Hedera Hashgraph 情報(日本語要約)

01/13 木曜日
15:05

ミラーノードの概要と運用方法について

ミラーノードは、コンセンサスオペレーションと記録保持を分離することで、ノードが保有するデータの肥大化を防止する役割がある。ミラーノードの運用にはHedera、コミュニティ、自身での運用と選択肢がある。
[出典元]
01/06 木曜日
22:30

英国政府主催の試験でドローンレーダーシステムにHederaネットワークを活用

2022年1月6日、Neuronは英国政府主催の試験でドローンレーダーシステムにHederaネットワークを活用したことを発表。Neuronの今後のビジョンとしてドローン、エアタクシー、自律走行車、地上ロボットなど分散型プラットフォームを提供することであり、意思決定に使用できる信頼性の高いネットワークを提供することで実現させることを予定している。
[出典元]
16:03

SheHacksバーチャル・ハッカソン開催に関するお知らせ

2022年1月7日から2O22年1月9日までの期間、SheHacksバーチャル・ハッカソンの開催を発表。
[出典元]
01/04 火曜日
16:07

ServiceNowのNicola Attico氏へのQ&Aインタビューについて

今回のQ&Aインタビューでは、ServiceNowのNicola Attico氏へのこの協議会に参加した理由や、フォーチュン500社が積極的に研究している分散型台帳のユースケースについて紹介している。
[出典元]
12/17 金曜日
21:58

CVE-2021-44228(log4j2)修正に関するお知らせ

HederaはCVE-2021-44228(log4j2)修正に関するお知らせを発表。log4j2にはルックアップと呼ばれる強力な機能があり、これを利用することで、自動的にシステム情報をログに含めることができる。ユーザーが提供するコードを受け取り、それをログに記録する任意のアプリケーションはユーザーがその中にルックアップコマンドを含む特別にフォーマットされた文字列を送信した場合、悪用される可能性がある。この対策としてHederaは3つの方法を公開した。
[出典元]
12/14 火曜日
18:41

EngineeringInsightsの内容を発表へ

今月のEngineeringInsightsでは、Simi Hunjan氏とEd Marquez氏が、メインネットの廃止、ミラーノードの更新、コミュニティのハイライト、Hedera 改善プロセスの更新など、開発者に焦点を当てた最新のニュースを発表。
[出典元]
12/13 月曜日
0:45

仮想通貨で3つのユーザー体験の課題を解決する方法

仮想通貨の世界におけるUXとなると、明らかに対処すべき課題が存在する。この記事では、私たちがHederaネットワークの開発中に遭遇した、3つのUXの課題を探る。この記事によって、UXの重要性に対する認識が高まり、暗号特有のUXデザインに対する貴重な洞察を開発者に提供できることを期待している。
[出典元]
12/05 日曜日
19:30

次世代のブロックチェーンと、未来を形作る上でのHederaの役割について

2021年12月7日3時、ClubhouseでLeemon Baird博士が、次世代のブロックチェーンと、未来を形作る上でのHederaの役割について、Alex Damsker氏、Kal Patel氏、Anie Akpe氏、Tyler Crowley氏とともに語る。
[出典元]
12/03 金曜日
20:14

Gehrig Kunz氏によるHedera Hashgraphのクラッシュコースについて

「CoinFest 2021」に登録したユーザーは、2021年12月3日に開催されるGehrig Kunz氏のHedera Hashgraphのクラッシュコースを見ることが可能。
[出典元]
19:40

ステーブルコインを使用したリアルタイムの大陸間決済について

2021年12月9日14時、ステーブルコインを使用したリアルタイムの大陸間決済に関する講演にて、Andrew Kim氏とAlex Lopes氏は、従来の国境を越えた決済システム(SWIFT)の課題、Hederaで提案されたstablecoinソリューション、決済プロセスのライブデモンストレーションを紹介。
[出典元]
11/29 月曜日
13:15

新韓銀行が大手多国籍銀行と提携し、Hedera Networkでステーブルコイン国際送金PoCを実施へ

2021年11月29日、韓国の大手銀行である新韓銀行(KRX:055550)は、韓国を除くグローバル・メガバンクとの間で、Hederaネットワーク上に構築された、ステーブルコインを活用した国際送金に特化したプルーフ・オブ・コンセプトの開発完了を発表。このプロジェクトは、Hedera Token Service(HTS)とHedera Consensus Service(HCS)を利用して、高額な手数料、長い待ち時間、追跡機能の欠如などの問題を抱える金融ユースケースに適用される、ステーブルコインの発行と流通をテストすることを目的としている。
[出典元]
11/23 火曜日
13:56

コミュニティ・タウンホール開催に関するお知らせ

2021年12月1日0時、コミュニティ・タウンホール開催を発表。コミュニティ・タウンホールでは、Hederaの共同設立者であるMance Harmon氏とLeemon Baird博士が登壇。この2名はHederaコミュニティに寄せられた質問に対してライブで返答する。
[出典元]