CoinPostで今最も読まれています

2024年、エアドロップシーズンの幕開けか?VC投資動向が示すトークン発行ラッシュの兆し

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

エアドロップ・シーズンへの期待

2024年に向けて、暗号資産(仮想通貨)の世界では「エアドロップのシーズン」としての期待が高まっている。

2023年にはArbitrumCelestiaPyth NetworkJitoなどのプロジェクトが注目を集め、初期ユーザーに対するトークン報酬の配布を行った。一部のプロジェクトでは、ユーザーが平均1万ドル相当の報酬を受け取っている事例も報告された。

エアドロップは、新しいユーザーをエコシステムに惹きつけする戦略として用いられる一方で、プロジェクトに投資したベンチャーキャピタル(VC)へのリターンを提供する目的も持つとされる。

ブラジルの研究組織Paradigma EducationのリサーチャーChico氏は仮想通貨メディアCryptoBriefingに対して、2024年にVCにとってエアドロップを通じた資金回収の時期が来るとの見解を示した。

2022年に、VCによる仮想通貨スタートアップに対する出資額が、221億ドル(過去最高額)に上ったことが主な根拠だ。

VCへのトークン配分は通常、発行後1年間のベスティング(権利確定待機期間)を経ることを踏まえると、2024年にプロジェクトがトークンを発行すると考えることは妥当だ。2025年まで続く強気市場を考慮すると、VCはこの期間中にトークンを売却する機会を得る。LayerZeroEigenLayerzkSyncなど、大規模なエアドロップが予測される。

出典:CoinGecko

CoinGeckoの統計によれば、2022年には分散型金融プロジェクトへの仮想通貨スタートアップの資金調達額が27億1,000万ドルに達し、前年比で190%増加した。これは、2021年に調達された9億3,000万ドルのほぼ3倍であり、DeFiブームが最も盛り上がった2020年に調達された6,500万ドルの41倍以上だ。

関連:仮想通貨スタートアップの資金調達額、2023年に前年比68%減

エアドロップの目的

本来エアドロップはトークンの分散化と、ガバナンス提案に関与するユーザーを引きつける手段として使用される。Chico氏によると、イーサリアムのレイヤー2ブロックチェーン、Cosmosエコシステム、ソラナ上のdAppsなど様々な機会が見込まれる。

しかし、トークンのコミュニティへの配分には限りがある。エアドロップの対象者が増えるほど、一人当たりに配布されるトークンの量は減少し、個々のユーザーの受け取る利益は希薄化してしまう傾向にある。

また、初心者や一般のユーザーがエアドロップを受け取るハードルが上がっている現状もある。エアドロップを受け取るためには通常、ブロックチェーン上でのトランザクション履歴が必要になるが、エアドロップの資格要件は徐々に複雑化しており、より活動的で忠実なユーザーを優先すべく、継続性や特定の金額閾値を設けるプロジェクトが増えてきている。

さらに、スマートコントラクト詐欺が横行しており、不注意な契約の署名によって資金を失う危険があるため、慎重さが求められる。ブラジルの研究チームModular Cryptoの共同創業者であるMatheus Guelfi氏は、「プロジェクトごとに個別の評価が必要であり、全てのエアドロップが大きな報酬をもたらすわけではない」と指摘した。

関連:初心者でもわかる、仮想通貨ウォレット「MetaMask」の使い方

エアドロハンティングはリスク管理が重要

また、仮想通貨ウォレットMetamaskの開発組織を傘下に持つ米Consensysによれば、dAppsへのトークンアクセス権限を許可する前にリスクを評価することが推奨されている。

主なチェック項目には、プロジェクトの評判、稼働期間、正当なコミュニティチャネルの存在、開発者の透明性、スマートコントラクトの監査の有無、ブロックエクスプローラーでのコントラクトアドレスの確認などが含まれる。

さらに、DEXを利用する際には「Custom Spend Limit」フィールドを活用してアクセス権に制限を設け、Metamaskではトークン数量のアクセス承認を管理することで、不必要なリスクを避けることができる。

関連:Web3ウォレットMetamask(メタマスク) 利用上の注意点を解説

仮想通貨投資の始め方はこちらをチェック

様々な仮想通貨を購入したい方は、取引所別の取り扱い銘柄を確認してみてください。

ビットコインETF特集
『超早割』終了まで
0
0時間
0
0
さらに!! CoinPost読者限定割引コード提供中!
クリックしてコードをコピー
CoinPost App DL
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
05/30 木曜日
06:25
マスターカード、P2Pの仮想通貨送金ネットワークを開始
マスターカードの仮想通貨のユーザーは一般的に長くて複雑なブロックチェーンのアドレスではなく、Mastercard Crypto Credentialのエイリアスを使用して送受信できるようになる。
06:05
ロビンフッド、欧州で仮想通貨JUPとW新規上場
米大手仮想通貨・株投資アプリ ロビンフッド・マーケッツは29日、ヨーロッパの顧客向けに2つの仮想通貨銘柄の新規上場を発表した。
05:55
PayPalステーブルコインPYUSD、ソラナでローンチ
ペイパルのPayPal USDはソラナで利用可能になった。ペイパルの信頼できるステーブルコイン製品にソラナネットワークのスピーディーな最終処理と低コストがもたらされ、ユーザーや開発者は数秒で決済される低コストの支払いを体験できるようになる。
05/29 水曜日
15:05
ソラナの手数料低減施策が可決、バリデータ報酬設計を最適化へ
ソラナネットワークの手数料低減施策が77%の賛成で可決され、バリデータ報酬を最適化する新提案が実施される。この変更が暗号資産(仮想通貨)SOLの供給量や価格に及ぼす影響について議論されている。
13:57
米フォーブス誌、最も信頼できる世界の仮想通貨取引所トップ20を発表
米フォーブズ誌は、独自の基準で評価した「世界で最も信頼できる仮想通貨取引所とマーケットプレイス」の結果を発表。対象となった646社の中から最終的に20社が選ばれたが、日本の取引所4社もランクインした。
12:45
ザ・サンドボックス、DAOを立ち上げ メタバース運営を分散化へ
メタバースゲームThe Sandboxは自律分散型組織の立ち上げを発表した。今後は段階的にコミュニティによるDAOが運営していくことになる。
11:44
目先はイーサリアム優勢か、ETH/BTCは0.056まで続伸
暗号資産(仮想通貨)市場ではビットコイン(BTC)が69000ドル台、イーサリアム(ETH)は4000ドル手前で推移する。現物ETF(上場投資信託)承認の影響を受け、短期的にはイーサリアム優勢との見方が強い。
10:35
MocaverseとAnime Foundationが提携
アニモカ主導のプロジェクトMocaverseとAnime Foundationが提携。Anime Foundationはアニモカらと強力し、アニメファンをWeb3の世界へ引き込もうとしている。
10:00
米国の大統領選と仮想通貨政策、グレースケールが意識調査発表
仮想通貨投資企業グレースケールは、ビットコインなどに対する米国人の意識調査の最新版を発表。半数が今後仮想通貨に投資する見込みと回答していた。
08:45
Seiブロックチェーン、v2アップグレード後エアドロップ実施へ
並列処理可能なL1ブロックチェーン「Sei」は29日暗号資産(仮想通貨)SEIのエアドロップを発表した。
07:50
マウントゴックス「弁済はまだ準備中」
マウントゴックスのウォレットから仮想通貨ビットコインが大量移動し、売り圧の警戒が高まるも、弁済はまだ準備中であると同社は説明。弁済期限が徐々に近づく中、投資家は動向を注視している。
07:20
米上場のヘルスケア企業、62億円相当のビットコインを購入 株価高騰
最近仮想通貨ビットコインを財務資産として購入する企業が増えつつある。28日にはメタプラネットが新たに2億5000万円相当のビットコインを購入することを明らかにした。
06:30
2つのブラックロックファンド、1QにビットコインETF購入
グレースケールのGBTCは未だに同業他社より運用資産が多いが、ETFへ転換してから資金が大幅に流出しており、2位のIBITとはわずか20億ドルほどの差しかない。
06:05
トランプ氏、ビットコインが35兆ドルの米政府債務の解決に役立つか関心示す
仮想通貨ビットコインマガジンのデイヴィッド・ベイリー CEOはトランプ前大統領が米国政府の債務問題を解決するためにビットコインを活用できないかと尋ねたことを明らかにした。
05/28 火曜日
15:58
米マイクロストラテジー会長「ビットコインETF承認で資産クラスとしての地位は確固たるものに」
米マイクロストラテジー社のマイケル・セイラー会長は、今年1月に米国でビットコイン現物ETFが承認されたことで、機関投資家にとってビットコイン投資の地位が確固たるものとなったとその重要性を強調した。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア