Ontology 情報(日本語要約)

07/13 火曜日
10:43

メインネットのローンチから3周年を迎える

2021年7月13日、6月末のメインネットのローンチから3周年を迎えたことを発表。この記事では、3年間、なぜ分散型のアイデンティティとデータのソリューションがOntologyのビジョンの焦点となっているのかについて紹介している。
[出典元]
07/12 月曜日
23:07

ユーザーデータとプライバシー保護に分散化が不可欠な理由を紹介

2021年7月12日、Ontologyはユーザーデータとプライバシーの保護に分散化が不可欠な理由について、現在の中央集権型のシステムでは、ユーザー情報を保護し、プライバシーとデータのセキュリティを確保することはできないと断言しており、分散型システムでは個人情報が不変で安全に保たれ、情報提供に同意したユーザーのみが共有できるようになっているため、分散型IDソリューションへの移行が不可欠と論じている。
[出典元]
22:00

「Ontology EVM」の開発完了を発表

2021年7月12日、Ontologyは公式Twitterで独自のEVM(Ethereum Virtual Machine)である、「Ontology EVM」の開発完了を発表。Ethereumプラットフォームとのシームレスな相互運用性の確率と、開発者およびユーザーにとってのより包括的ユーザーエクスペリエンスの提供を目的としている。
[出典元]
07/09 金曜日
10:27

流動性マイニングイベントに関するお知らせ

2021年7月5日から、Ontologyの公式TwitterでBabyswapと共同で流動性マイニングイベントを開催すると発表。条件を満たしたユーザーには報酬が獲得できるチャンスが与えられる。
[出典元]
07/07 水曜日
0:41

「Harbinger Program v2」開始に関するお知らせ

Ontologyメインネット開設3周年を記念し、「Harbinger Program v2」開始を発表。Harbingerになるには、ブロックチェーン・仮想通貨・分散型アイデンティティ・データに関心を持つこと、Ontologyを支持し発展に関心を示すことが必要である。
[出典元]
0:33

オントロジーウィークリーレポート(2021年7月1日から6日)

今週のレポートでは、EVMの開発が完全に完了し、Ethereumのコントラクトエコシステムと完全互換設計がされていることを報告。またメインネット開設3周年を発表し3年間の一連レポートをまとめた動画の掲載に関する説明、WingのEthereum FlashPoolがUST・USDC・DAIに対応したことなどをまとめている。
[出典元]
07/06 火曜日
0:22

「Consensus 2021」のライブセッションの要約

Ontologyは、Consensus 2021のライブセッションの記録を公開した。Ontologyが音楽配信プラットフォーム「ROCKI」にDIDソリューション提供に関する内容や、OntologyがMicroWorkers社が提携し、グローバルなフリーランス・マーケットプレイスの強化に関する内容、またONTO IDの受益者に関する内容を記載。
[出典元]
07/02 金曜日
22:00

Ontology技術チーフのケンダル・マオ氏が中国NFTサミットに登壇

Ontology技術チーフのケンダル・マオ氏が中国NFTサミットに登壇し、Ontologyの分散型IDプロトコルと、資格情報を検証する方法、様々な採用シナリオなどを議題としてスピーチをしたことを発表。
[出典元]
22:00

ApeSwapのPolygon(MATIC)がONTOウォレットへの統合を発表

ApeSwapのPolygon(MATIC)がONTOウォレットに統合を発表。WMATIC - BANANAプールでステーキングすることができる。
[出典元]
07/01 木曜日
23:24

オントロジー月報— 2021年6月

2021年6月のOntologyの開発進捗状況については、EVM統合デザインおよびETH RPCサポートは完全に完了。同社TestNetで稼働している。またプロダクトについては、ONTO v3.8.5をリリースした。
[出典元]
23:00

Ethereum Virtual Machine(EVM)開発完了を発表

2021年7月1日、OntologyはEthereum Virtual Machine(EVM)の開発完了を発表。それにより、スマートコントラクトプラットフォームに初めて対応し、より早いブロック生産速度と低い手数料を提供する。
[出典元]
06/30 水曜日
0:03

メインネット設立3周年を迎えたことを発表

Ontologyはメインネットの設立3周年を迎えたことを記念し、創業者のLi Jun氏は「コロナにより促進されたデジタル経済の急速拡大により、ユーザーのIDとデータの保護がますます重要となっている。このような需要に対応するため、Ontologyはこの3年間でプライバシーやデジタルIDに特化した複数の製品を提供し、相互運用可能なオープンブロックチェーンへと成長してきた。今後将来に向けて、新たなパートナーシップから技術的な進歩を期待している」とコメントしている。
[出典元]