Blockstack 情報(日本語要約)

05/26 火曜日
11:00

KuCoinでのStacks(STX)取引開始のお知らせ

2020年4月、Blockstackはアジアを拠点とする仮想通貨取引所KuCoinと、Stacks(STX)トークンのグローバルなアクセスを拡大するための契約を締結。そして本日、同取引所にてSTXの取引が正式に開始されることが発表された。
[出典元]
05/22 金曜日
18:22

プルーフオブトランスファーに関するホワイトペーパーを発表

ブロックチェーンのブートストラップと安全性の確保を目的に新しいマイニングメカニズムである「プルーフオブトランスファー」を発表。開発者が同技術をテストネットへの実装に向けて取り組んだ結果、いくつかの重要な決定と更新が行われたため、興味がある方はマイナーまたはスタッカーとしてテストネットに参加することができるとのこと。
[出典元]
05/14 木曜日
15:32

スマートコントラクトハッカソンを開催へ

Stacks 2.0 Testnetが公式にオンラインになり、Clarityがユーザーのインターネットビルダーにもたらす全ての新しい可能性をテストするための絶好の機会とした。
[出典元]
05/13 水曜日
10:47

Michael Andersonによるオープンプロトコルへの投資について

アンダーソン氏はBlockstack PBCでオープンプロトコルへの投資がいかにユニークな挑戦かについて話した。
[出典元]
05/06 水曜日
12:14

Blockstackコンセンサス開催決定:プレゼンテーションとデモに参加予定

5月11日から15日にかけて開催される無料のオンライン会議が開催される。Blockstackの共同創設者、Muneeb氏はいくつかの重要なオンラインセッションステージで講演する予定だ。
[出典元]
04/30 木曜日
11:31

Clarityハッカソン:スマートコントラクトチャレンジを開催へ

Clarityスマートコントラクト言語は予測可能性とセキュリティを最適化する。意図しないエラーを減らし、バグのクラス全体を排除しながら、チェーン上のロジックを有効にするための正確なツールを提供可能とのこと。
[出典元]
04/29 水曜日
17:52

SECに対し年次報告書を提出へ

このような年次報告書は通常、会社が提出する最も包括的な更新です。昨年の夏以降の進展に興奮しており、Blockstackエコシステムの分散化の強化に引き続き取り組んでいくとした。
[出典元]
04/28 火曜日
11:32

「ソーシャルマネー」とWeb 3.0の未来について語る

このエピソードではBlockstack PBCのPatrick StanleyとRollの創設者兼CEO(tryroll.com)が、「ソーシャルマネーエコノミー」で働いている根本的な概念と力について語っている。
[出典元]
11:23

二つ目の特許誓約および特許を取得へ

特許内容は' 第三者のIDサービスを必要とせずに分散システムでユーザーIDを認証するためのプラットフォームおよび関連する方法 'である。
[出典元]
04/23 木曜日
11:10

暗号資産取引所KuCoinとのスタック(STX)上場契約を公表

今回の契約はアジアおよびその他の活発なKuCoin市場において、スタック(STX)トークンへのグローバルアクセスを拡大する事を目的としているようだ。
[出典元]
11:03

The Stacks2.0パブリックテストネットの第1フェーズが公開へ

Stacks 2.0により、開発者は表現力豊かなスマートコントラクトを作成し、新しいビジネスモデルを試すことが可能となる。ビットコインのセキュリティと耐久性に固定されている。Stacks 2.0はStacksおよびBitcoin暗号通貨も相互接続。STXマイナーはマイニングに参加するためにBTCを転送し、STX保有者はコンセンサスに参加することでビットコインを獲得可能。
[出典元]
04/09 木曜日
12:24

エバンジェリストスポットライト:Blockstack Evangelist、ハロルド氏について

すべての人に開かれた居心地の良い雰囲気を作ってくれたBlockstackコミュニティに感謝と最後に語っている。
[出典元]