アルトコインプロジェクト情報(日本語要約)

06/13 土曜日
12:00

MASS:PoCブロックチェーンコンセンサスエンジン

[出典元]
06/12 金曜日
13:42

Bitampはオープンソースのビットコインウォレットを発表

[出典元]
9:59

WhiteblockのCEOであるZak Cole氏へのインタビュー

分散システムの開発およびテストを行うWhiteblock社のエンジニア兼、CEOのZak Cole氏にインタビューを行なったとのこと。インタビューでは、ブロックチェーンに対する考えや将来についてなど、同社の事業内容や役割と合わせてお話頂いたとのこと。
[出典元]
06/11 木曜日
19:31

ブロックチェーン分析会社であるChainalysisとの提携発表

ブロックチェーン分析会社のChainalysisとの提携を発表。提携に伴い、アルゴランド財団は、Chainalysis KYTとChainalysis Reactorを使用。Chainalysis KYTを利用することで、ブロックチェーン上の活動を監視し、リスクの高い取引を継続的に特定することが可能となる。また、Chainalysis Reactorを利用することで、疑わしい取引の調査を進め、ブロックチェーン上での詐欺、恐喝、マネーロンダリングなどの犯罪行為について、より詳細なレポートの提供を支援する。
[出典元]
12:02

ウィークリーレポート(2020年06月01日 – 08日)

今週は、オントロジー2.0、ONT ID 2.0、DeFi、新しいトークンモデル、透明性をトピックとして、新機能追加やアップグレードに関する内容をお知らせしている。
[出典元]
9:53

Harvey教授:ブロックチェーンをCOVID-19に応用へ

Harvey教授は、ブロックチェーンを新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の検査、ワクチン製造、およびサプライチェーンの改善を効果的に追跡するための応用可能性について語っているとのこと。
[出典元]
06/10 水曜日
16:55

ISO 20022:国境を越えた決済の将来を形成

RippleNetはISO 20022規格に準拠しており、国境を越えた決済規格の将来的な方向性を定義することで、300以上の顧客のニーズを満たすことができるとのこと。また、リップルはクロスボーダー決済にISO 20022規格の適用を行い、標準化されたAPIのDLTデータ構造での使用における経験と専門知識を提供することができるとのこと。
[出典元]
16:55

Algorandと共同でClarityスマートコントラクトの構築を発表

Algorandと共同でClarityスマートコントラクト言語の設計と開発をサポートする独立したオープンソースプロジェクトを発表。また、Clarityによるインターチェーンコミュニケーションにも取り組むことを発表しており、開発者間でシームレスにコントラクトを実行できるようになるとのこと。
[出典元]
16:55

BlockstackとAlgorand:共同でClarityのサポートを発表

BlockstackとAlgorandの2社は、安全で効果的なコードの作成を目的にスマートコントラクト言語のClarityをサポートする独立系オープンソースプロジェクトを共同で発表。また、Clarityによるインターチェーンコミュニケーションにも取り組むことを発表しており、開発者間でシームレスにコントラクトを実行できるようになるとのこと。
[出典元]
12:55

ガバナンスとステーキング経済モデルの強化

コミュニティによるガバナンスと経済モデルを改善することを目的に、ステーキングの最小要件、スケーリング能力、ガバナンス投票の報酬、などに関して投票が行われるとのこと。これらの提案を行うためにオントロジーコミュニティメンバーに対して10,000ONGのリワードが提供されたとのこと。
[出典元]
06/09 火曜日
20:00

ネクストブレイク筆頭とされるFilecoin(ファイルコイン)とは?

[出典元]
10:14

成功のためのロードマップ図表

オントロジーは1年間、ゲーム、DeFi、コンテンツに関連する80以上のユースケースの立ち上げを行なっており、ピーク時のデイリーアクティブユーザー(DAU)は13万人に達したとのこと。次は、データ所有権保護、ステーブルコイン、デジタル通貨、自動車産業におけるブロックチェーンに焦点を当てているとのこと。
[出典元]