FTX 情報(日本語要約)

05/20 水曜日

取引ボリュームに基づいて特定ユーザーに対し特典を付与

ユーザーは選択した取引ボリューム(ウェイトクラス)内で取引を行い、特定ユーザーに対して毎週特典が付与されるとのこと。ウェイトクラスは5つに分けられており、多くのユーザーに特典を得ることができる機会が用意されている。
[出典元]
05/07 木曜日

清算エンジン — クローバック発生可能性の大幅減少について

バックストップ流動性供給者プログラムはクローバックの発生を防ぐのに十分なものであると語り、テストでは20分間に40%の市場の動きがあったとしても、クローバックを引き起こす事はなかったようだ。
[出典元]
04/22 水曜日

原油先物取引を開始へ

OIL契約を取引するには、少なくともKYCレベル1である必要があり、米国、カナダ、欧州連合、英国、シンガポール、UAE、カンボジア、トルコ、または中国本土と香港の居住者(KYC または IPアドレスに基づく)の場合取引ができない事に注意が必要だ。
[出典元]
04/20 月曜日

MOVEコントラクトを使用し、独自暗号資産BVOLでレバレッジトレードが可能に

BVOLトークンは仮想通貨市場のインプライド‧ボラティリティと同じ変動をしようとするERC20トークン。またFTX MOVEコントラクトを使用し仮想通貨のインプライド‧ボラティリティの数字を手に入れる事が可能だ。
[出典元]
04/16 木曜日

FTX口座で注文指示が可能になる関数を公開

クオンツゾーンのルールがどのように機能、設計されているかについてされている。またFTXの他の商品同様に、アメリカのユーザーには提供されない事にも注意が必要だ。
[出典元]
04/14 火曜日

Quant Zoneルール、FTX口座で注文を指示する方法を更新

ルールが有効になっていてトリガーが発動した場合、一時停止ルールを使用しないで、トリガーの条件が満たされている限りアクションを実行し続けることに注意が必要だ。
[出典元]

新規追加暗号資産ハーフトークンについて

HALFトークンは、アービトラージ戦略、「安く購入し、高く売る」ことをトークン化する事を可能にするようだ。
[出典元]
04/07 火曜日

FTXの清算プロセスフローチャートを公開

今回のアナウンスではユーザーに透明性を示す一環としてFTXで実際に使われている清算のフローチャートを公開した。
[出典元]
02/17 月曜日

暗号資産TRUMP、ドナルドトランプが2020年の大統領選挙するか予想する先物を発表

FTXは最近2020年の大統領選挙市場を立ち上げ。暗号資産TRUMPはドナルドトランプが2020年の大統領選挙で勝利した場合は1、それ以外の場合は0で取引される先物。
[出典元]
02/05 水曜日

統合、ユースケースと収益、送金に注力へ

クリプトデリバティブの新しいフレームワークに移行をしてきたそうだ。これは金融業界の他の部分をより厳密に反映したためだとしている。
[出典元]
06/15 土曜日

マージン取引と先物取引の利点、欠点を比較

取引ボリューム、借用量、その利息や先物契約の流動性などを比較しながら選ぶことの重要性を語っている。
[出典元]