仮想通貨ネオ(NEO)最新ニュースまとめ:価格に関する情報を随時更新

仮想通貨ネオ(NEO)/旧アントシェアーズ(Antshares)に関するニュースまとめ
最新ニュース・関連企業の発表についてまとめたページです。新情報をキャッチ次第更新していきます。

ネオ(NEO)ニュース一覧

日付 ニュース内容
2017/9/7 アメリカ最大級の取引所であるBitfinexに上場
2017/9/5 中国のICO規制の影響により、Yunbi等の中国取引所から上場廃止される
2017/9/4 中国がICOを規制、全面禁止するという発表をし、中国で作られた通貨でなおかつICOで使われる通貨としてNEOが期待されていたこともあり、価格が暴落する
2017/8/14 幾つかのICOでNEOが使われるという発表を受け、イーサリアムのようにICOで多く使用される通貨として期待され、価格が5000円台まで上昇
2017/8/10 東京ミートアップにてロードマップ更新などの発表
2017/7/27 NEO 2.0にアップデート、これにより今まで制限されていたスマートコントラクトの機能が完全なものとなった
2017/6/22 北京のマイクロソフト本社にて「New Antshares:ブランド戦略発表会」が開催され、アントシェアーズ(Antshares)からネオ(NEO)へと名称が変更、イベント開催まで公式HPでカウントダウン、その期待感で価格が上昇し1000円台へと突入
2017/5 仮想通貨全体の暴騰に合わせて価格を100円台まで上昇させる
2016/10 海外取引所Bittrexに上場、2017年4月ごろまで価格は10~30円台を行き来
2015 ICO開始

ネオ(NEO)について

ネオ(NEO)はアントシェアーズ(Antshares)から名前を変えた、中国初のパブリックブロックチェーンプロジェクトです。

そのため中国での人気が根強い仮想通貨となっており、中国版イーサリアムとも呼ばれています。

イーサリアムと同じくスマートコントラクト機能を実装していますが、開発者にとって難しく馴染みのないSolidityという開発言語を使うことが求められるイーサリアムと違い、Microsoft.net、Java、Kotlin、Go、Python等のプログラマーにとって馴染みのある言語が使えます。

ネオ(NEO)の開発会社はアリババと提携し、IBMや富士通などと同じプロジェクトに参加しています。更にはマイクロソフト社もネオ(NEO)に関心を持っている様子が伺えます。

詳しくはこちら↓

ネオ(NEO)/旧アントシェアーズ(Antshares)とは?
ネオ(NEO)、旧アントシェアーズ(Antshares)はイーサリアムと同様スマートコントラクトを実装しており、アリババ等の大手企業と提携している中国の仮想通貨です。

おすすめ取扱取引所

取引所 解説
BITTREX

BITTREX

取扱いアルトコインはPoloniexを超える190種類以上。ICOを迎え上場した新しいアルトコインや、無名のアルトコインなどを積極的に取扱う。

おすすめウォレット

NEON wallet
Linux,Mac,Windows
NEON wallet公式サイト
NEON walletは、ネオ(NEO)を預けておくだけでネオ(NEO)のプラットフォームトークンであるガス(GAS)が報酬として貰えるウォレットです。ネオ(NEO)の保有量によって貰えるガス(GAS)の量が変わります。