Hedera Hashgraph 情報(日本語要約)

04/14 水曜日
11:58

アカウント作成手数料の増加について

新たなサービス(ヘデラコンセンサス、トークンサービス)が追加されたことに伴い、それらの新規取引にかかる代表的な手数料を規定した。また、アカウント作成を行う際の一般的な手数料を、オープンアクセス以降の料金である0.01ドルから0.05ドルに引き上げることが決定された。
[出典元]
04/13 火曜日
11:13

メインネットが10億トランザクションに到達へ

Hederaのメインネットが10億トランザクションに到達したことを発表。到達に1年6ヶ月と28日がかかった。2019年9月にHederaが最初にオープンアクセスして以来、この分散型ネットワークの実用性は急速に高まっている。
[出典元]
10:37

新韓銀行がデジタルトランスフォーメーション計画を推進:Hedera GoverningCouncilへ参加

2021年4月14日、韓国の大手銀行である新韓銀行は、ヘデラネットワークの分散型ガバナンスを監督する機関であるHedera GoverningCouncilに参加したことを発表。新韓銀行は、分散型台帳技術(DLT)を活用して金融イノベーションを推進するリーダー的存在であり、今年1月、デジタル資産保管サービスを提供する企業の業界コンソーシアムである韓国デジタル資産保管(KDAC)に投資した。また、3月にはLG CNSと共同で、中央銀行デジタル通貨(CBDC)の実証プラットフォームを完成させた。
[出典元]
04/05 月曜日
9:38

Hederaコンセンサスサービスを使用したIBMBlockchain Platform Tech Previewのリリースへ

2021年4月5日、IBM氏はHedera Consensus Serviceを用いたIBM Blockchain Tech Previewを発表。Hedera Consensus Serviceは、その高い処理能力と予測可能な低料金により、このハイブリッドモデルを企業にとって実行可能にし、IBM Tech Previewは、オープンソースのHedera Consensus Serviceプラグインを使用するIBM Blockchain Platform上のパーミッションドネットワークを展開するためのガイドライン、ドキュメント、サポートで構成されている。
[出典元]
03/22 月曜日
10:35

2021年のHedera MVPの発表

Hedera MVPは、Hedera Hashgraphコミュニティの発展、育成、教育に貢献している。Hedera MVPになることに対する6つのメリットが提示されている。また、今までMVPの選出はHederaのコミュニティチームが担当していたものの、2021年からは2020年に活躍したMVPが新たなMVPを選出することになった。
[出典元]
03/12 金曜日
10:59

分散化を目的としたネットワークノードの構築と管理について

Hedera Networkの完全な分散化には、ネットワークノードの構築と管理のためのネットワーク拡大が不可欠である。現在、ネットワークノードは、協議会メンバーのみで運営されているものの、将来的には誰でも参加することができ、参加者に対するインセンティブとしてHBARを獲得できるようにする予定。
[出典元]
03/08 月曜日
11:38

Cooper Kunz氏はCalaxy社にCTOとして加わることを発表へ

Hedera Hashgraphの開発者エバンジェリストであるCooper Kunz氏は、Hedera Token Service上で真のクリエーターエコノミーの構築を目指すCalaxy社にCTOとして加わることを発表した。
[出典元]
03/04 木曜日
11:24

Électricité de France S.A.(EDF)は、Hedera運営協議会に参加へ

2021年3月4日、世界中の顧客にサービスを提供している世界的な電力会社であるÉlectricité de France S.A.(EDF)は、Hedera運営協議会に参加し、Hederaネットワークノードを運営することを発表。
[出典元]
03/02 火曜日
11:04

Hedera21が終了したことを発表へ

4週間にわたるHello Tokenization ハッカソン(Hedera21)が終了したことを発表。Hedera21には600人以上の参加者と54件のプロジェクトから応募があった。今回、受賞したプロジェクトについて紹介する。
[出典元]
02/19 金曜日
18:20

スタンダード・バンク・グループは運営協議会に参加したことを発表へ

2021年2月24日、アフリカ最大の銀行であるスタンダード・バンク・グループは、分散型公開台帳である Hedera Hashgraphとパートナーシップを締結し、Hedera運営協議会に参加したことを発表。Hedera運営協議会のメンバーは、ネットワークの初期ノードの運営責任を持つこととなる。
[出典元]
02/11 木曜日
18:26

Hederaはロードマップの定義とプロセスについて

Hederaは、コミュニティのためにロードマップを推進することを目標としており、Hederaはロードマップの定義と6段階の実行プロセスについて発表。そして、今回定義に基づいてHederaメインネット上にネイティブトークンを発行するための新しいメカニズム「Hedera Token Service」を発表した。
[出典元]
18:24

Hederaテクニカル・インサイト

Hedera Token Service(HTS)により、Hederaはパフォーマンスを損なうことなく、グローバルに分散されたパブリックネットワーク上でトークンを発行する機能をサポート。発行されたトークンは、Asynchronous Byzantine Fault Tolerant(ABFT)コンセンサスアルゴリズム、毎秒数千のトランザクション、即時決済(数秒)など、Hederaのネイティブ通貨の特徴の多くを引き継いでいる。また、これらのトークンのトランザクション手数料は米ドル価格に応じて安定する。
[出典元]