リップル(XRP)が世界中の取引所50ヶ所でトレード可能に

取引所の増加
Ripple社コインのXRPは、世界中の50の取引所でトレードが可能になりました。
流動性の向上が必須
XRPは不換紙幣に対応できるほどの高い流動性が必要となる上、世界中で幅広く取引可能にするために大手仮想通貨取引所に上場する必要があります。
スマホアプリで移動時も簡単取引
交換業者 通貨 特徴
スマートフォンで急激な価格変動時も即座に取引可能。
全ペア取引手数料0%キャンペーン実施中。
BTCFXに定評、下落相場も利益を狙える。
アルトコインのレバレッジ取引で最多通貨ペア(14種類)。
ETH,XRPの板取引も対応。BTC取引高No.2

XRPを取り扱う取引所が増えている

仮想通貨市場はヒートアップしています。

たくさんの新しい通貨が、『より早く優れた決済』を謳い市場参入しています。世界中の注目を浴びている仮想通貨市場時価総額は今年8月の時点で、993億ドル(約10.6兆円)を記録し、その額はたった4ヶ月で6000億ドル(68兆円)に達しました

たくさんの仮想通貨が誕生している中、XRPが最速かつ最もスケーラブルな資産であることに変わりはありません。

市場はXRPのスピード、信頼性、スケール力に魅了され、取り扱う取引所でXRPの需要は増えています。

今年度初旬、XRPを取り扱う取引所は僅か6ヶ所でしたが、本日をもって世界中の取引所50社でXRPの取引が可能になりました。

XRP需要の増加は、市場がxRapidを使い金融機関向けの流動性ツールとしてより速くスケーラブルな通貨を求めている証拠です。

その目的を果たすために、XRPは不換紙幣に対応できるほどの高い流動性が必要となる上、世界中で幅広く取引可能にするために大手仮想通貨取引所に上場する必要があります。

Ripple社はこのイニシアティブに資産を投資しているので、進行中のプロセスを見ることができます。

大手市場に広がるXRPのリーチ

既に上場された取引所に加え、最近では下記の大手取引所に上場されました。

これにより増大するXRPの需要に応えていきます。更に、XRPがグローバル決済システムを現代化させる仮想通貨として一段と強調されます。

XRPコインは以下の取引所でトレードが可能になりました。

  • CEX.IO — イギリス最大取引所の一つ、一日平均取引総額9400万ドル(約106.6億円)
  • GMOCoin — 日本市場を先導する取引所
  • Huobi.pro — シンガポール大手取引所、一日平均取引総額7.87億ドル(892億円)

XRPはグローバル決済の抵抗をなくす大手仮想通貨

XRPの長期的価値は、金融機関が新興市場に出入りする際の流動性を確保するための能力を含むユーティリティに定められます。

事実、金融機関は既にXRPを流動性ツールとして利用し、クロスボーダー決済の手数料を削減しています

Ripple 事業開発部SVP Patrick Griffinは、

『市場は、XRPが金融機関に流動性を与える、最もスケーラブルで、最速のグローバル決済仮想通貨として注目しています。 さらに、世界50以上の取引所に上場されていることは、XRP通貨を世界中で取引可能にするだけではなく、情報のような速さで送金を可能にするInternet of Valueも増価させます』

と述べました。

XRP Now Available on 50 Exchanges Worldwide

Ripple.com Dec 21, 2017 | Team Ripple

参考記事はこちらから

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

CoinPost編集部coin_postCoinPost -仮想通貨情報サイト-

海外から配信されることの多い仮想通貨情報の中で、重要となる内容を厳選して日本人の投資家の皆様にお届け致します。 Twitterでの最新ニュースや、Facebookでのイベント活動日記の投稿も行なっています。