仮想通貨 DigiByte(デジバイト)とは?

segwit(セグウィット)を最初に採用した仮想通貨。
ビットコインなどでも採用されたスケーラビリティ問題の解決策であるSegwitを最初に採用したのはDigiByte(デジバイト)です。
5つのアルゴリズムでマイニングできる。
マイナーは『SHA-256』『Scrypt』『Groestl』『Skein』『Qubit』の5つから好きなものを選んで採掘できます。
目次
  1. DigiByte(デジバイト)の概要
  2. DigiByte(デジバイト)の特徴
  3. DigiByte(デジバイト)を扱っている取引所
  4. DigiByte(デジバイト)を扱っているウォレット
  5. DigiByte(デジバイト)のマイニング
  6. まとめ
スマホアプリで移動時も簡単取引
交換業者 通貨 特徴
スマートフォンで急激な価格変動時も即座に取引可能。
全ペア取引手数料0%キャンペーン実施中。
BTC出来高No.1、国内最大手交換業者。
BTCFXに定評、下落相場も利益を狙える。
ETH,XRPの板取引も対応。BTC取引高No.2

DigiByte(デジバイト)の概要

通貨コード DGB
取引開始日 2014/01/12
承認アルゴリズム Proof of Work(Scrypt / SHA-256 / Qubit / Skein / Groestl)
発行上限 21,000,000,000DGB
現在の流通量 約8,100,000,000DGB
ブロック生成サイクル 約15秒
ブロックチェーンURL https://digiexplorer.info/

DigiByte(デジバイト)は「DigiShield」という独自のdifficulty(採掘難度)調整アルゴリズムを最初に発明・導入したコインです。

Dogecoinがdifficulty調整アルゴリズムの主流であったKimoto Gravity WellではなくDigiShieldを採用したことで有名になりました。

DigiByteはゲームデベロッパー・ゲームユーザー・広告主をつなぐプラットフォームを形成する構想を考えており、現在既に『League of Legends(リーグオブレジェンズ、通称:lol)』や『Minecraft(マインクラフト)』などの有名なゲームで実装されています。

最近では、10月3日に行われたCity bank主催のCity T4iアワードで受賞したことが話題になりました。

DigiByte(デジバイト)の特徴

DigiByteの特徴として主に挙げられるのは以下の5つです。

5つのアルゴリズム

DigiByteの最も大きな特徴として言われるのは、『マイニングをするのに5つのアルゴリズムを採用している』という点です。

  • SHA-256
  • Scrypt
  • Groestl
  • Skein
  • Qubit

と5つありますが、マイナーはこの中から好きなものを選んで採掘できるようになっています。

基本的にはブロックチェーンは1つなので、1つのアルゴリズムで採掘しますが、DigiByteは先ほどの5つのアルゴリズムがそれぞれ20%ずつに分散されており、ブロックチェーンは1本ですが、アルゴリズムごとにブロックが存在します。

もちろん、アルゴリズム毎にdifficluty(採掘難度)調整等も行われます。

このメリットとしては、アルゴリズムが5つに分かれていることによって、PoW攻撃(51%攻撃)を受けたとしても大きな被害を出す可能性が低いのです。

DigiShield

もともと存在していたdifficluty調整アルゴリズムでは、十分に機能していないという問題点がありましたが、これらの問題を解決した形で公開されたのがDigiShieldです。

DigiShieldによりブロック生成の際に直前のブロック生成におけるハッシュレートからdifficulty調整を行うため、高すぎず低すぎない採掘難度を維持できます。

そのため、ビットコインで懸念されるブロック報酬減少を低く抑えることができます。

これにより、半減期による価格下落リスクを下げることができるのです。

Segwit(セグウィット)が最初に採用された仮想通貨

ビットコインなどでも問題となり、相場に大きく影響を与え、分裂騒動を起こしたスケーラビリティ問題の解決策であるSegwit(セグウィット)

これを最初に採用した通貨がDigiByteです。

ビットコインもSegwit2xとしてロックインされ、問題は解決に向かっていることからもSegwit(セグウィット)の重要度が伺えます。

DIGUSIGN(ディグサイン)

イーサリアムなど同様にスマートコントラクトの機能も持っています。

医療・政府記録・法的書類・契約書などでの導入が考えられ、DigiByteが仮想通貨以外での用途が非常に開かれており汎用性があるものだと言えます。

トランザクション速度の拡大

DigiByteは2年ごとにブロックサイズを2倍にする特別なコードを導入しています。

  • 2017年に560トランザクション/秒
  • 2019年に1,120トランザクション/秒
  • 2021年に2,240トランザクション/秒
  • 2035年に280,000+トランザクション/秒

トランザクション速度とネットワーク容量を拡大する計画になっています。

DigiByte(デジバイト)を扱っている取引所

DigiByteは国内取引所では扱っておらず、以下の5つの海外取引所で取引を行います。

  • POLONIEX
  • BITTREX
  • Litebit
  • Yobit
  • Cryptopia

POLONIEXやBITTREXは大手の取引所なので、DigiByte以外も様々な通貨を取り扱っており、開設しておいて損は無いでしょう。

Poloniex(ポロニエックス) 世界最大級のアルトコイン取引所
Poloniex(ポロニエックス) の基本情報・最新ニュースを網羅的に解説しています。Poloniexは世界最大級のアルトコイン取引高を誇る仮想通貨取引所であり、取引可能アルトコインは60種類以上となっています。
仮想通貨取引所 Bittrex(ビットトレックス)とは?
bittrex(ビットトレックス)は、アメリカにある仮想通貨取引所です。2014年に設立され、マイナーな仮想通貨を取引するのに最適な取引...

DigiByte(デジバイト)を扱っているウォレット

DigiByteを管理するウォレットは公式ウォレットがいいでしょう。

DigiByte Gaming Wallet
Android,Mac,Windows
DigiByte Gaming Wallet公式サイト
DigiByteはCopay Walletがベースになっているので操作が簡単であるメリットがあります。また、DigiByte coreに比べて機能が豊富なのでDigiByteウォレットとしてはこちらをオススメします。

Android版なら公式アプリがありますので、そちらがオススメです。

iOS版はリリースされるかもと言われているので、要チェックです。

DigiByte(デジバイト)のマイニング

上でも書いたようにマイニングに5つのアルゴリズム(Myriadcoin)が使われていて、PoW攻撃(51%攻撃)を受けたとしても大きな被害を出す可能性が低いのです。

また、difficluty調整アルゴリズムのDigiShieldにより、difficlutyが高すぎず低すぎないよう調整されるため、半減期による価格下落リスクを下げることができます。

まとめ

2017年6月のマインクラフトの一件でDigiByteを高値で買ってしまい、その後の下落で塩漬けになってしまっている方が多いと言われている仮想通貨ですが、元々ポテンシャルは高く、今後も上がっていく可能性は十分ある通貨だと思います。

今後の動向に期待に期待が集まります。