アルトコインプロジェクト情報(日本語要約)

05/19 火曜日
17:26

持続可能なブロックチェーンの採用を促進する方法

暗号資産AIKONのCEOは、リップル社が提供するポッドキャスト「Block Stars」にて「仮想通貨が与える環境への影響」について議論が行われたとのこと。議論の中で、XRPのカーボンフットプリント(CO2排出量)は、ビットコインのカーボンフットプリントの約1000万分の1であり、持続可能性があることについても言及されている。
[出典元]
17:24

イーサリアム財団 2020 スプリングアップデート

イーサリアム財団は、イーサリアムエコシステムに対する支援方法と資金配分の方法、また今後の見通しに関するアップデート情報を報告している。特に資金の配分方法については、財団内でタイプAからタイプDまでの4つのポートフォリオに分けられているとのこと。また今後、ETH2.0に関連する取り組みへのサポートも必要に応じて増加していくとのこと。
[出典元]
11:39

CryptoMondays MadridとCryptoDifferがノードとして追加

アルトコインに焦点を当てた仮想通貨メディア「CryptoDiffer」と、仮想通貨とブロックチェーンに関心を持つ起業家によって構成されているチーム「CryptoMondays Madrid」は、グローバル・コミュニティ・コントリビューター(GCC)プログラムへの参加を通して、新しくノードとして追加されたとのこと。
[出典元]
05/18 月曜日
11:46

オークション参加者は90%の払い戻しの申請が可能

2019年に行われたALGOオークション参加者に対して、初期オークション価格の90%の払い戻し申請の受付を開始することを明らかにした。今後、数日から数週間の間に、Algorand財団はCoinListと協力をして、払い戻しのプロセス、指示、具体的なタイミングについての詳細な情報を提供する予定とのこと。
[出典元]
05/15 金曜日
16:54

物理学研究所「PlanetWatch」は550,000ユーロの資金調達を発表

PlanetWatchは、Algorandのブロックチェーンを使用して550,000ユーロ(約6,376万)の資金調達を発表。同社の高性能センサーによって収集されたリアルタイムデータをブロックチェーン上に保存し、センサー保有者にはユーティリティトークンであるPLANETトークンを付与するとのこと。
[出典元]
12:00

世界的な清算・決済チェーン「Roxe Chain」が正式にスタート

[出典元]
05/14 木曜日
15:44

破壊的イノベーション理論を国境を越えた支払いに適用させるには

ハーバードビジネススクールの故クレイクリステンセン教授の「なぜ成功した大企業は、破壊的なテクノロジーを採用できないことが多いのですか?」 との問いに答えている。
[出典元]
15:32

スマートコントラクトハッカソンを開催へ

Stacks 2.0 Testnetが公式にオンラインになり、Clarityがユーザーのインターネットビルダーにもたらす全ての新しい可能性をテストするための絶好の機会とした。
[出典元]
15:29

ドイツの分散型電子IDスペシャリスト、Spherityとのパートナーシップを発表

この戦略的パートナーシップによりOntologyブロックチェーンがSpherityのCloud-Edge Identity Walletに統合され、分散型デジタルIDソリューションをパブリックおよび許可されたブロックチェーン全体で活用可能となる。
[出典元]
15:25

コンセンサスで分散型データマーケットプレイス「SAGA」を新たに発表へ

SAGAはユーザーが信頼でき、標準化された、費用対効果の高い方法でデータを収益化および取得できるように設計された分散データマーケットプレイスであるとした。
[出典元]
10:30

ChainBridgeの開発におけるChainSafeのサポートを発表

将来の相互運用性は経済的に持続可能でありながら問題を解決できるオープンソースソフトウェアを中心としたコンソーシアムを形成するプロジェクトに依存すると語った。
[出典元]
05/13 水曜日
19:03

ウィークリーレポート: Dappやプロダクト開発に進展

中でもスマートコントラクトAPI開発は現時点で60%を超したことを明かした。
[出典元]