CoinPostで今最も読まれています

モジュラー型BC構築「Celestia」、58万アドレス対象エアドロップで初期参加促す

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

Celestiaのジェネシスドロップ

モジュラー型ブロックチェーンCelestiaは、独自トークンTIAを配布する計画を明らかにした。TIAエアドロップを通じてイーサリアム(ETH)とコスモス(ETH)エコシステムのアクティブユーザーの関与を促進するねらい。対象アドレスは約58万件に及び、全供給量の6%に相当する6,000万TIAを配分する。

Celestiaはパーツを組み合わせてネットワークを構成できるモジュラー型のブロックチェーンであり、異なるパーツを組み合わせて、個別のネットワークを数分で構築できる特徴を持つ。年内にもメインネットローンチを予定する。

出典:Celestia Labs

Celestiaのネットワークは、「(主に)合意形成層」と「実行層」という二つの層に分割されている。Celestia自体は「合意形成層」を提供し、ユーザーは「実行層」をカスタマイズして利用できる。

また、「データ可用性サンプリング(DAS)」という仕組みを採用することで、ユーザー数に応じて必要なリソース(Blobスペース)を柔軟に確保し、拡張が可能となっている。

TIAトークンは、自分のアプリケーションのデータをCelestiaネットワークに保存するためのトランザクションコストの支払い「PayForBlobs(PFB)」、及び個別チェーンのガストークンとして選択可能になる。

Celestiaのジェネシスドロップは、幅広い開発者とオンチェーンアドレスを招待し、メインネット公開当初からのエコシステムへの参加を促すねらい。

TIAトークンドロップの対象者は、イーサリアムの各種L2ロールアップ、Cosmos Hub、Osmosisを過去に使用した576,653件のウォレットアドレスと7,579件の開発者アドレス。

エアドロップの受け取り資格を有するアドレス保有者は、genesis.celestia専用サイトでアドレスを登録可能。TIAは2023年内に予定されるCelestiaジェネシス(創成)ブロック時から、各ユーティリティが利用可能になる。ジェネシスドロップの申し込み期限は10月17日である。

関連:ポリゴン、個別ブロックチェーンを構築する「Supernets」に120億円の支援基金を設立

エアドロップとは

エアドロップとは、仮想通貨(トークン)を無料配布すること。認知度向上キャンペーン的な性質を持つ

▶️仮想通貨用語集

Celestiaとは

Celestia自体はCosmos SDKを利用したパーミッションネットワークで、プルーフオブステーク(POS)を通じて独自のコンセンサスを維持する。イーサリアムのEIPに似たオフチェーンガバナンスモデルを採用する。

そのため、TIAトークンは、Celestiaのガバナンスやバリデータに委任してバリデータのステーキング報酬の一部を受け取ることにも活用される。

開発企業Celestia Labsは、イーサリアム(ETH)やコスモス(ATOM)などのプロジェクトに精通したメンバーで構成される。同社は2022年10月にシリーズA・Bラウンドで5500万ドルの資金調達を成功させ、Bain Capital Crypto と Polychain Capitalが主導し、Coinbase Ventures、Placeholderなども参加。評価額10億ドルを達成してユニコーン企業の仲間入りを果たした。

4月に、Celestia LabsのNick White最高執行責任者(COO)はGM Radioに主演。「モジュラー型の未来」をテーマに、Celestiaの仕組みや今後の計画などについて議論した。

関連:「GM Radio」 次回はモジュラー型ブロックチェーン開発企業「Celestia」が参加

『超早割』終了まで
0
0時間
0
0
さらに!! CoinPost読者限定割引コード提供中!
クリックしてコードをコピー
CoinPost App DL
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
05/29 水曜日
10:35
MocaverseとAnime Foundationが提携
アニモカ主導のプロジェクトMocaverseとAnime Foundationが提携。Anime Foundationはアニモカらと強力し、アニメファンをWeb3の世界へ引き込もうとしている。
10:00
米国の大統領選と仮想通貨政策、グレースケールが意識調査発表
仮想通貨投資企業グレースケールは、ビットコインなどに対する米国人の意識調査の最新版を発表。半数が今後仮想通貨に投資する見込みと回答していた。
08:45
Seiブロックチェーン、v2アップグレード後エアドロップ実施へ
並列処理可能なL1ブロックチェーン「Sei」は29日暗号資産(仮想通貨)SEIのエアドロップを発表した。
07:50
マウントゴックス「弁済はまだ準備中」
マウントゴックスのウォレットから仮想通貨ビットコインが大量移動し、売り圧の警戒が高まるも、弁済はまだ準備中であると同社は説明。弁済期限が徐々に近づく中、投資家は動向を注視している。
07:20
米上場のヘルスケア企業、62億円相当のビットコインを購入 株価高騰
最近仮想通貨ビットコインを財務資産として購入する企業が増えつつある。28日にはメタプラネットが新たに2億5000万円相当のビットコインを購入することを明らかにした。
06:30
2つのブラックロックファンド、1QにビットコインETF購入
グレースケールのGBTCは未だに同業他社より運用資産が多いが、ETFへ転換してから資金が大幅に流出しており、2位のIBITとはわずか20億ドルほどの差しかない。
06:05
トランプ氏、ビットコインが35兆ドルの米政府債務の解決に役立つか関心示す
仮想通貨ビットコインマガジンのデイヴィッド・ベイリー CEOはトランプ前大統領が米国政府の債務問題を解決するためにビットコインを活用できないかと尋ねたことを明らかにした。
05/28 火曜日
15:58
米マイクロストラテジー会長「ビットコインETF承認で資産クラスとしての地位は確固たるものに」
米マイクロストラテジー社のマイケル・セイラー会長は、今年1月に米国でビットコイン現物ETFが承認されたことで、機関投資家にとってビットコイン投資の地位が確固たるものとなったとその重要性を強調した。
13:50
Ledger Stax™配送開始 世界初の湾曲E Ink®タッチスクリーン搭載ウォレット
Ledger社が革新的なセキュア・タッチスクリーンデバイス「Ledger Stax™」の配送を開始。世界初の湾曲E Ink®スクリーンで暗号資産(仮想通貨)管理が簡単に。2024年夏に新規注文再開予定。
12:45
イーロン・マスク氏のAI企業「xAI」、9,400億円を調達
イーロン・マスク氏が設立したAI企業「xAI」は約9,400億円を資金調達した。「xAI」は3月、GPT4に匹敵するAIモデル「Grok-1.5V」をリリースしている。
12:25
7万ドル弱で揉み合うビットコイン、PEPEコインは過去最高値を更新
暗号資産(仮想通貨)市場ではビットコインが7万ドル目前で推移する。イーサリアムETF承認でミームコイン相場の投機熱が高まり、PEPEコインが過去最高値を更新し時価総額TOP20入りする場面もあった。
10:25
アービトラム、Web3ゲーム開発への出資で投票実施中 賛成多数
イーサリアムL2アービトラムのコミュニティはゲーム開発に2億ARBトークンを割り当てる提案の投票を開催中だ。現時点で賛成が多数を占める。
09:35
アルゼンチン、エルサルバドルからBTCについて情報収集
仮想通貨ビットコインの法定通貨化などについて情報収集するため、アルゼンチンの規制機関がエルサルバドル当局と会合を開いた。今後の計画も明らかになっている。
08:28
世界のビットコインETF、保有額100万BTC超え
米国の仮想通貨ビットコイン現物ETFへのエクスポージャーの20%以上が、大口投資家や機関投資家によって保有されていた。大手ヘッジファンドや、投資銀行、さらにはウィスコンシン州の年金基金までも含まれる。
07:20
JPモルガン「SECはETH以降はETFを承認しない可能性」
米SECはイーサリアム以降ソラナや他の仮想通貨の現物ETFを承認しない可能性があるとJPモルガンは分析。同社の幹部がその根拠を説明している。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア