「デジタル・ニッポン 2022」、自民党デジタル社会推進本部が公開 デジタル施策にブロックチェーンを取り込むよう、多数の提言を示す

ブロックチェーン領域に関する提言も発表

自由民主党のデジタル社会推進本部は26日、デジタル施策に対する具体的な提言を示す「デジタル・ニッポン 2022」を発表した。資料内では、ブロックチェーン関連技術であるNFT(非代替性トークン)やメタバース(仮想空間)、Web3.0(分散型ウェブ)に関する多くの提言を示された。

デジタル社会推進本部は、今回発表した「デジタル・ニッポン 2022」を「岸田内閣が目指す『新しい資本主義』に対して、デジタルの側面からアプローチし、必要な施策を提言するもの」として位置づけており、「成長と分配の好循環、課題解決による市場の拡大により付加価値を高めて成長する社会」と「誰もが成長と幸せを実感できる持続可能な社会」を実現するための提言をする。

提言の構造は以下のようになっており、ブロックチェーンに関連する提言内容は「変化を捉える」というトピックで言及。「価値観」と「成長エンジン」の変化に触れ、バーチャル空間・Web3.0・分散型自立組織(DAO等)・新たな付加価値(NFT等)・新規創業における様々な提言を示した。

出典:デジタルニッポン 2022

「価値観」の変化

このトピックでは、これまでとこれからの「価値観」の変化について言及。そのうちの一つとしてリアル空間(物理的制約)からバーチャル空間への移行が挙げられた。

推進本部は、メタバースに関して、フェイスブック社が「メタ」社にリブランディングしたことや、多様な人々が平等に実社会に近い活動や交流ができる場所であることを認識したうえで、「事業機会」「場所の制約解放」「多様性の確保」の点で注目を集めていると指摘。主に以下のような提言を示した。

  • メタバースでの公共サービス提供のユースケースを調査し、特区制度等を活用して実証をはじめるべき
  • デジタル庁において、率先してオフィスをメタバース化する等の試みを行い、経験を積むべき
  • メタバースの発展で予想される効果や弊害、弊害への対策等について、検討するための組織を設けるべき

上記内容では、メタバースに関する調査・検証とその実現に向けた組織体制の整備など、将来的な土台の構築について触れられたが、この他にも、メタバースの普及に伴ったセキュリティ問題や犯罪行動、その他トラブルに対する提言内容も示されている。

関連:次世代の仮想空間サービス「メタバース」とは|ブロックチェーンとの関係も解説

「成長エンジン」の変化

このトピックでは、国の持続的に成長し続けるための原動力となる「成長エンジン」の変化について言及。これまでの「成長エンジン」であった中央集権的組織や従来型産業に新たな変化が起こるとしている。

推進本部は、岸田総理が掲げる「新しい資本主義」やその実現に向けた成長戦略である「デジタル田園都市国家構想」に資するとして、以下の4つを新たな成長エンジンとして列挙した。

  • Web3.0
  • 分散型自立組織(DAO等)
  • 新たな付加価値(NFT等)
  • 新規創業(次世代産業、スタートアップ)

Web3.0

まず一つ目の変化として、Web2.0(巨大プラットフォーマーの支配)からWeb3.0(分散化で個と個がつながる世界)への移行が挙げられた。

Web3.0とは

現状の中央集権体制のウェブをWeb2.0と定義し、ブロックチェーン等を用いて非中央集権型のネットワークを実現する試みを指す。代表的な特徴は、仮想通貨ウォレットを利用したdAppsへのアクセスなど、ブロックチェーンをはじめとする分散型ネットワークのユースケースがある。

▶️仮想通貨用語集

推進本部は、Web3.0の特徴として「トークン経済への移行」「中央管理者がいらない」「セキュリティレベルの向上」「パーソナルデータ管理の向上」「分散型自立組織(DAO)」「新しい付加価値としてのNFT」を挙げており、提言内容として以下のようなものを挙げた。

  • 新たなトレンドであるWeb3.0では、Web2.0のプラットフォーマー支配から、分散化で個と個がつながる世界となり、この概念は、「新しい資本主義」や「デジタル田園都市国家構想」と適合するので、今後のデジタル政策において常に、Web3.0を考慮すべき
  • Web3.0の基盤となるブロックチェーン技術には、例えば、分散型アイデンティティ(DID)や分散型アプリケーション(DApps)のような分野があるため、常に、行政分野での適用可能性を調査研究し、実証事業などを検討すべき
  • Web3.0を国民向けサービスに適用するユースケースを研究し、特区制度等を活用して早急に実証を開始するべき
  • Web3.0によるメタバース市場は、数年で1千兆円を超える規模になると想定されているため、積極的に推進策を進めるべき

この他にも、web3.0に関する研究・活用体制の整備やプロモーション・教育活動の推進、web3.0関連の会計基準の明確化、上場に関する規制緩和・審査加速化などを提言している。

特に「Web3.0関連の会計基準の明確化」に関しては、3月2日に一般社団法人DeFi協会のWeb3.0部会が「Web3.0の成長戦略に関する提言」の中で言及。トークンへの課税に関して保有目的別に状況・問題点を整理し、各論点を列挙し、「取り扱いが不明となっているものへの情報の明示」と、「課税対象から外す暗号資産(仮想通貨)の定義」を要求した。

関連: 一般社団法人DeFi協会、Web3.0の成長戦略に関する提言を公表

また、「上場に関する規制緩和・審査加速化」に関しては、3月22日に一般社団法人日本暗号資産取引業協会(JVCEA)の調査部が「暗号資産の認知度向上に向けた取り組み」を公開。上場審査プロセスの改善とグリーンリスト制度の導入によって、仮想通貨審査の効率化を図るなど、上場プロセスの効率化に進展が見られた。

関連:JVCEA、国内の仮想通貨上場審査を大幅効率化へ 「グリーンリスト制度」など導入

分散型自立組織(DAO等)

次に2つ目の変化として、従来型集中管理組織から分散型自立組織(DAO等)への移行が挙げられた。

DAO とは

DAOとは、「Decentralized Autonomous Organization」の略で、自律的に機能する分散型組織を指す。一般的な企業などとは違い、経営者のような中央管理者が存在しない組織形態となっている。

▶️仮想通貨用語集

推進本部は、この新たな組織形態を地域コミュニティ等社会貢献推進の観点から評価しており、その実現に向けて以下のような提言を示している。

  • デジタル庁内に実験的にDAOを作り運営経験を積んで、その効果やデメリットを研究するべき
  • DAOの法人としての認定について早急に検討すべき
  • デジタル田園都市国家構想や地方創生にDAOを活用する場合のユースケースを調査し、特区制度の活用等で、その推進をはかるべき
  • 社会貢献活動や地域コミュニティでのDAOの活用について調査し、その推進をはかるべき

関連: DAO(自律分散型組織)と株式会社を徹底比較【CONNECTV・動画解説】

新たな付加価値(NFT等)

そして3つ目の変化として、効率化・生産性向上の重視から新たな付加価値(NFT等)の重視への移行が挙げられた。

推進本部は、NFTを「デジタル資産の唯一性と取引の真正性」を証明できる技術として評価したうえで、日本はアニメや漫画、ゲームなどサブカルチャーに関する多くのIP(知的財産権)を所有しているため、NFTの活用を推進することで「世界をリードする可能性すらある」としている。

また、NFTは地方独自のコンテンツに付加価値をつけることができるため、地方創生においても活躍が見込めるとしている。

関連: 『鉄腕アトム』がNFTメタバースゲーム化、地域創生がテーマのシリーズ発表

具体的な提言内容は、3月30日に公開された「NFTホワイトペーパー」と同様で、Web3.0時代のイノベーションを牽引するために、新しい資本主義の成長戦略の柱として、NFTビジネスを推進する姿勢が必要と説明。

Web3.0を担当する大臣の設置や省庁横断型の相談窓口の設置のほか、NFTの二次流通から得られた収益還元のルール整備や、エスクローサービスにおける仮想通貨の管理を一定の条件の下で許容する方針を示すなど、社会基盤やルールを直ちに整備すること等を提唱している。

関連:自民党NFTチームのホワイトペーパーが部会で承認、NFTを「Web3の起爆剤」と定義

新規創業(次世代産業、スタートアップ)

最後に4つ目の変化として、従来型産業から新規創業への移行が挙げられた。

推進本部は、「新しい資本主義」における「成長と分配の好循環」を実現するための重要な要素としてスタートアップに注目。法制度の見直しのほか、政府・関連機関との連携、税制の改善などの提言をしている。

中でも、法制度については、3月26日にDeFi協会と一般社団法人ブロックチェーン推進協会(BCCC)が共同提言として「日本社会のWeb3.0開国にむけたステーブルコインに関する提言」を公表。

特区を設けることで国内におけるWeb3.0の動きを促進し、Web3.0起業家の海外流出の阻止や、海外からの人材の流入を図るほか、「クールジャパン戦略に有効なNFT、実現に必要なステーブルコイン」としてステーブルコインも促進していく必要があるとしている。

関連:日本を「Web3.0開国」へ DeFi協会とBCCCがステーブルコインで提言

また、課税問題については推進本部の「NFT特別担当」を務める平将明議員とアスターネットワーク(ASTR)を率いる渡辺創太氏が言及。日本では、法人の場合ガバナンストークンに対してキャッシュ化していなくても時価評価で課税され、仮想通貨のベンチャーがガバナンストークンを発行した際、手元にトークンを保有しておかないと事業を推進することができないという実情に反していることを説明した。

関連:「人材流出が著しい」NFT特別担当の平将明議員、ガバナンストークンへの課税の見直しを要望

関連:「なぜ、日本の仮想通貨税制問題で人材の海外流出が起こるのか?」Astar Network 渡辺CEOが意見

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します