸念点でした。

しかし、今回ロックアップされたことにより市場に出回るXRPが現在市場に出ているXRPのみとなります。

より安定した市場を供給するためそして、変動の激しい仮想通過市場でもより良いボラティリティーバランスを保つためにもリップル社が以前より約束をしていた、ロックアップを12月8日に完了しました。

XRPロックアップ概要

12月8日本日リップル(XRP)保有する630億XRPのうち90%の550億XRPがロックアップが完了しました。

2018年以降は毎月一日に550億XRPのうち、10億XRP分がロックアップ期限を迎え、リップル社がXRPをその分市場に放出することができます。

また、その月で10億XRPに到達しなかった場合余ったXRPは再度55ヶ月間ロックアップされます。

また、リップル社は過去18ヶ月、毎月平均300M XRPを放出(売却)を行っていたと発表しています

ロックアップ完了後リップル社公式アナウンス、今後の展望とは

2017年夏に私達はいつでも、XRP供給の確実性を生み出すために、暗号で保護されたエスクロー口座に550億のXRPを配備することを約束しました。

そして、本日8日約束通り、ロックアップを完了致しました。

ロックアップをしたことにより、XRPの市場の供給量が計算できるようになり、投資に置ける判断がしやすくなります。

よりXRP保有者の方々に安心して取引が行える環境が整いました。

このロックアップにてリップル社はより安定した流動性、健全で信頼の置けるXRP市場構築をさらに深めることができるでしょう。

また、デジタル資産の価値がその有用性により決定されます。XRPの課題は銀行、決済プロバイダーおよび企業が直面するグローバルな支払いおよび流動性を変えることです。

この数兆ドルの問題を解決するために設計されたリップル社の明確な制度上のユースケースを持つ唯一のデジタル資産として今後も確率するでしょう。

理由のない期待だけの投機を推し進めている投資家もいますが、XRPに関しては機関投資家も十分に市場の将来性を理解し投資をしております。

また、政府、規制当局、中央銀行からグローバルシステムでリップル社の果たす役割を認識していると言えるでしょう。

XRPは、ビットコインの優れた点を超えて、BTCやETHよりもはるかに速いトランザクション速度と効率性を実現します。

他のデジタル資産は引き続き取引限度額にぶつかりつつありますが、XRPは世界で最も高速で、最も効率的でスケーラビリティの高いデジタル資産であり、支払いにとって最高のデジタル資産と言えるでしょう。

国境を越えた支払いに大いに必要なオンデマンド流動性を提供するために、機関がXRPを検討していることは驚くことではありません。

リップル社のビジョンは変わりません。今日の情報の速度のようにお金が動くValue of Internetの世界を実現させるのが私たちの使命です。

Ripple Escrows 55 Billion XRP for Supply Predictability

Dec 7, 2017 | Team Ripple

参考記事はこちらから
リップル(Ripple)ニュースまとめ : 価格変動に関する最新情報を随時更新
仮想通貨リップル(Ripple)のニュースをまとめた特集記事です。価格変動に関わる最新ニュースや取り扱い取引所、ウォレットについての最新情報を更新していきます。
『早割』終了まで
0
0時間
0
0
さらに!! CoinPost読者限定割引コード提供中!
クリックしてコードをコピー
CoinPost App DL
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
07/13 土曜日
09:55
ソラナ基盤のDePIN「グラス」、クローズドベータ版の最終段階へ
ソラナ基盤のDePINプロジェクト「グラス」は13日、クローズドベータ版の最終エポックを日曜日に始まると発表した。より大規模なネットワーク構築へ向けて普及を進めている模様だ。
08:00
コインベース、今後の仮想通貨相場を分析
24年3Qの仮想通貨市場は価格変動が大きくなる可能性があると分析したレポートをコインベースが公開。その根拠を説明している。
07:20
米ジェネシスもビットコイン売りか、弁済のため1200億円相当を取引所へ入金
破綻した仮想通貨融資企業ジェネシス・トレーディングにリンクするウォレットから、コインベースに12,600 ビットコインを送金していたことが判明した。
06:55
ドイツ政府売り終了か、ビットコイン残高ゼロに
ドイツ政府の連邦刑事警察庁(BKA)の仮想通貨ビットコインの売圧はついに終焉を迎えたようだ。13日早朝、そのウォレットの残高はゼロとなった。
07/12 金曜日
18:00
ドージコインの価格動向と将来性 イーロン・マスクとの関係や決済機能の近況
主要なミームコイン、暗号資産(仮想通貨)ドージコインの価格予想、将来性、リスク、企業決済導入の動きについて解説。イーロン・マスク氏との関係やXでの決済導入にも注目。
17:30
JPモルガンのビットコイン市場予測 8月に反発か
JPモルガンは、仮想通貨ビットコインの生産コストや金価格を考慮し、市場全体への資金流入予測を120億ドルから80億ドルに引き下げた。ビットコインの大量売却が7月中に緩和し、8月以降の市場反発が期待される。
13:45
米連邦地裁、コインベースによるゲンスラーSEC委員長のメール開示請求を批判
米連邦地裁のファイラ判事は、米大手取引所コインベースが証券取引委員会に対する訴訟で、ゲンスラー委員長の私的通信の開示を求める申し立てを行ったことについて強い懸念を示した。
12:33
米CPIポジティブでビットコイン上昇も、買い続かず
暗号資産(仮想通貨)相場ではCPI(米消費者物価指数)発表を受けビットコイン(BTC)が一時上昇するも、レジスタンスライン(上値抵抗線)で阻まれ下落に転じた。
11:40
「仮想通貨保有者は超党派」米コインベースの大統領選挙関連調査
米コインベースは大統領選と仮想通貨に関する調査を発表。共和党、民主党いずれの支持者にも同程度、仮想通貨ユーザーがいるとしている。
11:00
ソラナ基盤の「DePlan」、遊休サブスクをレンタルして収益化
仮想通貨ソラナ基盤DePINプロジェクト「DePlan」が概要を発表。ユーザーは購読しているアプリの未使用部分をレンタルして収益化できる。
09:50
パクソス、米SECによるBUSDの調査が終了したことを発表
BUSDは有価証券ではないと主張してきたパクソスは、米SECの調査が終了したことを発表。BUSDについて、SECは同社を提訴しないと決断したと説明した。
08:20
Coinbase Walletの新たなウェブアプリ、仮想通貨ポートフォリオを360度でチェック可能
仮想通貨取引所大手コインベースは12日、新版のCoinbase Walletのウェブアプリをローンチした。より利便性の高いユーザー体験を提供する機能を導入している。
07:25
ソラナミーム仮想通貨BONK、840億トークン焼却(バーン)へ
ソラナ基盤の大型仮想通貨ミームコインBONKの保有者たちは12日、約840億トークンを焼却する提案を採決した。
07:00
ビットコイン、短期保有者の取引活発化か
仮想通貨取引所のビットコイン残高が増加傾向にある。CryptoQuantの幹部によれば、短期保有者の取引が活発化している可能性が高いという。
06:55
ビットコイン保有の米マイクロストラテジー、1株を10株に分割へ
仮想通貨ビットコインを最も保有する米上場企業マイクロストラテジーは11日、株式の10分割を発表した。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア
イベント情報
一覧
2024/07/17 09:00 ~ 18:30
東京 東京ミッドタウン八重洲
2024/07/18 ~ 2024/07/19
東京 国立新美術館
2024/07/22 18:00 ~ 21:00
東京 銀座 日東コーナー 1948
重要指標
一覧
新着指標
一覧