CoinPostで今最も読まれています

ASICマイニングとGPUマイニングの違い、必要な機材と採掘方法を解説

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

2020年末からの暗号資産(仮想通貨)市場高騰に伴い、マイニング(採掘)に関連するグラフィックボードやASIC(特定用途向け集積回路)が不足し、市場流通価格が上昇しています。

今回、マイニングに必要な機材と方法について解説していきます。

2種類のマイニング方法

マイニングのやり方は、大きく分けてASICを使ったASICマイニングと、グラフィックボードを使ったGPUマイニングの2種類があります。いずれも仮想通貨の処理を行いブロック生成をすることで報酬が得られますが、マイニングで獲得できる通貨が異なります。

マイニング専用に設計された装置のASICであれば、グラフィックボードではマイニングできないビットコイン(BTC)などを掘ることができます。反対に、GPUマイニングでは、アルトコインを獲得できます。

ASICマイニングとGPUマイニングでは、マイニングのアルゴリズムが違うためマイニングするコインが異なりますが、最近ではイーサリアム専用のASIC等も発売されており、必ずしもマイニングで獲得できるコインが異なるということはありません。

ASICマイニングのやり方

ASICはマイニング専用に作られたマイニング機器で、一般的なグラフィックボードとは桁違いに効率良くマイニングを行えます。しかし、それに応じて大量の電力を必要とします。

目安として、一つのコンセントで2000W使うと、一般家庭であれば大抵ブレーカーが落ちてしまいます。仮にブレーカーが落ちなかったとしても、ASICはGPUマイニングとは比べものにならないほど、稼働した際の騒音や熱が発生するため、防音工事や、排熱機器購入等の対策が必要です。

必要なマイニング機器

ASICマイニングで必要な機器は、以下の通りです。

  • ASIC
  • 有線LANケーブル
  • 電源
  • 配線ケーブル
  • モニター
  • 後ほど紹介するGPUマイニングと比べると、非常に数が少ないためシンプルです。

    注意点として、ASICは年々性能が向上しており、一昔前のものだと最新のASICには太刀打ちできず、マイニング報酬を獲得することが難しいということがあります。

    そのため、ASICでマイニングを検討するのであれば、Obelisk、Innosilicon、Bitmain等の大手ASICメーカーの電力効率の良い上位モデルや最新のものを揃えましょう。また、最新のASICに電力供給がきちんとできる電源も必要になります。

    ASICマイニングのやり方

    ASICマイニングはASICのモデル、使用するマイニングプール、設定するアルゴリズム等によって異なるため、一般的な流れを簡単に説明します。

  • 電源とASICを配線ケーブル(電源ケーブル)を使用し繋ぐ
  • ASICとWiFiルーターを有線ケーブルで接続
  • ASICとモニターにHDMI接続し、モニターで出力
  • ASICに対応したIPアドレスを検出
  • 使用するASICCモデルのコントロールサイトを開き、接続したいマイニングプールのアドレスの入力とマイニング報酬を受け取るウォレットを指定
  • ASICの電源をつけることで、マイニング開始
  • 基本的には、上記の流れでマイニングを開始できます。前述のように、この手順とは違うイレギュラーな場合もあるため、不明な場合はASICの販売元やマイニングプールへ問い合わせてみましょう。

    GPUマイニングのやり方

    GPUマイニングには、個人で行うソロマイニング、マイナー(採掘者)が集まってグループでマイニングするプールマイニング、出資して代理でマイニングを行うクラウドマイニングの3種類の方法があります。今回は、初めてマイニングをする方向けにプールマイニングのやり方を解説します。

    関連:マイニングとは

    必要なマイニング機器

    GPUマイニングを行うためには、その名の通りグラフィックボードが必要です。グラフィックボードを搭載されたPCであれば、ひとまず誰でもマイニングをすることができます。

    ただし、仮想通貨の取引処理を行うメインでこなすのがグラフィックボードの為、性能に劣るモデルだとマイニングができない可能性があります。マイニングを始める前に、グラフィックボード別のマイニングの収益サイト等を確認してみることがおすすめです。

    基本的に最新のモデルであれば、マイニングは始められるでしょう。また、自分でマイニングリグを作って運用したい方は、最低限以下の機器が必要です。

  • マザーボード
  • CPU
  • メモリ
  • SSD
  • 電源
  • グラフィックボード
  • 配線ケーブル
  • マイニングリグ作成にはメーカーによって相性があるため、うまく接続できない場合があります。事前にネットで調べてから購入しましょう。

    マイニングプールの選び方

    マイニングは、ブロックを作成して初めて報酬が発生します。反対にブロックを生成ができなければ報酬が発生せず、報酬の分配は一切行われません。基本的にマイナーの数が多く、ハッシュレート(採掘速度)が高いマイニングプールに登録することがおすすめです。

    マイニングプールごとに手数料や、払いだし最低数量などの条件が異なるためよく調べてマイニングプールを選びましょう。

    GPUマイニングのやり方

    GPUマイニングも、グラフィックボードの種類や使用するマイニングプールにより設定方法が異なります。特に自作でマイニングを組むとなると複雑な工程を要するため、一般家庭でもできるようPCを使ったマイニングの手順を解説します。こちらも一般的なマイニングのやり方を簡単に説明します。

    ①PCが起動できるまでセットアップ

    ②マイニング報酬を受け取るための仮想通貨ウォレットを作成

    ③マイナーのダウンロード

    ④マイニングプールの選定

    ⑤マイナーのbatファイル編集(プールアドレス、ウォレットアドレス、リグの名前を追加)

    ⑥マイニング開始

  • セットアップ済みのPCの準備
  • マイニング報酬を受け取るための仮想通貨ウォレットを作成
  • マイナーのダウンロード
  • マイニングプールの選定
  • マイナーのbatファイルを編集(プールアドレス、ウォレットアドレス、リグ名を追加)
  • マイニング開始
  • 一般的なプールを使ったマイニングは上記の流れでマイニングすることができます。マイニングプールの公式サイトへ登録した場合、公式サイトへマイニング報酬を受け取るための仮想通貨ウォレットを直打ちしてマイニングすることもできる場合もあります。

    選定したマイニングプールの利用方法に沿って設定を進めていきましょう。

    注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
    02/27 火曜日
    13:00
    ステーブルコインUSDCの国内上場に向けて米Circle社がコインチェックと提携
    現時点ではUSDCといった信託型ステーブルコインは日本では未上場で、Circleとコインチェックの提携は今後の上場を目標に締結されたものだ。国内仮想通貨環境の流動性向上につながる。
    12:14
    ビットコイン高騰で56000ドル台に、機関投資家によるETF買いが加速
    暗号資産(仮想通貨)市場ではビットコインが前日比10%高と高騰し56000ドル台に達した。ブラックロックやフィデリティの運用するビットコインETFへの資金流入は過去最高を記録している。
    11:25
    ビットコインETF資産額がゴールドETFを追い抜かす可能性 識者が議論
    アナリストらは、ビットコインETFの運用資産がゴールドETFを上回る可能性や時期について議論している。ビットコインETFの取引高は最高値を更新した。
    09:50
    AstarやOasys、BackPackら、能登半島地震で2,000万円寄付
    株式会社グラコネら日本のブロックチェーン団体は能登半島地震で仮想通貨による寄付募集キャンペーンを実施。約2,000万円の寄付金を集めた。
    08:40
    コインベース前日比+16.8%、日経平均バブル超え
    仮想通貨関連株はビットコインが54000ドル台を回復したことで大幅に上昇。世界の半導体No.1であるエヌビディアが先週木曜日に発表した好決算を受けAIセクターを中心にナスダックなどは先週押し上げられたが、投資家は今週の高官発言やインフレデータに慎重な姿勢で臨もうとした格好だ。
    07:50
    コスモス開発企業AiB、「Cosmos Hub」をフォークへ
    Cosmos Hubをフォークするため、仮想通貨コスモスの開発企業All in Bitsが最初にガバナンスチェーンのローンチを計画。フォークの背景や目的などを説明している。
    07:15
    コインベース、AI・DePIN関連銘柄を新規上場候補に 前日比約15%高
    AI関連銘柄は今年に入って大きく値上がりしている。半導体大手エヌビディアの株価高に連れられRenderやWorldcoin、FET、NOSなどが先週トレンド入りした。
    06:45
    モジュラーCelestiaのライバルAvail、Founders Fundなどから40億ドル調達
    Availのメインネットの具体的なローンチ予定日は開示されていないが、ローンチされればこれまでテストネットのユーザーはエアドロップが付与されると期待されている。
    05:40
    マイクロストラテジー2月にもビットコイン買い増し BTC今年初の54000ドル台
    マイクロストラテジーのニュース後、仮想通貨ビットコインの価格は大幅に上昇し前日比+4.8%。今年の高値を更新し、2021年12月以来の水準に戻った。
    02/26 月曜日
    14:30
    ビットコイン初期開発者、裁判の過程で「サトシ・ナカモト」のメールを公開
    仮想通貨ビットコインの生みの親「サトシ・ナカモト」の身元を巡るクレイグ・ライトとCOPAの訴訟に関連し、ビットコインの初期開発者であるマルティ・マルミ氏によって、2100万枚の発行上限や匿名性に言及したサトシ・ナカモトのメールが公開された。
    13:52
    証券会社OANDAグループ、英国で仮想通貨取引を提供へ
    証券グループOANDAは、英国でビットコインなど仮想通貨の取引を正式に提供開始する。昨年現地の規制に準拠したCoinpassを取得していた。
    11:42
    ビットコイン51000ドル台で揉み合う、取引所からの週間純流出は23年6月以来最大に
    暗号資産(仮想通貨)市場では、ビットコイン(BTC)は50000ドル台でもみ合いが続く。暗号資産(仮想通貨)取引所からの5億4,000万ドル相当の週間純流出は、23年6月以来最大規模に達した。
    09:52
    IPO株式上場目指す掲示板大手Reddit、ビットコインとイーサリアムの保有が判明
    米掲示板大手Redditは、NYSE上場目指すIPOの届出書を提出。仮想通貨ビットコインとイーサリアムを財務資産として保有していると述べた。
    02/25 日曜日
    11:00
    週刊仮想通貨ニュース|WLD急騰や日本株の「七人の侍」に高い関心
    今週は仮想通貨ワールドコインの急騰、ゴールドマン・サックスによる日本株の「七人の侍」の選定、コインベースからのビットコインの大口出金に関する記事が最も関心を集めた。
    02/24 土曜日
    17:10
    米国債担保型トークンがアプトスで流通 オンボーディングも視野 
    米国債のトークン化を進めるOndo FinanceとAptos Foundationが戦略的提携を発表。USDYトークンのAptos統合、DeFiプロトコルが採用を進めておりエコシステムがさらに拡大。暗号資産(仮想通貨)のロックアップ総額も上昇傾向にある。

    通貨データ

    グローバル情報
    一覧
    プロジェクト
    アナウンス
    上場/ペア
    イベント情報
    一覧
    2024/02/29 12:00 ~ 19:00
    その他 オンライン
    2024/03/01 19:00 ~ 21:30
    東京 東京都千代田区
    重要指標
    一覧
    新着指標
    一覧