投資ファームCEOが考えるビットコインよりイーサリアムが投資対象として優れている三つの理由

投資ファームBKCMLLCの創設者兼、CEOであるブライアン・ケリー氏
投資ファームBKCMLLCの創設者兼、CEOであるブライアン・ケリー氏は、CNBCファストマネーにて、イーサリアムの投資対象としての有用性を3つの理由を元に考察、解説を行いました。
シャーディングとは
Sharding(シャーディング)は、イーサリアムの送金遅延や手数料増加など「スケーラビティ問題」に対する解決策の一つ。 データベースを水平方向に分割、検証作業を並列化することで処理能力の大幅向上が見込める。

▶️CoinPost:仮想通貨用語集

仮想通貨専門の投資ファームBKCMLLCの創設者兼、CEOであるブライアン・ケリー氏は、CNBCのファスト・マネーなど複数の番組に出演し、仮想通貨市場の予想や現状の解説を行なっている。

今回ケリー氏は、ビットコインよりもイーサリアムが投資資材として優れている理由を3つの要因を元に考察しました。

スマホアプリで移動時も簡単取引
交換業者 通貨 特徴
スマートフォンで急激な価格変動時も即座に取引可能。
全ペア取引手数料0%キャンペーン実施中。
BTCFXに定評、下落相場も利益を狙える。
アルトコインのレバレッジ取引で最多通貨ペア(14種類)。
ETH,XRPの板取引も対応。BTC取引高No.2

ケリー氏が考えるイーサリアムの投資優位性

1.イーサリアムの先物取引

一つ目の要因としてケリー氏は、そう遠くない将来にイーサリアムの先物取引が実現することを挙げています。

この意見の背景には、6月15日All Market Summit: Cryptoで行われたSECの「イーサリアムを証券としては分類しない」という正式な発表があるとしています。

その一方で先例であるビットコインでは、最近の価格急落に先物取引による売りやコントラクトの期限最終日 が下落相場に影響与えていることが指摘されており、先物開始による恩恵が期待される中で、イーサリアムに関しても同様の先物取引の悪い影響や価格操作の対象となる可能性も懸念されています。

2.Augurプラットフォーム

二つ目の要因としてケリー氏が挙げたのが、Augurの存在です。

分散型予測市場として知られるAugurですが、ケリー氏は最終的にAuguがイーサリアム上にローンチされたdAppsの中で最も大きなものになると指摘しており、Augurの存在によって、イーサリアムにビットコインよりもすぐれた加速度的な成長をもたらすと考えています。

結果としてイーサリアムプラットフォームの需要増加によるスケーリングなどが問題化していますが、イーサリアムの先駆性と、それに伴う有益なプロジェクトも同プロジェクトに存在する強みは大きな価値に繋がっているでしょう。

実際にブロックチェーンのスケーリングの問題に関する解決策は複数提案されており、問題の解決によるプラットフォームの有用性が再注目されることとなるかもしれません。

3.Proof of Stake

イーサリアムは「フロンティア」「ホームステッド」「メトロポリス」そして最終段階の「セレニティ」、この四つのアップロードを経て、PoWシステムから独自のキャスパーというPoSシステムへと移行する計画を立てています。

現在はその3段階目である、メトロポリスが行われている最中で、年内中にも完了するものと見られています。

ケリー氏は、ビットコインよりイーサリアムに投資すべき三つ目の要因として、このマイニング方式の移行を上げています。

ケリー氏は、このアップデートがイーサリアムだけでなく、仮想通貨全体が、持続的に成長するためのドライビングファクターになると見ているのです。

この仕様変更に関しては、つい先日開発者であり、創業者の一人であるヴィタリックブテリン氏がスケーラビリティ問題解決用の施策の一つである「シャーディング」との統合アップデート を検討していることを発表しました。

同技術に関してヴィタリック氏はイーサリアムのオフチェーンソリューションの一つである、「プラズマ」との相乗効果によって、従来の10,000倍スケーラビリティが改善すると言及しています。

ケリー氏が将来的なイーサリアムの優位性を3つの要因を元に予想していますが、現状では、ビットコインが価値の交換や貯蔵という点で、主流な仮想通貨であるのもまた事実となります。

今後の仮想通貨市場を占う可能性がある2通貨の価格やコミュニティの動向がより注目されるかもしれません。

CoinPostの参考記事

ETH10%急騰・仮想通貨全面高に|イーサリアム証券問題に大きな進展
長く仮想通貨相場を不安定にさせていたSECの有価証券の問題に進展。米国証券取引委員会(SEC)、企業財務部門部長のWilliam Hinman氏は、同委員会はビットコインとイーサリアムを証券としては分類しないと述べました。

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

各務貴仁CoinPost7株式会社CoinPost取締役COO 兼 編集長

高校卒業後アメリカ、カナダへ4年間の留学を経験。2017年1月から仮想通貨関係の事業に携わり、同年7月より仮想通貨・ブロックチェーン専門メディアCoinPostを立ち上げ編集長となる。国内外の仮想通貨、ブロックチェーン界隈の著名人との数々のインタビューなどを軸に、仮想通貨・ブロックチェーンの正確な情報をより早く届ける運営体制に力を入れている。