Ontology 情報(日本語要約)

08/10 火曜日
22:00

HarbingersのDilip氏へのインタビューに関して

2021年8月10日、OntologyはHarbingersのDilip氏へのインタビュー内容を公開。Ontologyに惹かれた理由、Ontologyを支持する理由、Harbingersの役割について、Ontologyコミュニティの一員である理由など、多数の質疑応答を公開。
[出典元]
08/07 土曜日
15:33

PandaSwapを追加へ

2021年8月7日、PandaSwapが追加されたことを発表。PandaSwapは、OKEXチェーン上で稼働する分散型取引所で、様々な機能があり、高速で、手数料が安く、誰でも利用可能となっている。
[出典元]
08/06 金曜日
15:46

Guardaウォレットでのステーキングについて

Guardaウォレットでのステーキング限度額が超え、$100,000までONTでステーキングが可能となった。そして、年収率は最大34%に上った。
[出典元]
08/05 木曜日
14:51

ONTO AnyDropが公開へ

ONTO AnyDropが公開されたことを発表。このONTO AnyDropは分散型で、特典付与ができる仕組みとなっている。また、1取引で100個の宛先に資産が送金可能かつ高速で低価格が特徴。
[出典元]
14:45

NFT付与について

「ONTOを評価してNFTをもらおうキャンペーン」に関する当選者にNFTの付与が行われた。 また、ONG特典はまもなく付与される。
[出典元]
08/03 火曜日
14:53

オントロジー月報— 2021年7月

2021年7月のOntology月報では、開発の進捗状況、製品開発、オンチェーンアクティビティ、コミュニティの成長と報奨金、新しいチームメンバー、イベントスポットライトを発表。
[出典元]
07/21 水曜日
11:55

オントロジーウィークリーレポート(2021年7月14日から20日)

今週のレポートでは、オントロジーのEVM統合設計は完全に完了しており、テストの進捗率は50%、ETH RPCサポートも完了し、テストの進捗は90%、新たなEthereumアカウントシステムの進捗は95%であった。また、ONTOモバイルアプリv3.9.2がリリースされ、BSCクロスチェーン機能が追加されたことなどを報告している。
[出典元]
07/19 月曜日
13:18

ONTの日本初上場記念によるミートアップ開催に関するお知らせ

2021年7月22日20時から21時まで約1時間、ONTの日本初上場を記念して、Youtube Liveにてミートアップの開催を発表。またミートアップに参加し、質問をしたユーザーの中から抽選で5名に、特典付与が行われる。
[出典元]
07/15 木曜日
17:06

仮想通貨取引所DeCurretにOntology(ONT)上場を発表

2021年7月15日、Ontology公式Twitterで仮想通貨取引所DecurretにOntology(ONT)を上場することを発表した。取り扱い開始は2021年7月中を予定しており、取引ペアはONT/JPYでの取引となる。
[出典元]
07/14 水曜日
21:04

オントロジーウィークリーレポート(2021年7月7日から13日)

今週のレポートでは、Harbinger Program v2の開始の発表、EVM開発完了のお知らせ、ONTO App v3.9.0のリリース、SME Finance Forumのパネルに参加を発表、第2回データインテリジェンスとナレッジサービスセミナーへの参加を発表、Fully Diluted MarketcapによるBSCエコシステムプロジェクトのトップ10にランクインの発表などをまとめている。
[出典元]
20:57

Ontologyの歴史の振り返り

Ontologyがメインネットを立ち上げてから3年間の活動の履歴について紹介。また、Ontologyの未来をさらに発展させるべく、情熱的な人材の募集を兼ねて「Harbinger Program」を詳細化している。
[出典元]
07/13 火曜日
21:25

「Harbinger Program」開始に関するお知らせ

Ontologyは「Harbinger Program」の開始を発表。これはOntologyがコミュニティとエコシステムを成長させ、ブロックチェーンをより強固なものにし、IDとデータにおける分散型のリーダーとなることに貢献する人を指す。Harbingerになるためには、ブロックチェーン・仮想通貨・分散型データ等に興味がある人材で、なおかつOntologyを支持する必要がある。Harbingerになった時の特権については、Ontologyの公式サイトで紹介されたり、Ontologyのイベントに招待される可能性があると示している。
[出典元]