仮想通貨投資の始め方 |初心者向けに口座開設方法や注意点を解説

仮想通貨を購入するには?

昨年後半からビットコイン(BTC)の価格が急騰し、今月に入り、一時的に価格が500万円を超えました。2017年の暗号資産(仮想通貨)バブルと重ねて見られる状況が続いています。

仮想通貨に関するテレビCMの放映も始まり、新聞社やネットメディアのニュースでもビットコインが広く取り上げられ、仮想通貨投資に対する興味関心を抱く人も増えていると思います。

そこで、本記事では仮想通貨を今から購入したいけれど、「どうしたらよいかわからない方」に向けて、どのようにしたら仮想通貨を購入することができるのかを解説していきます。

目次
  1. 仮想通貨はどこで購入できるか
  2. 取引所選びの基準
  3. 人気の仮想通貨取引所
  4. 取引所のアカウント登録・操作方法を解説
  5. 取引の際に初心者が気を付けるべきこと

仮想通貨はどこで購入できるか

仮想通貨を購入する方法は、実は多くあります。以下に最もよく知られる3つの方法をご紹介します。

仮想通貨取引所

仮想通貨の購入方法として、初心者の方に最も一般的でおすすめなのが、仮想通貨取引所の利用です。日本の金融庁より仮想通貨事業者ライセンスの登録を行う事業者は、20社以上あり、そのほとんどが一般の投資家向けにビットコイン等の仮想通貨取引サービスを提供しています。

自分自身で仮想通貨の管理を行うことに不安を覚える方にも適した購入方法で、仮想通貨購入後は取引所があなたの代わりに仮想通貨の管理・保管を行ってくれるメリットもあります。

このように、便利なサービスを提供している仮想通貨取引所ですが、20社以上ある取引所はそれぞれサービスが異なり、購入時の手数料も異なるため、それぞれの特徴を踏まえて自分に合った取引所を選ぶ必要があります。

今回は、初めての仮想通貨取引で、どの取引所を使った方がいいか、業界専門メディアが詳しく説明します(後述)。

OTC取引

OTC取引とは、企業あるいは個人同士で取引を行うものです。やり取りにはメッセージや通話サービスを利用して、買い手と売り手が取引の発注を行う流れが一般的です。

マーケットに直接影響なく取引できる点から、1000万円以上の取引を行う投資家の方など、多くの資金を取引したい人に適したサービスといえるでしょう。

こちらも上記の取引所と同様、日本の金融庁より仮想通貨事業者ライセンスの登録を行う事業者が、正式なサービスとして提供しています。

購入代行サービス

個別にオンライン上で送金ができる仮想通貨は、購入代行サービスを通じて購入することも可能です。企業に代理購入してもらう方法、知人などに依頼して購入してもらう方法などがこれに該当します。

しかし、購入代行サービスを利用すると、個人情報が相手に知られてしまうという大きなリスクが伴うほか、そのままお金を持ち逃げされてしまう例など、詐欺の被害にあうケースなども考えられます。信頼できる事業者を選定する基準などを判断できるようになるまでは、金融庁より仮想通貨事業者ライセンスの登録を受けた仮想通貨取引所を利用することをおすすめします。

関連:ビットコインの買い方|おすすめ購入方法を紹介

取引所選びの基準

では、初めて仮想通貨を購入する際、利用する仮想通貨取引所の選び方について、判断材料で見たい3つのポイントをご紹介します。(この3つのポイントを基準に、おすすめ取引所も紹介します)

1. 取り扱い銘柄数

取引所選びで考慮すべき点の一つが取り扱い銘柄です。取引所によって、取り扱っている銘柄の種類や銘柄数には、かなりのばらつきがあります。

自分が購入を希望している銘柄を取り扱っているかは事前にチェックしておきましょう。また、取り扱い銘柄が多いほど投資における選択肢が広がり、有利になるということも考慮しておく必要があります。

2. セキュリティ対策

また、仮想通貨取引所を選ぶ上で、セキュリティ対策も考慮すべき重要なポイントです。日本でも過去にいくつかの取引所がハッキング被害に遭い、保管されている仮想通貨が流出する騒動が起こっています。

日本の仮想通貨事業者ライセンスの登録を受けた仮想通貨取引所のハッキング事件では、全ての被害に対して保証措置が取られていますが、事前に利用する取引所がどのような対策を組んでいるかを把握することはとても重要です。

せっかく取引所で仮想通貨を購入しても、セキュリティが杜撰なために流出・盗難の被害に遭ってしまったら、大事な財産が失われてしまわないか、不安になります。

投資を行う上で、取引所がどのようなセキュリティ対策を行っているのかを知っておく必要があるでしょう。

3. 信頼できる企業か

取引所選定を行う上で、初心者でも判断しやすいのが、取引所を運営している企業母体です。

ベンチャー企業から上場企業まで様々な企業が取引所の運営を行っていますが、大手企業や上場企業の傘下にあるなど、ご自身で把握している企業の取引所から利用してみるのも選ぶ時のポイントになるでしょう。

企業の選定基準は、資金力などにも関連する重要な指標で、取引所の破綻リスクなど、サードパーティリスク(当事者ではない第三者によるリスク)を判断する基準にもなります。

おすすめの仮想通貨取引所

数ある取引所の中から、これらの基準を踏まえて、おすすめの取引所を3つ紹介します。(口座開設は全て無料)

コインチェック

大手仮想通貨取引所コインチェックは、2012年に創業して仮想通貨業界をけん引してきた大手仮想通貨取引所です。2018年に、東証一部上場企業であるマネックスグループの傘下に入りました。

コインチェックでは、2018年1月に顧客から預かっているNEMが外部から不正に流出させられるという騒動が起こっているため不安視する人もいるかもしれませんが、東証一部上場のマネックスグループの子会社となってからは、セキュリティやガバナンス等の強化に注力しています。

コインチェックの魅力は、前述したセキュリティ面での安全性の他に、投資家の選択肢を広げる取り扱い銘柄の多さがあります。取り扱い銘柄数は国内取引所の中では最多の15種類。ビットコインやイーサリアム(ETH)などのメジャーな銘柄はもちろんのこと、日本ではコインチェックでしか取り扱われていない銘柄もいくつかあります。

日本で話題になる通貨を購入したい時に選択肢になることが多いほか、投資初心者の方でも使いやすいデザインである点など、初めて口座開設する取引所としておすすめです。

関連:仮想通貨取引所コインチェックとは|投資家向け3つのおすすめポイント

コインチェックで口座開設する

bitFlyer

2014年1月に設立されたbitFlyerは、日本でも古参の仮想通貨取引所で、三井住友銀行グループやリクルートなどの様々な業界の大企業から出資を受けています。流出事件などの過去のインシデント例はなく、安定した運営と、質の高いサービスで定評があります。

bitFlyerの強みとして、ビットコインの取引量が国内取引所の中でトップであることが挙げられます。それだけ多くのユーザーが利用していることの証です。利用するユーザー数が多いということは、取引の成約率が高いということなので、長期的に投資を行っていきたい投資家にとっては重要なポイントです。

初心者から利用しやすいだけでなく、より盛んに取引を行う中級者〜上級者の投資家にも選ばれる取引所となります。

また、取り扱い銘柄数は13種類と、国内取引所の中ではトップクラスの多さです。

セキュリティ面においても、経営上の最優先課題としており、最新テクノロジーを導入していることから、万全の体制を敷いていることがわかります。

仮想通貨の取引だけでなく、盛んに取引した方や、レバレッジを効かせた取引を行う方などは、コインチェックと並行して口座開設だけしておくと、長期的な投資ライフに生かせると思います。

bitFlyerで口座開設する

TAOTAO

TAOTAOは、2017年に設立されたTaoTao株式会社が運営する、仮想通貨取引所です。

同社は元々、ヤフーグループの完全子会社でしたが、2020年10月にSBIグループへと株式が譲渡されたことにより、SBIグループの傘下に入り、話題になりました。

TAOTAOも他の大手取引所と同様、セキュリティ対策には力を入れており、サイバー攻撃に備えて最新技術を取り入れています。二段階認証を設定済みの口座で万が一不正出金が行われた場合には、1回の請求で最大100万円を補償するなど、保険に近い仕組みも導入しています。

TAOTAOの特徴は、全取り扱い銘柄でレバレッジ取引が可能であることです。レバレッジ取引ができる国内取引所は少ないので、レバレッジ取引(CFD取引)を希望するユーザーに向いていると言えます。一方で、現物取引はビットコインとイーサリアムしか対応していません(現物取引とレバレッジ取引については後述します)。

取り扱い銘柄は全5種と、決して多くはありませんが、上昇時も下落時も利益を狙いたい投資家の方にはおすすめの取引所となります。

取引所のアカウント登録・口座開設方法

ここからは取引所の利用方法について、コインチェック(web版)を例に解説していきます。

アカウント登録

まずはコインチェックの公式サイトにアクセスし、「新規登録」をクリックします。

メールアドレスとパスワードを入力する画面に遷移するので、入力したら「新規登録」をクリック。

入力したメールアドレス宛に確認用メールが送信されるので、記載されているURLをクリックします。すると、先ほど入力したメールアドレスと相違ないかチェックされ、問題なければアカウント登録が完了します。その後、メールアドレスとパスワードを入力したら「メールアドレスでログイン」をクリック。

電話番号のSMS認証

アカウント登録が完了したら、SMSを利用した電話番号の認証に移ります。

電話番号を入力後、「SMSを送信する」をクリックすると、携帯電話に6桁の認証番号が送信されるので、それを専用の欄に入力。これで認証が完了します。

本確認書類の提出

電話番号のSMS認証完了後は、本人確認書類提出の手続きを行います。

「本確認書類を提出する」をクリック。運転免許証やパスポートなどの指定されている書類の中から選択して写真を撮り、アップロードします。

提出後は審査が行われ、不備がなければ数日後に本人確認完了のメールと、住所確認用のハガキが届きます。ハガキが届けば、コインチェックのすべての機能を利用できるようになります。

ただし、売買を始める前に二段階認証の設定を行いましょう。二段階認証設定はセキュリティの観点で非常に重要であり、外部からのハッキングにより資産を失うリスクを軽減することができます。

二段階認証の設定

設定タブの中の「二段階認証」をクリックします。

次に、手持ちのスマホの種類がiOSであれば「iOSアプリ」を、Androidであれば「Androidアプリ」をクリックし、アプリのインストール画面に遷移します。

iOSの場合は「Google Authenticator」を、Andoroidの場合は「Google認証システム」という認証用のアプリをインストールすることになります。

認証アプリをインストールしたら、前の画面に戻り「設定する」をクリック。その後は画面の指示に従って設定を完了させてください。

二段階認証設定後は、ログイン画面でメールアドレスとパスワードを入力し、「メールアドレスでログイン」をクリック。認証アプリを起動し、生成されたパスコード(数字6桁)を入力し、ログインして利用していきます。

その後、口座に入金をすればいよいよ仮想通貨を購入できるようになります。

コインチェックで口座開設する

取引の際に初心者が気を付けるべきこと

取引所で口座を開設し二段階認証を設定したら、いよいよ仮想通貨を購入していくわけですが、ここでは、売買を行う際に初心者が知っておくべきことを解説します。

どれくらいの資金が必要?

冒頭で述べた通り、ビットコインの価格は高騰しており、現在1BTCあたり約500万円を推移しています。

これを聞いて、最低でも500万円ないと購入できないのでは?と思われる方もいるかもしれませんが、そんなことはありません。各取引所で最低売買単位が定められており、ほとんどの取引所が0.01BTC(約50,000円)か0.001BTC(約5,000円)です。コインチェックに至っては500円となっており、かなり小額から取引が可能です。

これはビットコインに限らずアルトコイン(ビットコイン以外の仮想通貨)にも同じことが言えます。

コインチェックで取引する

販売所と取引所の違い

仮想通貨取引所では、1つのサービス内で販売所と取引所という2種類の売買方法が提供されています。

仮想通貨の売買を行う前に、この2つについて理解しておかないと知らずのうちに損をすることになるかもしれません。

販売所

販売所は、投資家が仮想通貨取引所を相手に仮想通貨を売買するサービスです。

自分が売買したいタイミングで即座に取引ができるので、取引チャンスを逃すリスクが低いというメリットがあります。また、売買したい金額を指定してボタンを押すだけなのでUIやUXも単純で、初心者にもわかりやすいです。

しかし、販売所は、購入価格と売却価格の差(スプレッド)が大きいです。そのため、取引所と比べて購入価格が高く、売却価格は低くなる傾向があります。

取引所

取引所は、売買を希望する投資家同士が仮想通貨を取引します。運営会社は取引当事者を仲介する「板」と呼ばれる取引画面を提供します。

この方式は、自分で指定した価格で購入する指値注文や、価格を指定しないで成行注文などの方法で仮想通貨の売買ができます。また販売所と比較して、取引所に対して支払う手数料を大幅に削減できるメリットがあります。

しかし、取引所方式では、反対注文(自分が「買い」ポジションの場合に、反対のポジションとなる「売り」のこと)を出す投資家がいなければ注文は約定されません。そのため必ずしも自分が売買したいタイミングで取引が成立するとは限らないというデメリットがあります。

現物取引とレバレッジ取引

現物取引

現物取引とは、仮想通貨を実際に購入・売却する取引です。

売却を行う場合は、すでに仮想通貨を保有していることが前提になります。そのため、現物取引は先に仮想通貨の購入取引から入ることが必要です。

一般的には、円やドルなどの法定通貨を支払うことで購入取引を行います。現物取引は、手元にある資金以上の仮想通貨を購入できないことが特徴です。

レバレッジ取引(CFD取引)

レバレッジ取引とは、証拠金を口座に預け入れ、それを担保にして証拠金の何倍もの金額を取引できる取引方法です。

また、レバレッジ取引の場合、将来値下がりすることを期待しまず仮想通貨を売却し、値下がりした時点で買い戻すことも可能であるため、価格が下落した際にも収益を得られる可能性があります。こういった点も現物取引とは異なっています。

システムをきちんと理解してからでないと大きな損失を被る可能性があるため、初心者の方は最初は現物取引から始めたほうが無難です。

著者:T.Kobayashi
参考:コインチェック

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します