Blockstack 情報(日本語要約)

07/28 火曜日
11:13

Clarityスマートコントラクトとのトランザクションに署名するアプリ

Blockstack Connectの新バージョンは、Stacks 2.0 Testnet上でClarityのスマートコントラクトでトランザクションに署名するアプリを構築したい開発者向けに提供されている。また開発者は、ユーザーがあらゆる種類のトランザクションの署名を確認できるダイアログを開くために、単一のJavaScript関数を呼び出すことが可能となった。
[出典元]
07/23 木曜日
11:03

 Stacks 2.0 Hackathonシリーズの紹介

2020年07月29日から、高い需要によりClarity Hackの開始を発表。また、条件を満たしたユーザーへの特典付与や、「ハックスタック」などについて紹介している。
[出典元]
07/08 水曜日
12:17

開発者を楽にするための複数のツールを提供

クラリティハッカソンのパート2が終了した。パート1ではスマートコントラクトに焦点を当てておりましたが、パート2では開発者を楽にするツールに焦点を当てており、様々な種類のツールが提供されました。提出されたツールは、Clarityデバッガからビットコイン価格オラクルなど多岐にわたる。
[出典元]
06/25 木曜日
17:04

コインデスクのAdam B. Levine氏とのポッドキャスト

Patrick Stanley氏とAdam B. Levine氏が、アダムの過去のプロジェクトや計画を振り返りながら、ここ数年での仮想通貨とビットコインの進歩について語っている。また、まだ試されていないアイデアについての議論やビジネス構築、特に消費者向けのプロジェクトが一般的に困難であることが証明されている理由についても語っている。
[出典元]
14:48

Blockstack Connectの公式リリースに関するお知らせ

Blockstack Connectの公式リリースを発表。これにより、簡単にデータとプライバシーを保護するブロックスタックアカウントとユーザーを、シームレスにプロビジョニングが可能となった。
[出典元]
06/24 水曜日
23:46

スタックスエコシステム:分散化への道の次のステップ

Stacks 2.0のリリースによって、ブロックチェーン自体の開発作業はほぼ完了となる。次なるステップとして、Stacksエコシステムに関するアプリケーションと開発者ツールの開発に注力することを発表している。
[出典元]
06/16 火曜日
9:40

テクニカルサミットに関するお知らせ

2020年08月01日以降、Trustless 2020、Defi Discussions Summit、およびBlockstack Annual Summitの関係者は協力をして、バーチャル会議「#FutureProof」を提供することを発表。ディストピアラボとブロックスタックPBCが主催するこのテクニカルサミットでは、実用的な準備、自主性とプライバシー、マイニングイノベーションについて語られるとのこと。
[出典元]
06/10 水曜日
16:55

Algorandと共同でClarityスマートコントラクトの構築を発表

Algorandと共同でClarityスマートコントラクト言語の設計と開発をサポートする独立したオープンソースプロジェクトを発表。また、Clarityによるインターチェーンコミュニケーションにも取り組むことを発表しており、開発者間でシームレスにコントラクトを実行できるようになるとのこと。
[出典元]
06/05 金曜日
11:34

Jason Schrader氏に関する紹介

2020年2月、Blockstackコミュニティに参加したJason氏は、ワーキンググループを牽引やテストネットに関する執筆などを行い、大きな影響を与えているとのこと。また同氏は、ワーキンググループを率いてStacks(STX)を中心にエコシステムを発展させることを目的としているとのこと。
[出典元]
06/04 木曜日
15:48

Sean Li氏:Web 3.0の繁栄について

Magicの共同創設者兼CEOであるSean Li氏とBlockstackの責任者であるPatrick Stanley氏は、スムーズなエクスペリエンスを実現するための適切なツールを開発者に提供した場合、Web 3.0がどのように繁栄していくかについての議論が行われているとのこと。
[出典元]
15:23

ハッカソンパート1:対象ユーザーに特典を付与へ

バグを減らし予測どおりに動作するようにゼロから設計されたClarityのハッカソンが行われ、特典付与に該当する対象ユーザーを発表。また、ハッカソンのパート2も開催され、対象ユーザーへの特典も用意されているとのこと。
[出典元]
06/03 水曜日
15:14

テストネットバウンティプログラムの紹介

Stacks 2.0 テストネットはすでに稼働しており、ユーザーはバウンティプログラム通じてBTCを獲得することができるとのこと。バウンティプログラムは、複数用意されており、カテゴリー毎に分類されているとのこと。
[出典元]