KDX DAO、韓国初のHuobiエコチェーン(HECO)ベースのDe-Fiプロジェクトがローンチ

本稿は企業が広報のために発信するプレスリリースです。CoinPostの執筆記事ではありません。

KDX DAO、韓国初のHuobiエコチェーン(HECO)ベースのDe-Fiプロジェクトがローンチ

韓国でHuobiエコチェーン(HECO)を使用した最初のDe-Fi(分散型ファイナンス)プロジェクトであるKDX Daoは、2月25日に著名なVIPゲストとローンチイベントを開催し、イベントは成功裏に幕を閉じた。

De-Fi市場が過去数か月で驚異的な成長を遂げている中、KDX Daoは異なる流動性プロバイダー(LP)のボリュームや特性に応じて、様々な金融商品の利益率や条件を細かく調整する、自動化された独自のソリューションを備えた先進的な分散型金融プラットフォーム「KDX Dao」をローンチすることで、この急速に拡大する市場でリーディングプラットフォームになることが可能であると確信している。

Huobi Eco Chain(HECO)をベースネットワークに採用しすることによる、トランザクション速度の大幅な向上と取引コストの低さがプラットフォームの大きな強みとなっている。また、KDX DaoはEthereumや、他のDe-Fiエコシステムを利用したイールドファーミングシステムの様々な利点を融合させているのが特徴だ。

KDX Daoは、Huobi Eco Chainを利用した韓国初のDe-Fiプロジェクトとして、真のグローバルDe-Fiエコシステムを体系的に構築し、ローカル・グローバルコミュニティを組織化するために、De-Fi市場に関する様々な基礎概念トレーニングなどのコミュニティ教育、及びトレーニングを主導していく。

KDX Dao はDe-Fi エコシステムに特化した「De-Fi プロジェクトインキュベーションハブ」を運営し、初期プロジェクトのアクセラレータープログラムからエンジェル投資ファンドプログラムまで、様々なプログラムを運営する。そして、KDXのグローバルDe-Fiコミュニティは、これらのプログラムを卒業した様々なプロジェクトの初期ステークホルダーとなり、De-Fiコミュニティに好循環をもたらすだろう。

KDX DAOのディレクターはインタビューで「韓国は現在、2021年から暗号資産に関する様々な政策の実施を進めています。また、世界的にDe-Fi市場が活発な動きを見せており、Bitcoinの価格が大きく上昇するだけでなく、暗号資産市場全体に対する社会的な関心も高まっています。

このように、De-Fiは現代社会において前例のないタイプの富に向けて、次の『大きな飛躍』となるでしょう。」と語っている。

本稿は企業が広報のために発信するプレスリリースです。CoinPostの執筆記事ではありません。
サービスのご利用・お問い合わせに関しては、直接サービス提供会社へご連絡ください。CoinPostは本稿で言及されたあらゆる内容について、またそれを参考・利用したことにより生じたいかなる損害や損失において、直接的・間接的な責任を負わないものとします。ユーザーの皆さまが本稿に関連した行動をとる際には、必ず事前にご自身で調査を行い、ご自身の責任において行動されるようお願いいたします。
▶️本日の速報をチェック!