「リップル vs SWIFT」世代交代のジレンマは克服できるのか

RippleとSWIFT
Ripple(リップル)における「xCurrent、xRapid、xVia」といった優れたプロダクトの導入が実現すれば、海外送金や銀行間決済における旧来のシステム「SWIFT」を遥かに凌駕するメリットを提供できます。
世代交代できるのか
しかし、国際的な金融市場で長い歴史を持つスキームに関する”既得権益問題”もあり、世代交代は一筋縄では行きません。当記事では、どのような問題があるのかを解説しています。
スマホアプリで移動時も簡単取引
交換業者 通貨 特徴
スマートフォンで急激な価格変動時も即座に取引可能。
全ペア取引手数料0%キャンペーン実施中。
BTCFXに定評、下落相場も利益を狙える。
アルトコインのレバレッジ取引で最多通貨ペア(14種類)。
ETH,XRPの板取引も対応。BTC取引高No.2

大きく飛躍したリップル

リップルは、仮想通貨における”2017年のMVP”と言っても過言ではありません。

デジタルアセット(XRP)の価格は、約+30,000%を超える桁外れの上昇を記録したからです。

またリップルは、銀行および金融機関と契約・提携することで、大いなる進歩を示しました。

リップルのCEO「Brad Garlinghouse」氏によれば、現在では”週に1行”というハイペースで新規契約が行われています。

さらに、RippleNetの有名な顔ぶれとしては、MoneyGram、American Express、Western Union、Standard Chartered、Santander、Unicredit、MUFG、そしてBBVAなどが含まれています。

「RIPPLE VS SWIFT」の構図

大手銀行および決済ゲートウェイによる財政搾取から世界を救うミッションを通して、ある意味でリップルはSWIFT(スウィフト)を敵に回したことになるでしょう。

約45年前の設立以来、国際的に銀行間の財政情報の共有を促進してきた旧来のネットワークがSWIFT(スウィフト)です。

スウィフトは、国際振替業界において長い間”寡占状態”にありましたが、リップルの出現と台頭によりその立場が危ぶまれています。

リップルは、スウィフトに対していくつかの利点を有しており、それらはリップルの決済ソリューションのテストを始めた金融機関の数にも反映されています。

リップルは、「xVia、xRapid、xCurrent」を含む極めて優秀なプロダクトをもって、スウィフトと世代交代するための準備を整えてきました。

旧来のシステムである、スウィフトに関する取引の遅さは有名です。

たとえば、国境を越えた海外送金や銀行間振替には、一般的に3-5日を要することになり、現在が”情報過多の時代”であることを考慮すると、時代に取り残された信じ難い遅さと言えるでしょう。

銀行間振替にはかなりのコストがかかる上、5%前後に上るエラー率も問題視されています。

その点、リップルによる革命は、取引を処理する時間を「約5日→約4秒にまで大幅短縮する、迅速な決済ネットワーク」を用いて、状況を一変させました。

さらに、リップルネットワークはきわめて安価です。(0.00001リップル:現在の市場価格では0.0000053ドル(約0.000568円))。

見えざる力の方程式

リップルの決済システムが段違いに優れているのは前述した通りでありますが、だとすれば、どの銀行もスウィフトから「RippleNet」へと移行するべきと考えているのでしょうか。

いいえ、現実はそう単純ではありません。スウィフトは単なる決済ネットワークではないからです。

中央集権型システムであるスウィフトには、大手銀行、業界関係者、政府などのいわゆる”既得権益”が深く携わっており、この勢力図に干渉することは、一筋縄ではいかないという現状があります。

2012年、特定のロビイスト(個人または団体が政府の政策に影響を及ぼすことを目的として行う私的な政治活動)がスウィフトに対し、イランのネットワーク利用を禁止するよう圧力をかける運動を始めました。

彼らは、非人道的行為や独裁的リーダーシップを理由にイランに対する非難を繰り広げました。

米国議会の上院もロビイストの要請に合意したことで、スウィフトへの圧力は一層強まる形になりました。

そして2012年3月17日、最終的にはEU(欧州連合)により、複数のイラン銀行がスウィフトから切り離される結末を迎えたのです。

豊富な石油資源を持つ国家に対する「禁止措置」の影響は、想像以上に甚大かつ広範囲に及ぶことになります。

海外送金の経路を絶たれたことで、イランにおける多くの産業はさまざまな危機に直面しましたが、この禁止措置は2016年に解禁され、現在イランの銀行はスウィフトネットワークに再びアクセスすることができるようになりました。

そう、これがスウィフトの政治的意義の一つであり、ある種の政治的圧力と言える部分です。

世界的に影響を及ぼす”権力”は、国内および国際取引を管理するために利用され、万が一裏切り者とみなされた場合、国際振替を禁止されてしまいかねないのです。

お咎めを受けた国の経済は早ければ数ヶ月で疲弊・崩壊し、「再加入を懇願する」選択肢しかなくなってしまうでしょう。

抱えるジレンマ

しかし、この中央機関の”力”は、中央チャネルではなくノードに頼るリップルネットワークによって脅かされ始めています。

リップルネットワークの導入が叶えば、ユーザーに対する利点が計り知れないのは明らかですが、同時に銀行や政府から”権力”を剥奪するリスクを伴う可能性も指摘されています。

これが現在、リップルが直面している難問の一つです。

ネットワークを利用するために必要な銀行こそが、ライバルであるSWIFT(スウィフト)を管理している機関そのものでもあるわけです。

それでも銀行は、国際送金および政治的資産を譲渡してでも、ブロックチェーンを利用した「RippleNet」にスムーズに移行するのでしょうか。

それともRippleNetは、銀行が管理する新たな中央集権型ブロックチェーンネットワークに置き換えられてしまうのでしょうか。

どのような未来が待ち受けているかは、時が経てばハッキリするはずです。

CoinPostの関連記事

リップル社プロダクト(RippleNet、xCurrent、xRapid、xVia)の違いと採用企業まとめ
リップル社のプロダクト(RippleNet、xCurrent、xRapid、xVia)と採用企業をまとめました。Rippleのプロダクトのうち、XRPが利用されるのはxRapidです。提携企業がどのプロダクトを採用するかに注意が必要です。

Ripple vs. the Establishment: What Many Don’t Know

April 4, 2018 by Steve Kaaru

参考記事はこちらから

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

CoinPost編集部coin_postCoinPost -仮想通貨情報サイト-

海外から配信されることの多い仮想通貨情報の中で、重要となる内容を厳選して日本人の投資家の皆様にお届け致します。 Twitterでの最新ニュースや、Facebookでのイベント活動日記の投稿も行なっています。