EthereumClassic 情報(日本語要約)

08/02 日曜日
15:32

イーサリアムクラシックチェーン再編成に関する声明

イーサリアムクラシックのネットワークが攻撃を受けたため、昨夜チェーンの再編成が行われ、問題は解決した。引き続き問題を調査しており、利用可能になり次第、詳細情報を提供。また、イーサリアムクラシックノードを操作する場合は、Core-geth、Hyperledger Besuのみを使用するよう推奨している。
[出典元]
07/30 木曜日
13:20

マネージドAPIサービスの開始に関するお知らせ

Bloq ConnectマネージドAPIサービスにEthereumとEthereum Classicのサポートが追加されたことを発表。これに伴い、開発者はアプリケーションをEthereum ClassicとEthereumブロックチェーンに簡単に接続して統合することが可能となった。
[出典元]
06/12 金曜日
9:59

WhiteblockのCEOであるZak Cole氏へのインタビュー

分散システムの開発およびテストを行うWhiteblock社のエンジニア兼、CEOのZak Cole氏にインタビューを行なったとのこと。インタビューでは、ブロックチェーンに対する考えや将来についてなど、同社の事業内容や役割と合わせてお話頂いたとのこと。
[出典元]
05/28 木曜日
12:54

ETC Labs Accelerator:HUT Consulting CEOへのインタビュー

ETC Labs Acceleratorは、コンサルティング会社であるHUT Consultingの浦田CEOと協力をして、ブロックチェーンとデジタルアセットのスタートアップに対してテクニカルサポートを提供していくとのこと。また、英語と日本語のバイリンガルである浦田CEOについて、様々な側面からインタビューが行われている。
[出典元]
05/14 木曜日
10:30

ChainBridgeの開発におけるChainSafeのサポートを発表

将来の相互運用性は経済的に持続可能でありながら問題を解決できるオープンソースソフトウェアを中心としたコンソーシアムを形成するプロジェクトに依存すると語った。
[出典元]
05/09 土曜日
10:10

イーサリアムクラシックラボ、OpenGSNとの提携を発表

GSNと統合すると、プロセス全体がプラットフォーム上で自動化される。ユーザーはDAppプロバイダーに最小限のコストでガスのない体験を得ることが可能だとした。
[出典元]
05/07 木曜日
12:09

ニューヨークGitcoinハッカソンの一部として5つの賞金を提供へ

Gitcoinはオープンソースコミュニティへの資金提供とコラボレーションツールを提供する一連の製品を通じて、オープンソースソフトウェアの成長を支援している。
[出典元]
04/11 土曜日
12:20

ブロックチェーン会社、COVID-19に対応するため地方自治体との連携を計る

州政府と地方自治体がCity ListenerとBlockchain Certificate Modulesを使用してコロナウイルスを軽減するため、政府をデジタルプラットフォームへの移行をサポートしているという。
[出典元]
03/24 火曜日
13:53

テクノロジーとエコシステムのさらなる進歩に向けチームを拡大へ

ジェシカ・スミス(事業開発部長)、Afri Schoedon(テクニカルアドバイザー)そして上級広報マネージャーにはKelsey Ruizを迎えた。
[出典元]
03/19 木曜日
12:16

新しいアジアコミュニティマネージャーとしてChristian Xuを紹介

彼は引き続き、既存の関係を育成および強化しながら、新しく豊かな魅力的な関係を築くことにより、イーサリアムクラシックアジアコミュニティに専念する予定だという。
[出典元]
03/18 水曜日
12:21

Ethereum Classic LabsがGitcoinと提携、ETCを使用のGitcoinバウンティ投稿を可能に

オープンソースプロジェクトに貢献して支払いを受けることができるプラットフォームであるGitcoin、およびEthereum Classic Labs(ETC)がETCを使用したGitcoinバウンティの投稿を初めて可能にするために提携した。
[出典元]
02/27 木曜日
12:05

Ethereum ClassicとChainlinkを搭載したOracleについて

オラクルはブロックチェーンと外の世界の間に架け橋を作ることを目標にし、外部接続ポイント(API)を再フォーマットすることにより、スマートコントラクトのこのオフチェーン接続が可能になり、2つの異なるソフトウェアアプリケーションがデータ交換に互換性を持つようになる。
[出典元]