アルトコインプロジェクト情報(日本語要約)

05/14 木曜日
15:32

スマートコントラクトハッカソンを開催へ

Stacks 2.0 Testnetが公式にオンラインになり、Clarityがユーザーのインターネットビルダーにもたらす全ての新しい可能性をテストするための絶好の機会とした。
[出典元]
15:29

ドイツの分散型電子IDスペシャリスト、Spherityとのパートナーシップを発表

この戦略的パートナーシップによりOntologyブロックチェーンがSpherityのCloud-Edge Identity Walletに統合され、分散型デジタルIDソリューションをパブリックおよび許可されたブロックチェーン全体で活用可能となる。
[出典元]
15:25

コンセンサスで分散型データマーケットプレイス「SAGA」を新たに発表へ

SAGAはユーザーが信頼でき、標準化された、費用対効果の高い方法でデータを収益化および取得できるように設計された分散データマーケットプレイスであるとした。
[出典元]
10:30

ChainBridgeの開発におけるChainSafeのサポートを発表

将来の相互運用性は経済的に持続可能でありながら問題を解決できるオープンソースソフトウェアを中心としたコンソーシアムを形成するプロジェクトに依存すると語った。
[出典元]
05/13 水曜日
19:03

ウィークリーレポート: Dappやプロダクト開発に進展

中でもスマートコントラクトAPI開発は現時点で60%を超したことを明かした。
[出典元]
10:47

Michael Andersonによるオープンプロトコルへの投資について

アンダーソン氏はBlockstack PBCでオープンプロトコルへの投資がいかにユニークな挑戦かについて話した。
[出典元]
10:30

BitrueはXRPを暗号資産プラットフォームの中心に置くことで報酬を獲得

クロスボーダー決済の問題を解決する際のXRPの役割は成長を促進する完璧なユースケースだとし、BitrueはXRPを取引所の中心的な資産にすることを決定したと語った。
[出典元]
05/12 火曜日
12:21

CHSBトークンのディスカウントよりもメリットの大きい最新のユーティリティ

CHSBトークンの最新のユーティリティとは、即時性とメンバーシップとしての利便性を簡単に活性化させることが可能となった。
[出典元]
11:32

CHSB初のプロテクトとバーンを実施

2020年05月12日、CHSB初のプロテクトとバーンの実施と、買戻しとバーンメカニズムの違いを説明。今後、CHSBがベアマーケット時に供給を減らしながら、価格を維持するために取引所でトークンの買戻しを行う予定である。
[出典元]
9:55

大型ブロックチェーンミートアップ、コンセンサスでのONT IDの詳細について

イベントでは分散型デジタルIDプラットフォームであるONT IDに関する洞察と専門知識を共有した。オントロジーの独自のプロトコルであり、個人や企業が簡単に採用でき、ユーザーがデータとIDを制御できるように特別に設計されているという。
[出典元]
9:34

Algorandブロックチェーンは暗号資産Pending Propsの成長を加速させる

Algorand Foundationの助成金はPropsが保留中のPending PropsトークンをプライベートチェーンからAlgorand標準アセット(ASA)としてAlgorandブロックチェーンに移動するのに役立つようだ。
[出典元]
05/11 月曜日
15:46

ブロックスター:暗号資産リテラシーの向上を目指す

第3回目のポッドキャストではリップル社CTO、DavidとBinance.USのCEO、Catherine Coleyがゲストとして暗号資産を使用して日常生活を改善すること、人々を教育することについて話し合っている。
[出典元]