ブロックチェーン事業が犯す5つの過ち

概要
テック産業でブロックチェーン技術が流行して以降、ますます多くの企業がさまざまな事業にブロックチェーン技術の研究、試験、実用を始めています。しかし、市場の状況の原因もあり、これらのプロジェクトの多くは技術を十分に理解しない開発者により公共使用の前に中止になります。

本記事では、ビジネス面や企業のブロックチェーンプロジェクトが犯す5つの主な過ちを取り上げます。

スマホアプリで移動時も簡単取引
交換業者 通貨 特徴
スマートフォンで急激な価格変動時も即座に取引可能。
全ペア取引手数料0%キャンペーン実施中。
BTC出来高No.1、国内最大手交換業者。
BTCFXに定評、下落相場も利益を狙える。
ETH,XRPの板取引も対応。BTC取引高No.2

トレンドには乗るが、ブロックチェーンの本来の目的を誤解する

多くの企業が流行りに乗ろうとブロックチェーン事業を実用しようとしています。

そうすることで、多くは本来の目的やブロックチェーンネットワークの欠点を慎重に調査することを怠ります。プロジェクトが成功するためには、ブロックチェーン技術の持つ不安要素を解消するためのエコシステムを実用した信頼できるモデルが必要となります。

徹底的にスマートコントラクトをリサーチすることに失敗する

スマートコントラクトはブロックチェーン技術の結晶ですが、いくつかデメリットが存在します。

それらは管理能力、監査能力、スケーラビリティの不足です。さらに多くのスマートコントラクトの実施に必要な法律体制は未だ整っていません。よって、プロジェクトにスマートコントラクトが関係する場合、開発者は運用管理政策管理を徹底し、法律的な疑問点を無くさなければいけません。

ブロックチェーン技術が公共で使える準備ができていると仮定してみると

多くの人がブロックチェーン技術が主流になってほしいと願っていますが、技術は未だに初期段階です。

事前の試験、教育、研究なしでブロックチェーン事業が一般公開することは大惨事を招きます。さらに、その技術の使用は法律や規制上の観点を説明されなければいけません。

外部委託によって企業や公衆の教育を怠る

経験が不十分なため、一部の企業はブロックチェーン技術の開発を外部委託する可能性があります。

これ自体に問題はないのですが、企業や公衆の教育に多くの時間をかけることの大事さを理解しなければ大きな失敗を招きます。企業らは現状のブロックチェーンソフトウェアの制限を十分に理解する必要があり、様々な種類のコードビジネスモデルプラットフォームを使い実験し、成功させる必要があります。

ストレージツールとしてブロックチェーン技術を使用する

確実にブロックチェーンはデータの貯蔵ができますが、そのデータ管理能力はそれほど良くはありません。

よって、データ保存の目的だけにこの技術を実用することは最適な方法ではありません。開発チームはブロックチェーン使用によって会社に利益を得られることを確実にしなければなりません。

Top 5 Mistakes Made by Business Blockchain Projects

著者:October 26, 2017 by Daniel Dob

参考記事はこちらから

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

CoinPost編集部coin_postCoinPost -仮想通貨情報サイト-

海外から配信されることの多い仮想通貨情報の中で、重要となる内容を厳選して日本人の投資家の皆様にお届け致します。 Twitterでの最新ニュースや、Facebookでのイベント活動日記の投稿も行なっています。