アルトコインプロジェクト情報(日本語要約)

08/25 火曜日
16:09

標準アップデート#2

Braveは、Web、Webブラウザー、ツール、および標準化団体で行う擁護活動におけるプライバシーの向上に取り組んでおり、この投稿で共有されている懸念事項は、ブレイブがWeb標準がプライバシー、透明性、およびユーザーコントロールに焦点を合わせ続けるようにするための取り組みの一例にすぎない。これらの懸念に対処するためにWebBundleの作者と時間をかけて作業を試みたが、成功しなかったため、この投稿で説明されたプラ​​イバシーとセキュリティの問題が解決されるまで、GoogleとWebBundleグループがこの提案の開発を一時停止することを強く推奨している。
[出典元]
14:50

#HackStacks開始に関するお知らせ

2020年09月09日、#HackStacks開始を発表。Stacks 2.0 Hackathonシリーズの一部としてマイナーとスタッカー向けのツールと製品を構築して報酬を獲得できる。
[出典元]
14:44

ステートレステックツリー:reGenesisエディション

Ethereum 1.xの研究開発における新たな大きなマイルストーンを反映させるためにテックツリーを改訂。技術ツリーに追加された最も重要なものは、Alexey氏のreGenesisの提案であり、多くの点でreGenesisを補完するものとして、静的ステートネットワークがある。これは、状態スナップショットと履歴チェーンデータをビトレントスタイルのDHTベースのネットワークで配布するのに役立つのと同時に、コードのメルクレ化やステートのバイナリ・トライ表現のような、より近い将来の改良がEIP対応に近づいている。
[出典元]
8:48

アルゴランド独自の鍵管理アプローチ

アルゴランドの新しい鍵の再生成機能は、ユーザーがパブリック・アドレスを変更することなく、プライベート支払鍵を変更することを可能にした。リスクや非効率性を回避し、安全性の高い柔軟性を備えており、鍵の再生成は、デジタル・ウォレットやアカウントがアルゴランドのブロックチェーンを使用して有効になっている場所であればどこでも、鍵のユニークな機能性を可能にする。これにより、パブリック・アドレスの継続的な使用が可能となり、秘密鍵を変更するたびに運用上の一般費用が軽減、永久的な識別子としてそれを強固なものとした。
[出典元]
08/24 月曜日
12:00

TrustSwap 暗号通貨の信頼構築 & DeFiの変革実現

[出典元]
9:48

自動車産業の分散型アイデンティティを加速

自動車産業向けの新しい分散型アイデンティティを発表。安全かつ確実な方法でデータを記録、保存、および検証できるようにするブロックチェーンベースの分散デジタルIDソリューションの開発を通じて自動車業界での信頼構築に焦点を当てており、広い自動車産業およびドライバーにさまざまなメリットを提供。
[出典元]
08/21 金曜日
16:28

特典付与に関する機会への参加者へ

特典付与に関する機会への参加者へ特典付与の第2回目の分配日が近づいてきていることをお知らせ。2020年09月01日00時59分、第2回目の参加資格を得るためには、アカウントはラウンド番号8,793,000までのプログラム最低残高を維持する必要があり、08月25日00時59分までに、参加資格のあるアカウントのKYCを完了している必要がある。また、特典は09月03日03時頃に付与が行われる。
[出典元]
16:01

Dan Romero氏(Coinbase)が加わり議論

Blockstack PBCの成長責任者であるPatrick Stanley氏に、Dan Romero氏(Coinbase)が加わった。彼らは、ブロックチェーンと分散化されたインフラによって可能になった多くの刺激的で収益性の高い可能性にもかかわらず、なぜ採用が金融商品に向かう傾向にあるのかを探っている。ダンは、不換紙幣との競争や「お金を獲得する」ことを目的とした現在のプッシュは、最終的にはより主流のユースケースにプラスの結果をもたらすだろうと予測している。
[出典元]
14:50

ステートフル・スマートコントラクト説明

ステートフル・スマートコントラクトに関するビデオおよび説明を発表。ステートフル・スマートコントラクトに関するビデオと共に、21の利点と例文で説明しており、また今後追加される動画で、スマートコントラクトの組み合わせについて、より多くのことが分かるようになる。
[出典元]
12:59

Function X: Hash Out(8月号)

2020年08月25日、テストネット1.0から2.0になったことを発表。Function X財団によってテストネット1.0(別名 Beta 1)は目的を果たし、無事完了。その計画は、テストネット2.0(別名 Beta 2)に移行することになる。
[出典元]
7:57

サプライチェーンの透明性と持続可能性を強化

Trackgoodは、信頼性が高く、低コストで、実装が容易なサプライチェーン追跡および持続可能性影響追跡ツールである。ブランドがサプライチェーンの透明性を簡単に構築し、そのインパクトを消費者と自信を持って共有可能にし、完全性と信頼性は、Symbolのブロックチェーン技術に支えられている。Trackgoodは、影響データをより明確かつリアルタイムに表示し、倫理的位置付けを強化したい、または持続可能性をビジネスモデルに統合することを目指している確立されたビジネスでさえ望む、すべてのポジティブチェンジメーカー向けである。
[出典元]
6:14

サプライチェーンの透明性と持続可能性を強化

Trackgoodは、信頼性が高く、低コストで、実装が容易なサプライチェーン追跡および持続可能性影響追跡ツールである。ブランドがサプライチェーンの透明性を簡単に構築し、そのインパクトを消費者と自信を持って共有可能にし、完全性と信頼性は、Symbolのブロックチェーン技術に支えられている。サステナビリティをビジネスモデルに統合したいと考えている確立された企業など、ポジティブな変化を起こしたいと考えているすべての変革者のためにTrackgoodはある。
[出典元]