仮想通貨ステラがIBM・KlickExと提携、国際決済システム構築を目指す

StellarがIBM、KlickExと提携し、国際決済の新システム構築を目指す
リップルをベースにした個人向け決済用仮想通貨であるステラ(Stellar)が、IBMやKlickEXとの提携を発表
従業員を数十万人抱える世界最大級規模の企業であるIBMとの提携は、非常に重要なニュースです。全世界の銀行などの金融機関と連携したステラの技術を使用することで、決済時間を短縮し、リアルタイムで行えることを目的とする新しい国境を超えた決済システムを構築するプロジェクトとのことです。

Ripple(リップル)の初期開発メンバーであり、マウントゴックスの創設者であるジェド・マケーレブ氏が中心となって開発されたステラ(Stellar)がコンピューターのシステムなどを開発してきたIBM、通貨交換サービスを提供するKlickExと提携し、全世界の銀行などの金融機関と連携したステラの技術を使用することで、決済時間を短縮し、リアルタイムで行えることを目的とする新しい国境を超えた決済システムを構築するプロジェクトを発表しました。

またこのプロジェクトを成功させるために、ナショナル・オーストラリア銀行(オーストラリア国内最大の資産を保有)、トロント・ドミニオン銀行(カナダ五大銀行の一つ)、日本からも三井住友フィナンシャルグループなどと協力し、進めていきます。

IBMのブロックチェーン開発担当者のJesse Lund氏は

「ブロックチェーン技術は国境を超えた決済を促進するために生まれ、世界中の金融機関も関心を持っています。私たちの仕事は複数の異なるタイプのデジタル資産をサポートしていくことです」

と述べています。

Stellarのジェド・マケーレブ氏は

「この新しいイノベーションとコラボレーションは、Stellarだけでなく金融技術業界全体にとっても重要な経過点です。複数の統合通貨の国境を超えた決済を促進するために、パブリックブロックチェーン技術が初めて使用されています。現在、国境を越えた決済には数日かかり、この新しいシステムは、南太平洋地域の開発途上国の既存の国際取引を改善し、大きな影響を与える可能性があります。同様に、IBMとその銀行パートナーによって完全に整えられれば、世界中で資金が移動する従来のシステムを変える可能性があります。 Stellarは革新的な国境を超えた決済ソリューションの開発と世界的な導入についてIBMとKlickExと協力することに興奮しています」

と述べました。

IBM and KlickEx Choose Stellar to Power the Future of Cross-Border Payments

October 15, 2017 by Stellar Team

参考記事はこちらから
スマホアプリで移動時も簡単取引
交換業者 通貨 特徴
スマートフォンで急激な価格変動時も即座に取引可能。
全ペア取引手数料0%キャンペーン実施中。
BTC出来高No.1、国内最大手交換業者。
BTCFXに定評、下落相場も利益を狙える。
ETH,XRPの板取引も対応。BTC取引高No.2

発表を受けて

仮想通貨ステラのチャート

この発表は現在カナダのトロントで行われているRipple主催のSWELLに合わせてなされたものではないでしょうか。

提携が発表されたことを受けて、Stellarの取引量が増加し価格も上昇し、世界中から注目を集めています。このプロジェクトが進行し、世界の決済システムに革新的な変化をもたらすことができれば、金融・経済も大きく変化するでしょう。

CoinPostではこれから連日SWELLについての記事を投稿する予定です。Twitterと合わせてチェックしてみて下さい。

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

CoinPost編集部coin_postCoinPost -仮想通貨情報サイト-

海外から配信されることの多い仮想通貨情報の中で、重要となる内容を厳選して日本人の投資家の皆様にお届け致します。 Twitterでの最新ニュースや、Facebookでのイベント活動日記の投稿も行なっています。