coinbase 情報(日本語要約)

07/01 水曜日

21Shares AG:コインベースカストディ利用に関するお知らせ

2020年07月01日、21Shares AGはビットコインETPのデジタル資産を保管をするためにコインベースカストディを選択。また、2020年07月02日にはドイツ取引所のXetra電子取引所に上場することを発表。
[出典元]
06/26 金曜日

Coinbase Earn:Compound(COMP)利用開始に関するお知らせ

2020月06月26日より、CompoundプロトコルとガバナンストークンCOMPに関するクイズに回答することで、COMPを特典として付与することを発表。
[出典元]

Compound(COMP)利用開始に関するお知らせ

2020年06月26日より、Coinbase.com、Coinbase AndroidおよびiOSアプリでCompound(COMP)が利用可能となった。ユーザーは、購入、売買、コンバート、送受信ができるようになった。
[出典元]
06/19 金曜日

RubyおよびMongoDBとの接続のスケーリングに関するお知らせ

コネクションプロキシの導入によって、MongoDBへの全体的な接続数が劇的に減少したことで、約20倍となったデプロイ時の接続数が30Kを超えていたものが、今では1.5Kの接続数となった。また、1台あたり10Kの接続を必要としていた状態から、今では200~300の接続数で済むようになった。
[出典元]
06/18 木曜日

Compound(COMP)サポートに関するお知らせ

2020年06月22日、Compound(COMP)サポートに伴い、入金に対応。また、十分な流動性を確保次第、COMP/USDおよびCOMP/BTCペアの取引サポートを開始することを発表。
[出典元]
06/17 水曜日

Rosettaツールセットの発表

2020年06月17日、ブロックチェーンとの統合をよりシンプルに、より速く、より信頼性の高いものにするオープンソースの仕様とツールセットであるRosettaを発表。同ツールセットは、オープンなエコシステムをサポートするための目標の第一歩となる。
[出典元]
06/13 土曜日

 Monorepoへの移行計画と目標に関するお知らせ

企業内でのコードライブラリの依存関係管理とコード共有に関する効率化を目的として、2021年初頭までに社内のすべてのプロジェクトをmonorepoに移行することを計画。また、同社のインフラストラクチャチームは、開発者に世界クラスのツール、セキュリティ、および信頼性を提供していきたいとのこと。
[出典元]
06/12 金曜日

Maker(MKR)上場に関するお知らせ

Makerシステムのユーティリティトークンおよび、ガバナンストークンとして発行されているMaker(MKR)上場に伴い、ユーザーは売買、コンバート、送受信、管理への対応が可能になったことを発表。
[出典元]
06/11 木曜日

新しいアセットの追加検討に関するお知らせ

技術基準や法律に準拠するすべての資産をサポートすることを目的としており、現時点で約18種類の新しいアセットの追加を検討していることを発表。ただし、検討中のアセットが追加されることを保証するものではないとのこと。
[出典元]
06/09 火曜日

コンテナ技術に関するお知らせ

エンジニアがコンテナを使用することで、他の環境で実行するのと同じまたは同様の方法で、アプリケーションをローカルで開発、テスト、および実行することができるとのこと。
[出典元]
06/06 土曜日

サービス停止に関する状況と今後のお知らせについて

2020年6月1日、coinbase.com、pro.coinbase.com、およびモバイルアプリケーションの機能は、トラフィックの急激な上昇が原因で停止しており、具体的な状況についてお知らせしている。問題の修正後、導入プロセスの改善とスケーリング問題の軽減を計画しているとのこと。
[出典元]
05/29 金曜日

暗号資産Maker(MKR)リリースに関するお知らせ

Coinbase Proは、Maker(MKR)リリースの開始を発表。市場の流動性を確保した上で完全な取引を提供するために、4つのフェーズが用意されている。第1フェーズであるMKRの転送は、2020年6月8日から開始するとのこと。
[出典元]