ライトコインの売り時は2018年?それとも2017年末?

ライトコインの可能性
ライトコインは、2017年に$4(約450円)程度から$100(約11,000円)以上にまで値上がり、仮想通貨全体でも時価総額で7位になるなど、非常に良いパフォーマンスをあげました。
ビットコインキャッシュという脅威
今でこそサポート面で優位性のあるライトコインですが、2018年中には、その優位性も失われ、ビットコイン・キャッシュに押され始め、勢いが失速、または、下降トレンドに転換されてしまうのではないかと危惧されています。

現時点で、ライトコインは2017年に非常に良いパフォーマンスをあげています。

2017年初めに、ライトコインはわずか$4(約450円)程度でしたが、現在はCoinmarketcap によると$100(約11,000円)以上まで値上がりしています。

これは、1年で2000%もの成長をしたことになり、時価総額も$2億(約220億円)から$55億(約6000億円)にまで拡大しました。

他の仮想通貨と比較しても、最もパフォーマンスの良かった複数の通貨と同等の成長率を記録し、結果的に時価総額でいうと、7番目に大規模な仮想通貨の位置にまで登りつめました。

しかし、これは過去の出来事であり、ここからはライトコインの2018年の展望について言及していきます。

ライトコインは2018年も引き続き高い成長率を維持していくのでしょうか。

おそらく、その成長率は2017年ほど驚異的ではないかもしれませんが、変わらず上昇する見通しです。

多くの人は、ビットコインを金(ゴールド)とすると、特にマイクロ決済の側面からライトコインを銀(シルバー)として捉えています。

例えば、6月-7月間にビットコインでの取引が遅延し、手数料が高騰した時に顕著に表れています。

全てのビットコインでの取引では、1取引につき$5(約600円)ほどの手数料がかかります。

これは、少額しか送金しない人にとっては、いささか割高であると言えます。

しかし、一方で、ライトコインでは、1取引に対してわずか$0,05(約5円)ほどの手数料しかかからないのです。

下記の図からも見て取れるように、ライトコインは、ビットコイン価格が下落した6月-7月の時に新高値を更新しています。

赤=BTC,青=LTC

これは、一方の通貨に変更がない限り、同様の動きをするビットコイン及び、ライトコインの関係性を表しています。

ライトコインが2011年にビットコイン・ブロックチェーンからフォークしたことを踏まえ、両通貨が同じ技術を使用していることを考慮するとこの関係性も頷けます。

しかし、もし他の通貨が2018年にライトコインの脅威となるのであれば、生き残ることは難し位でしょう。

そして、その脅威となる通貨はもしかしたらビットコイン・キャッシュかもしれないのです

2018年にビットコイン・キャッシュはどのようにライトコインの脅威となり得るのか

ビットコイン・キャッシュも2017年8月にライトコインと同様ビットコインからのフォークにより発行され、ライトコインと同様のニッチな分野に焦点を当てています。

ビットコイン・キャッシュは取引スピードを加速させ、手数料を低く抑えることを目的としています。

そして、実際に取引手数料で言えば、ビットコイン・キャッシュはライトコインと比べて非常に低いことを考慮すると、この通貨はライトコインの脅威となり得ます。

さらに、ライトコインは、チェーン上の拡張性という点でも引けを取っています。

赤=BCH,青=LTC

ビットコイン・キャッシュ開発者達は、そのブロック容量を8MBに拡大させた際に、また取引速度を高めるべき時が来たら拡張する主旨を伝えました。

対照的に、ライトコインはこの拡張性を有しておらず、将来的にビットコインが現在抱えているスケーラビリティ問題に直面するだろうと予想されています。

これはライトコインの将来性においてどのようなことを示唆しているのか。

おそらく実際に2018年にビットコイン・キャッシュはライトコインにとって脅威となり得ますが、ライトコインがより多くのウォレットや取引所などのサポートを有していることから完全に排除されるということは考えられません

そして、この優位性はライトコインの上昇トレンドを2018年中旬まで継続させるには充分であると考えています。

その後に関しては、BCHは多くのサポートを増やしていくことで、ライトコインが失速または、下降トレンドに変わる可能性があるでしょう。

Should you sell your Litecoin in 2018 or before end-year?

Dec 6, 2017 by ForexNewsNow

参考記事はこちらから