アルトコインプロジェクト情報(日本語要約)

09/11 金曜日
13:53

アルゴデスク(Algodesk)がアルゴランド財団開発賞を受賞

2020年09月11日、徹底した審査と選考の結果、Shiva Prasad氏によるアルゴデスク(Algodesk)が開発賞を受賞したことを発表。アルゴデスクは、アルゴランドのネットワーク上に分散型アプリやスマートコントラクトを構築するための、オープンソースで開発者に優しいウェブベースのツールである。今回の開発賞では、資産管理ポータルとTEALスマートコントラクト用のWeb IDEが対象となった。
[出典元]
7:57

広告の通知に関するお知らせ

表示されている広告通知をクリックできない場合があり、閉じるは動作は可能。現在の作業理論では、ユーザーの地域に属していない広告が使用/表示されているときに発生。
[出典元]
0:54

Kyberエコシステムレポート#18

Kyberは、最高の流動性プロトコルとアセットスワップを構築するために真摯に取り組んでおり、主流の採用に向けての拡大やその他の課題を乗り切るための強力なロードマップを有している。同レポートでは、過去30日間の技術的進歩、オンチェーン活動、ガバナンスについて紹介している。
[出典元]
09/10 木曜日
17:05

Ethereum Classic LabsがStorj Labsと提携

Storj Labsと共同で、Core-gethのFreezer機能とStorjの分散型クラウドを使って、Ethereum Classicノードの同期性能を信頼性の高い方法で大幅に向上させる方法を実演。
[出典元]
16:49

OScoreについて

OScoreは、Ontologyブロックチェーンに保存されているユーザーデータに基づく自己主導の信用評価システムであり、Ontologyの分散IDフレームワークであるONT IDの完全な統合により、OScoreはクロスチェーンの相互作用と検証可能な資格情報をサポートし、ユーザーIDをOntologyブロックチェーン上の個人アカウントに接続し、プロセスから第三者を排除する。ユーザーが財務データを承認すると、OntologyのOScoreシステムは定量化可能なクレジットスコアを生成し、ユーザーのプライバシーは完全に保護される。
[出典元]
16:09

Ledger Nano Xチュートリアルによる鍵の再生成

新しいRekeying Featureの最新リリースの後、アルゴランドウォレットのユーザーは、取引の署名方法とアカウントの管理方法に関して、より多くの制御と柔軟性を持つようになった。これにより、アルゴランドウォレット内に2つの追加ワークフローが提供。また、2つのワークフロー追加方法をチュートリアルにて説明。
[出典元]
15:43

隔週レポート(2020年08月15 日 ‐ 2020年08月29日)

このレポートでは、DeFi領域に向けてスマートコントラクトをアップグレード、Planet Watchのメインネットリリースといった、開発状況、ネットワーキング、イベント情報、ファイナンス、ロードマップ、パートナーシップ、ソーシャルメディア情報などを報告。
[出典元]
12:02

Issue:No.58

2020年09月10日、「メリディアン2020」の登録が開始、「Horizon v1.8.0」がリリース、新たな「ステラポッドキャスト」が登場など今週の出来事を報告。
[出典元]
10:51

USDCの公式チェーンとして発表およびメインネットで提供へ

2020年09月09日、Centre Consortiumは、アルゴランドがUSDコイン(USDC)の公式ブロックチェーンとなったことを発表。また、アルゴランド向けに新たにリリースされたUSDCのメインネット実装は本日より利用可能であり、Circleペイメント、ウォレット、マーケットプレイス、ビジネス・アカウントAPIを含むCircleのプラットフォームサービスとAPIのファミリー内でアルゴランドのサポートが一般的に利用可能となった。
[出典元]
10:29

市場がチェーンを作る理由

オンチェーンマーケットメイキングの現状、Defiでの機会、およびマーケットメーカーがこのエキサイティングな新しいエコシステムを開始し、収益性を達成するのをどのように支援できるかについて発表。
[出典元]
7:57

アップグレードに関するお知らせ

Chromium 85.0.4183.83からChromium 85.0.4183.102にアップグレードすることを発表。マイナークロムバンプにはAndroidの修正のみが含まれている。
[出典元]
09/09 水曜日
15:29

クロスボーダー決済におけるブロックチェーンとデジタル資産の役割

国境を越えた支払いは転換期にあり、ブロックチェーンテクノロジーとXRPなどのデジタルアセットにより、スムーズな国境を越えた決済体験を実現。デジタルアセットXRPを使用して資金を目的の口座にすぐに送信できるようにするオンデマンド流動性(ODL)と呼ばれるソリューションを開発。これに伴い、RippleNetは、国境を越えた支払いの決済期間を3日からわずか3秒に短縮し、このプロセスを真に摩擦のないものにすることが可能となった。
[出典元]