SBIが独自通貨「Sコイン」を発表/リップルとの違いを詳しく解説

SBIホールディングスが独自通貨「Sコイン」と決済用プラットフォームプロジェクトを発表
決済に特化した通貨である他、地方自治体や企業、金融機関がSコインプラットフォームを導入することで簡単に独自通貨を発行出来るようになる、という情報も発表されました。
BtoB(企業対企業)に特化したXRPとの違い、SBIとRipple社の関係性についての噂
Sコインは現状の情報ではBtoC(企業対消費者)通貨としての方向性を重視しているのではないかと思われます。

SBIホールディングスが独自仮想通貨である「Sコイン」を発行し、新しい決済用プラットフォーム構築プロジェクトを設立した事を発表しました。

公式ニュースページでは、政府が2027年までにキャッシュレス決済比率を40%に引き上げる計画をしている事にも触れ、地方自治体や他会社が独自通貨を発行する事も予想したSコインプラットフォームの構築を目指しているそうです。

地方自治体や事業会社、地域金融機関は本プラットフォームを導入することで大きな初期投資を必要とせず様々な地域のニーズに合ったコインを発行することが出来るようになるほか、コイン同士の交換も出来るようにする予定です。

また、スマートフォンでの決済についても触れられています。

ここまでの話の時点で技術的に高い目標を持っていることが分かりますが、SBI単独で開発する訳ではなく、独自の分散型台帳技術「Orb DLT」を開発した株式会社Orbと共同で開発を始めたようです。

SBIの子会社であるSBIインベストメント株式会社がOrbに出資していることも関係しているでしょう。

Sコインの詳しい内容についてはまだ明らかにされていませんが、日本円とのレートを安定させることによって決済手段として広く普及させたい考えだそうです。

レートを安定させることを文字通りそのまま捉えると、あくまでも予想ですが法定通貨(USD、米ドル)と一対一の価値を持つ「Tether」のような特徴を持った仮想通貨である可能性もあります。

日本の金融機関が発表した日本円と等価の仮想通貨という意味では、みずほフィナンシャルグループやゆうちょ銀行、その他多数の地銀が、日本円にペッグ(為替レートを一定に保つ、つまりは日本円と等価)した仮想通貨「Jコイン」を扱う会社設立を発表したニュースもありました。

SBIバーチャル・カレンシーズという仮想通貨取引所の設立も予定されていますので、PoloniexでのUSDT(Tether)のような基軸通貨になる可能性も考えられます。

日経新聞の、日本円とのレートを安定、といったニュアンスの文章だけでは等価であるとははっきりと言えないので、SBIからの発表がない限り確定ではありません。

予定では2018年春から社員向けにSコイン配布実験を行い、特定店舗で使えるようにするとのことです。

Ripple(XRP)との違い、Ripple社との関係性について

リップル(Ripple)について詳しくはこちら↓

仮想通貨リップル(XRP)とは|今後の将来性とおすすめ取引所
仮想通貨リップル(XRP)について、詳しく解説しているページです。リップル(XRP)の価格上昇に関する今後の将来性、格安で購入可能なおすすめ取引所、安全性の高いウォレットの使い方、マイニングについて、初心者でもわかるようにまとめています。

SBIホールディングスはRipple社に約11%の比率で出資をしている、というSBI代表取締役である北尾吉孝氏の発言、更にはSBI Ripple Asia株式会社の設立等から、SBIとRippleには深い関係性があることが良く知られています。

よって今回のニュースで多くの仮想通貨トレーダーの方々が感じた事は、「SBI独自コイン発行?Rippleはどうなったの?」という事でしょう。

しかしその一方で、SBIがRipple社の株を多く保有している事は公表済みですが、XRPの保有については言及していないため、仮想通貨界隈では「SBIはXRPをそれほど保有していないのではないか?」という疑惑も囁かれています。

つまり、世界各国の主要銀行に注目されるRipple社のシステムには興味があるが、XRPという通貨にはそれ程拘りを持っていない、という意見です。

更に今回の独自通貨であるSコイン発行のニュースは、その意見を後押ししたかのようにも見えます。

しかし、それを確信するには、XRPとSコインにどのような違いがあるのかを理解しなくてはなりません。

XRPは決済に特化した通貨であることはよく知られています。今までの情報から、SBIはSコインを決済通貨として売り出そうとしていることが分かります。

ここまでは同じですが、現状ではXRPは銀行間送金等、BtoB(企業対企業)に特化した通貨を目指していると思われます。

それに比べてSコインはどうでしょうか。

<本プラットフォームで提供を目指す3つの価値>

①いつでも・どこでも安心して利用できる日常通貨

②決済コストの大幅な低減

③決済していることを意識させないフリクションレスペイメント

公式ページの解説画像、そして文章を見てみると、BtoC(企業対消費者)に特化した通貨を目指しているようにも見えます。

更にはSコインプラットフォームで地方自治体や他金融機関等が様々なトークンを発行、交換することも可能という方向性もXRPにはあまり見られないものです。

このことから、SBIはXRPの通貨としての立ち位置を理解し、重要視している、とも解釈出来ます。

まとめ

まだまだ謎に包まれるSコイン。

SBIとRippleの関係性など、これからもCoinPostでは多くのニュースを皆様にお届けしたいと考えています。

Twitterでは海外の情報を含めた最新情報を常にお届けしていますので、是非フォローして頂けると幸いです。

ブロックチェーン関連技術を活用した新たな決済用プラットフォームの開発に関するお知らせ

SBI Holdings 2017年9月28日

参考記事はこちらから

SBI、仮想通貨「Sコイン」発行へ 低コストで決済

日経新聞 2017年9月28日

参考記事はこちらから