主役はブロックチェーンから、再びビットコインへ

再評価されるビットコイン
ビットコインを批判しブロックチェーンを賞賛する意見が度々みられるが、ライトニングネットワークによる即時&大量取引を目指す「Lightning Labs」CEOは現在『ブロックチェーンではなくビットコイン時代に突入した』と語った。
スマホアプリで移動時も簡単取引
交換業者 通貨 特徴
スマートフォンで急激な価格変動時も即座に取引可能。
全ペア取引手数料0%キャンペーン実施中。
BTCFXに定評、下落相場も利益を狙える。
アルトコインのレバレッジ取引で最多通貨ペア(14種類)。
ETH,XRPの板取引も対応。BTC取引高No.2

進化をやめないビットコイン

Lightning Labs社は、ビットコインのスケーラビリティ問題の解決策として、プロトコル開発に取り組んでいますが、同社の共同創立者でCEOのElizabeth Stark氏は、米ヤフーファイナンス(Yahoo Finance) のインタビューの中で、社会(特に各国中央銀行と金融業界)の、ブロックチェーン技術を賞賛する一方で、ビットコインを酷評するという潮流は変わってきていると、自社のこれまでの歩みを振り返りながら、語りました。

「ビットコインの将来の見通しは良くないが、その基盤にあるブロックチェーン技術は画期的で素晴らしい」

このような話は、誰でも一度は耳にしたことがあることでしょう。

この言葉通り、多くの金融機関や、政府、中央銀行が、仮想通貨とは距離をおく一方で、ブロックチェーン技術を応用したシステムの調査研究に熱心に労力を割いていることは、これまで幾度も報道されてきました。 

このような社会的潮流と圧力を感じ取っていた「Elizabeth Stark」氏は、Lightning Labs社の設立にあたり、自社のマーケティング資料から「ビットコイン」という言葉を取り除いたと述べ、いかに当時、ブロックチェーンが、ビットコインから離れて脚光を浴びる状況にあったかを振り返りました。 

しかし、その潮流は変わったと感じていると、Stark氏は言います。

今、多くの人が、仮想通貨技術の価値とその技術が何をもたらしてくれるのかを理解し、『ブロックチェーンではなく、ビットコイン』時代に突入したと感じています。

 ビットコインにはPoW(Proof of Work)があり、公開鍵/秘密鍵といった暗号作成/解読法があって、これらがビットコインを特別なものにしているのです。

Lightning Labs社が開発しているのは、Lightningという名称の、オープンプロトコルレイヤーですが、Lightning ネットワークは、ビットコイン上に効率的にレイヤーを作ることによって、ユーザー同士の支払いチャネルを開き、ほとんどの取引がオフチェーンで行われた後、その結果のみを基盤のブロックチェーンに記録するものです。

そのため、高速で安価な取引が可能になり、現在開発中のソフトウェアの中では、仮想通貨スケーリング問題を解決するための方法として最も有力視されているものの一つです。

ビットコインは、価値の保存手段としては受け入れられているものの、支払いの手段しては、取引にかかる時間の長さと手数料の高さにより疑問視され敬遠されていましたが、Lightning ネットワークにより、コーヒー一杯というような少額の支払いにも気軽に使えるようになり、ビットコイン決済の可能性を広げていくことになるでしょう。

ライトニングネットワークの展望

Stark氏は、Lightning ネットワークのこれからの展望について、次のように語っています。

即時に大量の取引が行えるようになると、あらゆることが可能になります。

毎秒数千の取引、将来いつかには、毎秒数百万の取引という規模の話をしているのですが、ビットコインは基盤レイヤーとしては、そのような取引は行うことはできません。

しかし、Lightningは、ビットコイン上のレイヤーですから、そのような決済が可能なのです。

Stark氏は、大手クレジットカードのビザ(VISA)の最大取引処理量は、毎秒5万6千という数字を引用した上で、「その量を越えて行きたい」と述べています。

またつい先ごろ、Lightning Labs社は、Lightning ソフトベータ版のLNDを公開しましたが、これは、Lightning プロトコルのための最初のライブソフトウェアであり、ビットコインもしくは、ライトコインのLightning取引が容易になる仕組みです。

これを受け、多くのデベロッパーが、Lightningのためのアプリ(Lapps)を開発し始めています。

Lightningネットワークは、真にブロックチェーン業界の形勢を一変させる役割を果たすことになると思われます。 

このレイヤー上に、全ての人が取引を行う新しいプロトコルと主要なアプリが構築され、そこから、ビットコインの強力な「必殺」アプリが誕生することでしょう。

そのようなLightning Labs社の将来性には業界を越えて、多くの期待と関心が集まっているようです。

Lightning Labs社は、シードラウンドの資金調達を終えましたが、その出資者には数多くの屈指の有名人が名を連ねています。

Square とTwitter CEOである Jack Dorsey氏、 litecoin 創設者のCharlie Lee氏、Robinhood 共同創設者 のVlad Tenev氏、Barry Silbert氏 率いる最大の仮想通貨スタートアップ投資会社Digital Currency Group などです。

最後に、現在のビットコイン価格について尋ねられると、Stark氏は多くの人は、価格にばかり注目してしまうとして、次のように答えました。

ビットコインは、まだ創世記にあるのです。 これはマラソンであって、短距離走ではないのです。

マラソンの勝者が誰になるのか、私たちが知りうるのはまだ先のことになるでしょうが、ビットコインの持つ可能性が、これからも多くの人々と社会を魅了し続けていくことは、間違いないと言えそうです。

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

幸田直子naokoKodaCoinPostの海外在住ニュース担当記者

カリフォルニア大学卒。アメリカでインテリアデザイナーとして勤務後、会議通訳、翻訳に従事。イギリス在住中に、世界金融の危うい現状を知り、世界情勢について興味を持ったことが、今日、ブロックチェーンと仮想通貨との関わりに結びつき、その潜在力と可能性に注目している。